タンパク質リン酸化酵素

出典: meddic

protein kinasePK
プロテインキナーゼ蛋白質キナーゼタンパクキナーゼタンパクリン酸化酵素タンパク質キナーゼ蛋白質リン酸化酵素

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/30 07:21:28」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 生物学的製剤を越える低分子創薬 : 自己免疫疾患治療薬としてのキナーゼ阻害薬
  • 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 142(2), 63-67, 2013-08-01
  • NAID 10031190738
  • 初期発生期におけるJNKシグナル伝達経路の多様な生理的役割
  • 肺高血圧症治療薬としてのRhoキナーゼ阻害薬
  • 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 139(6), 251-255, 2012-06-01
  • NAID 10030760627

関連リンク

タンパク質のリン酸化酵素は、たっくさんあります。 タンパク質のリン酸化、非リン酸化状態は、すごく重要で、細胞の状態が変化するときや、何かの情報を細胞内で伝えるとき、または情報を細胞外に伝えるときなど、多く ...
第20回(平成18年)26.代謝経路の調節に関する記述である。正しいのはどれか。(1)たんぱく質リン酸化酵素(プロテインキナーゼ)は、有機リン酸をたんぱく...

関連画像

 のタンパク質リン酸化酵素阻してのタンパク質リン酸化酵素 リン酸化酵素 タンパク質リン は タンパク質 リン 酸化酵素


★リンクテーブル★
先読みプロテインキナーゼ」「protein kinase」「PK
リンク元蛋白質キナーゼ」「蛋白質リン酸化酵素」「タンパク質キナーゼ
拡張検索サイクリックAMP依存性タンパク質リン酸化酵素」「サイクリックGMP依存性タンパク質リン酸化酵素」「cGMP依存性タンパク質リン酸化酵素」「cAMP依存性タンパク質リン酸化酵素」「リン脂質依存性タンパク質リン酸化酵素
関連記事酵素」「リン」「

プロテインキナーゼ」

  [★]

protein kinase
蛋白質キナーゼ蛋白質リン酸化酵素
キナーゼ


protein kinase」

  [★] プロテインキナーゼ

protein kinases


PK」

  [★]



蛋白質キナーゼ」

  [★]

protein kinase
タンパク質リン酸化酵素プロテインキナーゼタンパクキナーゼタンパクリン酸化酵素タンパク質キナーゼ蛋白質リン酸化酵素

蛋白質リン酸化酵素」

  [★]

protein kinase
タンパク質リン酸化酵素プロテインキナーゼ蛋白質キナーゼタンパクキナーゼタンパクリン酸化酵素タンパク質キナーゼ

タンパク質キナーゼ」

  [★]

protein kinase
タンパク質リン酸化酵素プロテインキナーゼ蛋白質キナーゼタンパクキナーゼタンパクリン酸化酵素蛋白質リン酸化酵素

サイクリックAMP依存性タンパク質リン酸化酵素」

  [★]

cAMP-dependent protein kinaseprotein kinase AA-kinase
AキナーゼプロテインキナーゼAcAMP依存性タンパク質リン酸化酵素サイクリックAMP依存性タンパク質キナーゼサイクリックAMP依存性プロテインキナーゼ

サイクリックGMP依存性タンパク質リン酸化酵素」

  [★]

cGMP-dependent protein kinaseprotein kinase GG-kinase
プロテインキナーゼGcGMP依存性タンパク質リン酸化酵素サイクリックGMP依存性タンパク質キナーゼGキナーゼ

cGMP依存性タンパク質リン酸化酵素」

  [★]

cGMP-dependent protein kinase
プロテインキナーゼGサイクリックGMP依存性タンパク質リン酸化酵素サイクリックGMP依存性プロテインキナーゼ

cAMP依存性タンパク質リン酸化酵素」

  [★]

cAMP-dependent protein kinase
サイクリックAMP依存性タンパク質リン酸化酵素サイクリックAMP依存性タンパク質キナーゼ

リン脂質依存性タンパク質リン酸化酵素」

  [★]

protein kinase CC-kinase
CキナーゼプロテインキナーゼCリン脂質依存性タンパク質キナーゼ


酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。




リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





質」

  [★]

quality
品質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡