タンパク結合

出典: meddic

protein binding
蛋白結合タンパク質結合

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 合成Xa阻害薬フォンダパリヌクスナトリウム(アリクストラ^【○!R】皮下注5mg, 7.5mg)の薬理学的特性と臨床試験成績
  • 鈴木 巖,小関 靖
  • 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 139(3), 117-126, 2012-03-01
  • … は小さかった.(11)単回皮下投与後,最高血漿中濃度(Cmax)には投与後約2時間で達し,消失半減期は14~17時間,絶対的生物学的利用率は101%であった.(12)in vitro試験では,臨床血中濃度での血漿タンパク結合率は97~98.6%で,主にATと結合した.(13)腎機能低下患者では,クレアチニンクリアランス(CLcr)の低下に伴い,AUC0-∞が増加し,消失半減期が延長した.急性肺血栓塞栓症(pulmonary thromboembolism: …
  • NAID 10030456399
  • シンポジウム「統合医科学研究所(TIIMS)の紹介と今後の展望」(1)ゲノム研究にもとづく脂肪酸受容体の機能解析
  • 平澤 明,辻本 豪三
  • 東京女子医科大学雑誌 81(3), 190-197, 2011-06-25
  • … 近年、ゲノム解析研究の成果を元にしたオーファンGタンパク結合受容体(GPCR)のリガンド探索の結果、代謝制御に重要な役割を果たす遊離脂肪酸受容体ファミリーの存在が明らかになり、生理機能の解明が進められつつある状況である。 …
  • NAID 110008585263
  • O7-13 白金製剤のタンパク結合に関する検討 : Albとの相互作用の可能性(一般演題 口頭発表,がん薬物療法(その他),臨床から学び臨床へと還元する医療薬学)
  • 加藤 隆児,佐藤 卓史,土谷 美紗,岩本 明日香,山崎 沢,井尻 好雄,田中 一彦
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 20, 272, 2010-10-25
  • NAID 110008108308

関連リンク

血漿タンパク結合(けっしょうタンパクけつごう)は、薬物と血漿タンパク質との間の結合。 薬物の効果は、血漿タンパク質との結合しやすさに影響を受ける。よりタンパク質との 結合が弱い薬物はより効率よく細胞膜を透過し組織中に拡散する。薬物と結合を成す ...
plasma protein binding. 血液(血漿)中で薬物は、一部は遊離した(非結合)薬物として 、一部は血漿タンパク質と結合した状態で存在する。血漿タンパク質への薬物の結合率 は質量作用の法則に従う可逆的相互作用で決定される。酸性の薬物は,一般に ...

関連画像

研究概要3pteアミノ酸 ペプチド タンパク質 タンパク質・リガンド間の結合  には他の成分が結合している図2 「タンパク質に結合したλ


★リンクテーブル★
リンク元蛋白結合」「タンパク質結合」「protein binding
関連記事結合

蛋白結合」

  [★]

protein binding
タンパク質結合タンパク結合

タンパク質結合」

  [★]

protein binding
蛋白結合タンパク結合

protein binding」

  [★]

結合」

  [★]

bindingbondlinkageconnectionconjugationconjunctionunionbonding、engagement,
bindassociateconjugatecombineconnectcoupleengagejoindockligateconjoin
会合関係関与関連協同共役組み合わせ結合性結紮結線従事接合接合体同僚ドッキングバインディング複合物付随併用抱合抱合体結びつける約束癒合癒着連関連結連合連鎖連接、連絡、団結組合参加接続一対合併組み合わせるカップル組合せ





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡