ソリブジン

出典: meddic

sorivudine

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/07/25 23:19:32」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 実例から学ぶ・医薬品のライフサイクルマネジメント(第11回)ソリブジンと5-FU系抗がん剤併用による重篤な骨髄抑制(2)
  • 実例から学ぶ・医薬品のライフサイクルマネジメント(第10回)ソリブジンと5-FU系抗がん剤併用による重篤な骨髄抑制(1)

関連リンク

ソリブジン (sorivudine) は、ウイルス感染症の治療薬で、特に単純ヘルペスウイルス、 水痘・帯状疱疹ウイルス、EBウイルスに有効である。1979年(昭和54年)にヤマサ醤油 により合成され、1993年(平成5年)9月3日に日本商事(現・アルフレッサ)より商品 ...

関連画像

第 11 回 ソリブジン 抗 がん 剤 治療 中 他 の 薬 は 適応 と なる がん 頭 頚部 が iupac 命名 法 による 物質 名 5 e 200px-Sorivudine.svg.pngソリブジン の 代謝 物


★リンクテーブル★
拡張検索ソリブジン薬害事件

ソリブジン薬害事件」

  [★]

sorivudine incident
ソリブジン
参考1
  • 1993年に日本で起こった薬害。
  • 抗ウイルス薬の新薬として市販されたソリブジン(sorivudine, 1-b-D-arabinofuranosyl-(E)-5-(2-bromovinyl)uracilは水痘・帯状疱疹ウイルスに対する抗ウイルス作用が高く、帯状疱疹の治療薬として期待されていた。
  • 5-フルオロウラシル(5-FU)との併用により副反応が出現し、死亡を出すに至った。
  • 副作用の発現機序は、ソリブジンの代謝産物であるBVUにより5-FUの代謝がブロックされ、血中5-FU濃度が致死量を上回ることによる。


参考

  • 1. [free PDF][Molecular toxicological mechanism of the lethal interactions of the new antiviral drug, sorivudine, with 5-fluorouracil prodrugs and genetic deficiency of dihydropyrimidine dehydrogenase].
  • Watabe T, Ogura K, Nishiyama T.SourceDepartment of Drug Metabolism and Molecular Toxicology, School of Pharmacy, Tokyo University of Pharmacy and Life Science, 1432-1 Horinouchi, Hachioji City, Tokyo 192-0392, Japan. watabet@ps.toyaku.ac.jp
  • Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan.Yakugaku Zasshi.2002 Aug;122(8):527-35.
  • In 1993, there were 18 acute deaths in Japanese patients who had the viral disease herpes zoster and were treated with the new antiviral drug sorivudine (SRV, 1-beta-D-arabinofuranosyl-(E)-5-(2-bromovinyl)uracil). All the dead patients had received a 5-fluorouracil (5-FU) prodrug as anticancer chemo
  • PMID 12187768
  • 2. [free PDF]Lethal drug interactions of sorivudine, a new antiviral drug, with oral 5-fluorouracil prodrugs.
  • Okuda H, Nishiyama T, Ogura K, Nagayama S, Ikeda K, Yamaguchi S, Nakamura Y, Kawaguchi Y, Watabe T.SourceDepartment of Drug Metabolism and Molecular Toxicology, School of Pharmacy, Tokyo University of Pharmacy and Life Science, Japan.
  • Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals.Drug Metab Dispos.1997 May;25(5):270-3.
  • Rats were orally co-administered sorivudine (SRV: 1-beta-D-arabinofuranosyl-(E)-5-(2-bromovinyl)uracil), a new oral antiviral drug for herpes zoster, with the oral anticancer drug tegafur (FT: 1-(2-tetrahydrofuryl)-5-fluorouracil as a prodrug of 5-fluorouracil (5-FU) once daily to investigate a toxi
  • PMID 9152608
  • 3. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%83%96%E3%82%B8%E3%83%B3




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡