ソリブジン薬害事件

出典: meddic

sorivudine incident
ソリブジン
参考1
  • 1993年に日本で起こった薬害。
  • 抗ウイルス薬の新薬として市販されたソリブジン(sorivudine, 1-b-D-arabinofuranosyl-(E)-5-(2-bromovinyl)uracilは水痘・帯状疱疹ウイルスに対する抗ウイルス作用が高く、帯状疱疹の治療薬として期待されていた。
  • 5-フルオロウラシル(5-FU)との併用により副反応が出現し、死亡を出すに至った。
  • 副作用の発現機序は、ソリブジンの代謝産物であるBVUにより5-FUの代謝がブロックされ、血中5-FU濃度が致死量を上回ることによる。



参考

  • 1. [free PDF][Molecular toxicological mechanism of the lethal interactions of the new antiviral drug, sorivudine, with 5-fluorouracil prodrugs and genetic deficiency of dihydropyrimidine dehydrogenase].
  • Watabe T, Ogura K, Nishiyama T.SourceDepartment of Drug Metabolism and Molecular Toxicology, School of Pharmacy, Tokyo University of Pharmacy and Life Science, 1432-1 Horinouchi, Hachioji City, Tokyo 192-0392, Japan. watabet@ps.toyaku.ac.jp
  • Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan.Yakugaku Zasshi.2002 Aug;122(8):527-35.
  • In 1993, there were 18 acute deaths in Japanese patients who had the viral disease herpes zoster and were treated with the new antiviral drug sorivudine (SRV, 1-beta-D-arabinofuranosyl-(E)-5-(2-bromovinyl)uracil). All the dead patients had received a 5-fluorouracil (5-FU) prodrug as anticancer chemo
  • PMID 12187768
  • 2. [free PDF]Lethal drug interactions of sorivudine, a new antiviral drug, with oral 5-fluorouracil prodrugs.
  • Okuda H, Nishiyama T, Ogura K, Nagayama S, Ikeda K, Yamaguchi S, Nakamura Y, Kawaguchi Y, Watabe T.SourceDepartment of Drug Metabolism and Molecular Toxicology, School of Pharmacy, Tokyo University of Pharmacy and Life Science, Japan.
  • Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals.Drug Metab Dispos.1997 May;25(5):270-3.
  • Rats were orally co-administered sorivudine (SRV: 1-beta-D-arabinofuranosyl-(E)-5-(2-bromovinyl)uracil), a new oral antiviral drug for herpes zoster, with the oral anticancer drug tegafur (FT: 1-(2-tetrahydrofuryl)-5-fluorouracil as a prodrug of 5-fluorouracil (5-FU) once daily to investigate a toxi
  • PMID 9152608
  • 3. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%83%96%E3%82%B8%E3%83%B3

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 医薬品有害相互作用(ADI)の防止のために--ソリブジン薬害事件からの一考察 (薬害とその周辺<特集>)
  • 片平 洌彦,千野 多代
  • 環境と公害 24(2), p39-45, 1994-10-00
  • NAID 40004974311

関連リンク

1994年(平成6年)3月5日、「ソリブジン」による同社株のインサイダー取引疑惑が 持ち上がる。「ソリブジン」の相互作用による副作用で死亡事故が発生したことが公表 されるまでに、日本商事の役職員・社員と、ユースビルに ...
ソリブジン薬害事件では、承認段階でソリブジンと5-FU系代謝拮抗薬との併用を避ける ように添付文書に記載したにもかかわらず、発売1ヶ月余りで15名が亡くなっている。 厚生労働省はこの事件を受けて、1994年10月から医薬品安全性確保対策検討会を ...

関連画像

株式会社スマイルぷらす ソリブジン事件の問題点ソリブジン薬害事件が発生した ソリブジン薬害事件


★リンクテーブル★
リンク元sorivudine incident
関連記事薬害

sorivudine incident」

  [★] ソリブジン薬害事件


薬害」

  [★]

drug-induced health damage, damage from medicines, herbicide injury




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡