チアミン三リン酸

出典: meddic

thiamine triphosphate TTP


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 3.チアミン三リン酸作用の予備検討 : ビタミンB研究委員会第330回会議研究発表要旨
  • 川崎 尚,塩田 敏博,堀本 亜希,山田 一夫
  • ビタミン 66(12), 724-725, 1992-12-25
  • NAID 110002849238
  • 細胞質アデニル酸キナーゼによるチアミン三リン酸生合成
  • 塩田 敏博,川崎 尚
  • ビタミン 66(10), 569-580, 1992-10-25
  • Cytosolic adenylate kinase (AK1; [EC 2.7.4.3]) synthesizes thiamin triphosphate (TTP) both in vitro and in vivo. AK 1 synthesizes TTP by a reaction: TDP + ADP ⇄ TTP + AMP in addition to its main …
  • NAID 110002849156
  • まとめ : ビタミンB研究委員会シンポジウム要旨 : チアミン三リン酸(TTP)研究の現状と課題

関連リンク

生体内では、各組織においてチアミンピロリン酸(チアミン二リン酸)に変換される。 チアミン二リン酸は、生体内において各種酵素の補酵素として働く。チアミン三リン酸は、 シナプス小胞において、アセチルコリンの遊離を促進し、神経伝達に関与するといわれて いる ...
栄養・生化学辞典 チアミン三リン酸の用語解説 - チアミンにリン酸三つがエステル結合 した形で,補酵素型であるチアミン二リン酸にチアミン二リン酸ホスホキナーゼの作用 によって,さらにATPからリン酸が転移されて生成する....

関連画像

チアミン二リン酸(紫色の球 パントテン酸、チアミン パントテン酸、チアミン リン酸、二リン酸、三リン酸


★リンクテーブル★
先読みTTP
リンク元thiamine triphosphate
関連記事チアミン」「リン」「アミン」「」「リン酸

TTP」

  [★]


thiamine triphosphate」

  [★]

チアミン三リン酸


チアミン」

  [★]

thiamine
M.V.I.M.V.I.-12キットアクタミンアミグランドアミノレバンEN配合アリチア配合アリナミンアリナミンFエスアリネートエルネオパ1号エレンタールP乳幼児用配合エレンタール配合エンシュア・リキッドオーツカMVグラビタンコンベルビーサブビタンジアイナミックスジアノイナミンシーパラシグマビタンシグマビタン配合ジセタミンダイビタミックスダイメジン・マルチダイメジンスリービー配合ダイヤビタンチアデラチアミン塩化物塩酸塩ツインラインNF配合ツインライン配合トライビートリドセラン配合ナイロジンネオM.V.I.-9ネオパレン1号ネオラミン・スリービーネオラミン・マルチVノイビタノイロビタン配合ノルニチカミンバイオゲンパレセーフパンビタン末ビーカップビースリミンビーフリードビーワンビオトーワビタジェクトビタダン配合ビタノイリンビタファントビタファントFビタマル配合ビタミンB1ビタメジンビタメジン配合ビタルファフェニルアラニン除去ミルク配合プラチアミンフルカリック1号フルスルチアミンフルメチプレビタSベストンヘパンED配合ベルミンビーマルタミンムツタミンメタボリンメタボリンGラコールNF配合ラコール配合ロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合ロートエキスロンベリンワッサーV配合塩酸B1塩酸チアミン
ビタミンB1
ビタミンB1剤


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






アミン」

  [★]

amine
生体アミン


概念

  • アンモニア(NH3)の水素原子(H)を1~3個アルキル基で置換した塩基性有機化合物

分類

置換基の数

  • 第一アミン RNH2
  • 第二アミン R2NH
  • 第三アミン R3N

生体内のアミン

あみん

  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BF%E3%82%93


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

リン酸」

  [★]

phosphoric acid
PO4

 

  • pKa1=2.12
  • pKa2=7.21
  • pKa3=12.67





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡