タモキシフェン

出典: meddic

tamoxifen TAM
クエン酸タモキシフェン tamoxifen citrate
タスオミンノルキシフェンノルバデックス
抗エストロゲン薬



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/07/22 12:28:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 血性心嚢液を伴い, FDG-PETで高集積を呈した前縦隔デスモイド腫瘍の1例
  • 橋詰 寿律,山本 純,島内 正起,濱本 篤,水渡 哲史,深井 志摩夫
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 24(6), 901-905, 2010-09-15
  • … 腫瘤を認めた.FDG-PET検査で高集積を認め前縦隔腫瘍と診断し,腫瘍および心膜,両側縦隔胸膜合併切除を行った.腫瘍は心膜を貫き,心嚢内に露出していた.血性心嚢液を100ml認めたが,細胞診はclass IIであった.病理学的にデスモイド腫瘍と診断された.術後縦隔に放射線を50Gy照射したにもかかわらず外来通院中に局所再発を来たした.その後,タモキシフェンの投与を行ったが効果なく術後2年4ヵ月で腫瘍死した. …
  • NAID 10026639569
  • 疫学・予防 乳癌の化学予防 (乳癌--基礎と臨床の架け橋)

関連リンク

タモキシフェン(Tamoxifen、TAM)とは、抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)の一種。イギリス ICI社(現アストラゼネカ社)によって1963年に開発された非ステロイド性の抗 エストロゲン剤である。クエン酸塩が、ノルバデックス(販売:アストラゼネカ)、 ...

関連画像

タモキシフェン錠10mg「日医工 タモキシフェン図2:タモキシフェン誘導性Cre タモキシフェン錠10mg「日医工 した がって タモキシフェン 図3.タモキシフェンによるCre

添付文書

薬効分類名

  • 抗乳癌剤

販売名

タスオミン錠10mg

組成

**成分・含量

  • 1錠中,タモキシフェン10mg(日局タモキシフェンクエン酸塩として15.2mg)含有

添加物

  • 乳糖水和物,トウモロコシデンプン,クロスカルメロースナトリウム,カルメロースカルシウム,D-マンニトール,ゼラチン,ステアリン酸マグネシウム

禁忌

  • 妊婦又は妊娠している可能性のある女性[「妊婦,産婦,授乳婦等への投与」の項参照]
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 乳癌

タスオミン錠10mg

  • 通常,成人にはタモキシフェンとして1日20mgを1〜2回に分割経口投与する.なお,症状により適宜増量できるが,1日最高量はタモキシフェンとして40mgまでとする.

タスオミン錠20mg

  • 通常,成人には1錠(タモキシフェンとして20mg)を1日1回経口投与する.なお,症状により適宜増量できるが,1日最高量は2錠(タモキシフェンとして40mg)までとする.

慎重投与

  • 白血球減少あるいは血小板減少のある患者[白血球減少,血小板減少を悪化させるおそれがある.]

重大な副作用

無顆粒球症,白血球減少,好中球減少,貧血,血小板減少

(頻度不明)

  • 無顆粒球症,白血球減少,好中球減少,また,貧血,血小板減少があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと.

視力異常,視覚障害

(頻度不明)

  • 視力異常,また,角膜の変化,白内障,網膜症,網膜萎縮,視神経症,視神経炎,視神経萎縮等の視覚障害があらわれることがあるので,視力低下,かすみ目等があらわれた場合には眼科的検査を行い,異常があれば投与を中止すること.

血栓塞栓症,静脈炎

(頻度不明)

  • 本剤の投与により,肺塞栓症,下肢静脈血栓症,脳血栓症,下肢血栓性静脈炎等の血栓塞栓症,静脈炎があらわれることがあるので観察を十分に行い,異常が認められた場合には直ちに投与を中止し,適切な処置を行うこと.なお,細胞毒性を有する抗癌剤との併用で血栓塞栓症の危険性を増大させるおそれがあるので,投与にあたっては十分に観察すること.

劇症肝炎,肝炎,胆汁うっ滞,肝不全

(頻度不明)

  • 劇症肝炎,肝炎,胆汁うっ滞等の重篤な肝障害があらわれることがある.また,肝不全に至ることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと.

高カルシウム血症

(頻度不明)

  • 骨転移のある患者で投与開始初期に,高カルシウム血症があらわれることがある.

子宮筋腫,子宮内膜ポリープ,子宮内膜増殖症,子宮内膜症

(頻度不明)

  • 子宮筋腫,子宮内膜ポリープ,子宮内膜増殖症,子宮内膜症がみられることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと.

間質性肺炎

(頻度不明)

  • 間質性肺炎があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

アナフィラキシー様症状,血管浮腫

(頻度不明)

  • アナフィラキシー,血管浮腫等の過敏症状があらわれることがあるので,このような症状があらわれた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群),水疱性類天疱瘡

(頻度不明)

  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群),水疱性類天疱瘡があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

膵炎

(頻度不明)

  • 血清トリグリセライド上昇によると考えられる膵炎があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと.

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • タモキシフェンクエン酸塩(Tamoxifen Citrate)

化学名

  • 2-{4-[(1Z)-1,2-Diphenylbut-1-en-1-yl]phenoxy}-N,N-dimethylethylamine monocitrate

分子式

  • C26H29NO・C6H8O7

分子量

  • 563.64

性状

  • 本品は白色の結晶性の粉末である.
    本品は酢酸(100)に溶けやすく,メタノールにやや溶けにくく,水又はエタノール(99.5)に溶けにくい.


★リンクテーブル★
先読みtamoxifen citrate
国試過去問108I011」「078B045
リンク元続発性骨粗鬆症」「その他の腫瘍用薬」「静脈血栓塞栓症」「二次性高コレステロール血症」「アドパン

tamoxifen citrate」

  [★] クエン酸タモキシフェン


108I011」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 108I010]←[国試_108]→[108I012

078B045」

  [★]

  • 治療薬として誤っている組み合わせはどれか?

続発性骨粗鬆症」

  [★]

secondary osteoporosis
骨粗鬆症


診断基準

骨粗鬆症のガイドライン2006年より
  • ステロイド性骨粗鬆症:骨折閾値の上昇がエビデンスとして示されたている。
  • 糖尿病性骨粗鬆症:骨折閾値が上がったとの報告はあるが、エビデンスレベルでの報告はない。 → 原発性骨粗鬆症の診断基準に従う。
  • 関節リウマチでの傍関節性骨粗鬆症:末梢性QCTによる海綿骨部の骨量低下

病因

骨粗鬆症のガイドライン2006年より
内分泌性
  副甲状腺機能亢進症
甲状腺機能亢進症
性腺機能低下症
クッシング症候群
成長ホルモン欠乏症
糖尿病
アジソン病
カルシトニン欠損症
栄養性・代謝性
  慢性消耗性疾患
るいそう
重症肝疾患(特に原発性胆汁性肝硬変
胃切除
壊血病
吸収不良症候群セリアック病を含む)
低リン血症
慢性腎疾患
特発性高Ca尿症
ヘモクロマトーシス
アミロイドーシス
肥胖細胞腫
ナトリウム過剰摂取,カルシウム摂取不足
ビタミンD,A過剰症
炎症性
  関節リウマチ
傍関節性(炎症性サイトカインによる骨吸収亢進)
サルコイドーシス
不動性
  全身性
臥床安静,麻痺
局所性
骨折後
薬物性
  ステロイド
メトトレキセート
ヘパリン
ワーファリン
抗痙攣薬
リチウム
タモキシフェン
血液疾患
  多発性骨髄腫
リンパ腫白血病
血友病
慢性溶血性疾患
先天性
  骨形成不全症
マルファン症候群
クラインフェルター症候群
先天性骨髄性ポルフィリア
その他
  慢性閉塞性肺疾患
肝・腎疾患
関節リウマチ
(妊娠)
高酸素血症

ガイドライン

  • 続発性骨粗鬆症
  • [display]http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0046/1/0046_G0000129_0045.html


その他の腫瘍用薬」

  [★]

商品


静脈血栓塞栓症」

  [★]

venous thromboembolismVTE


静脈血栓塞栓症 WMM.529

静脈血栓症発症の原因

uptodate
  • 遺伝性血栓性素因
  • 後天性

<rad> http://www.uptodate.com/contents/image?imageKey=HEME%2F59759&topicKey=PULM%2F1363&source=see_link&utdPopup=true <rad>


二次性高コレステロール血症」

  [★]

高コレステロール血症

LDL-C上昇

食事

薬物

疾患

内分泌疾患

TG上昇

食事

  • 体重増加
  • 超低脂肪食
  • 炭水化物の大量摂取
  • アルコール多飲

薬物

疾患

内分泌疾患

アドパン」

  [★]

[[]]
タモキシフェン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡