タンパク質脱リン酸化酵素

出典: meddic

protein phosphatase
タンパク脱リン酸化酵素プロテインホスファターゼリン酸化タンパク質脱リン酸化酵素リン酸化タンパク質ホスファターゼセリン・スレオニンホスファターゼ

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • SAMP8大脳に発現するアルツハイマー病関連タンパク質において検出されたD-アミノ酸量の増加
  • 河西 亜希子
  • 日本女性科学者の会学術誌 11(1), 57-64, 2010
  • … 加齢の進んだSAMP8大脳から抽出したアルツハイマー病関連タンパク質のうち、タンパク質脱リン酸化酵素であるPP1CにおいてD-アスパラギン酸とD-セリンの量が増加していることが明らかになった。 …
  • NAID 130001077731
  • (6) ジャガイモ植物のMAPキナーゼを不活性化するタンパク質脱リン酸化酵素の性質(関西部会講演要旨, 平成16年度地域部会講演要旨)
  • 出口 友美,加藤 新平,吉岡 博文,道家 紀志,川北 一人
  • 日本植物病理學會報 71(1), 53, 2005-02-25
  • NAID 110002769381

関連リンク

タンパク質脱リン酸化酵素 Type 2A Ser/Thr Phosphatase が制御する生体機能と疾患 バージニア大学 細胞シグナルセンター 大浜 剛(博士研究員) 生命活動を支える根源的な存在であるタンパク質は、20 種類のアミノ酸が直鎖状に
抗がん薬としてのタンパク質リン酸化酵素阻害 神戸大学大学院医学研究科 構造生物学分野 間瀬省吾 はじめに 細胞自身、その機能を維持するために、細胞内のタンパク質をリン酸化、脱リン酸化する反応を繰り返している。

関連画像

Images by Google脱 リン 酸化酵素 に よる リン yamagata et al proteomics 2 1267 1276 2002


★リンクテーブル★
リンク元リン酸化タンパク質ホスファターゼ」「セリン・スレオニンホスファターゼ」「タンパク脱リン酸化酵素」「プロテインホスファターゼ
拡張検索リン酸化タンパク質脱リン酸化酵素」「タンパク質脱リン酸化酵素2
関連記事酵素」「リン」「」「酸化

リン酸化タンパク質ホスファターゼ」

  [★]

phosphoprotein phosphatase
タンパク質脱リン酸化酵素リン酸化タンパク質脱リン酸化酵素ホスホプロテイン脱リン酸化酵素ホスホプロテインホスファターゼセリン・スレオニンホスファターゼ

セリン・スレオニンホスファターゼ」

  [★]

serine-threonine phosphatase
タンパク質脱リン酸化酵素リン酸化タンパク質脱リン酸化酵素リン酸化タンパク質ホスファターゼセリン・トレオニンホスファターゼ

タンパク脱リン酸化酵素」

  [★]

protein phosphatase
タンパク質脱リン酸化酵素プロテインホスファターゼ

プロテインホスファターゼ」

  [★]

protein phosphatase
タンパク質脱リン酸化酵素タンパク脱リン酸化酵素


リン酸化タンパク質脱リン酸化酵素」

  [★]

phosphoprotein phosphatase
タンパク質脱リン酸化酵素ホスホプロテイン脱リン酸化酵素リン酸化タンパク質ホスファターゼホスホプロテインホスファターゼセリン・スレオニンホスファターゼ

タンパク質脱リン酸化酵素2」

  [★]

protein phosphatase 2
プロテインホスファターゼ2


酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





脱」

  [★]

(comb form.)des, prolapse
ヘルニア


酸化」

  [★]

oxidation





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡