ダクリズマブ

出典: meddic

daclizumab
Zenapax

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 海外文献紹介 : WOFIE synergizes with calcineurin-inhibitor treatment and early steroid withdrawal in kidney transplantation.
  • 都築 一夫
  • 日本小児腎臓病学会雑誌 17(2), 153-154, 2004
  • … 対照群には, タクロリムス (FK), ダクリズマブ, ミコフェノール酸モフェチル (MMF), プレドニゾロン (PSL) を用いた。 …
  • NAID 130000077509

関連リンク

ダクリズマブ(Daclizumab)は活性化リンパ球表面に存在するCD25と呼ばれる分子に対するモノクローナル抗体製剤で、IL-2というサイトカインの影響... ... Q&A MS患者さん・ご家族・医療関係者対象に情報を交換し合えるQ&Aを設置して ...
その一つが米国で承認されている免疫抑制剤「ダクリズマブ 」。 ある種の免疫細胞は、抗原に出合うと活性化し、表面にインターロイキン2という物質と結合する部分が表れる。ここに インターロイキン2がくっつくと免疫細胞は分裂して ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡