ゼモン・ローゼンバッハの法則

出典: meddic

関連リンク

法則の辞典 - ローゼンバッハの法則の用語解説 - 第一法則と第二法則がある.第一法則:神経幹や神経中枢の障害では,屈筋麻痺のほうが伸筋麻痺よりも遅れて発生する.第二法則:律動性の機能的周期性を有する器官が,異常な刺激 ...
法則の辞典 - セーモン‐ローゼンバッハの法則の用語解説 - 喉頭運動神経の進行性器質的疾患においては,まず声帯の外転筋(後輪状披裂筋肉)が侵される.この段階で停止することも多い.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事法則

法則」

  [★]

rule
規定ルール規則





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡