ソファルコン

出典: meddic

sofalcone
スコーウエセスファルコソルドロンソロントファルコンパランコンラビン
消化性潰瘍用剤
  • 抗潰瘍薬;胃プロスタグランジン増加


和文文献

  • Falcon 50th Anniversary : ダッソー・ファルコン50周年を祝う編隊飛行 (注目グラフィック特集)
  • Dassault Falcon Jet(ダッソー・ファルコン・ジェット)
  • ビジネスジェットの貴婦人 ダッソー・ファルコンシリーズ

関連リンク

ソロンとは?ソファルコンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる( おくすり110番:薬事典版)
ソファルコンとは。効果、副作用、使用上の注意。 胃腸粘膜に粘液成分を増加させて 胃酸やペプシンの攻撃から保護するとともに、潰瘍(かいよう)をおこした組織の治癒を 積極的に促進させる作用をもつ、消化性潰瘍(胃・十二指腸潰瘍)の防御因子増強剤 です。

関連画像

 ホワイトファルコン(Whitefalconキャプテンファルコンスペシャル・ナイト  ファルコンJr. *の画像 プリ画像 ファルコンJr. *の画像 プリ画像グレッチ][ホワイトファルコン

添付文書

薬効分類名

  • 粘膜保護・組織修復
  • 胃炎・胃潰瘍治療剤

販売名

ソファルコン細粒20%「TYK」

組成

成分

  • ソファルコン

含量

  • 0.5g中 100mg

添加物

  • D-マンニトール、無水リン酸水素カルシウム、部分アルファー化デンプン、ヒドロキシプロピルセルロース、軽質無水ケイ酸、香料

効能または効果

  • 下記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善
     急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期
  • 胃潰瘍
  • 通常、成人にはソファルコンとして1回100mgを1日3回経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

重大な副作用

肝機能障害、黄疸

(頻度不明)

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、Al-Pの上昇等を伴う肝機能障害や黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • ソファルコンは、内因性プロスタグランジン増加を主な作用とし、血流増加作用、粘液増加作用など、多面的な防御因子増強作用により、粘膜保護・組織修復を促進する2)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ソファルコン、Sofalcone(JAN)

化学名

  • 2'-Carboxymethoxy-4,4'-bis(3-methyl-2-butenyloxy)chalcone

分子式

  • C27H30O6

分子量

  • 450.52

融点

  • 142〜146℃

性状

  • 淡黄色〜黄色の結晶又は結晶性の粉末で、におい及び味はない。N,N-ジメチルホルムアミド及びジクロロメタンにやや溶けやすく、メタノール、エタノール(95)又はエタノール(99.5)に溶けにくく、水にほとんど溶けない。
    光によって徐々に変化する。


★リンクテーブル★
リンク元消化性潰瘍用剤」「リン酸水素カルシウム」「スイッチOTC

消化性潰瘍用剤」

  [★]

商品


リン酸水素カルシウム」

  [★]

dibasic calcium phosphatecalcium hydrogen phosphate
アスラーンアムロジピンアムロジピンODアリーゼS配合アリチア配合エバスチンODガスペラジンガスポートガスメットガスリッククエチアピンサニアーゼ配合スルカイン配合セルニルトンソファルコンデプロメールトラベルミン配合トリプタノールパロキセチンファモチジンフェニルアラニン除去ミルク配合フスコデ配合フルボキサミンマレイン酸塩プロモーションミルナシプラン塩酸塩リシノプリルリン酸水素カルシウム水和物ロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合ロンゲスロンゲリール第二リン灰
無水リン酸水素カルシウム


スイッチOTC」

  [★]




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3