セントラルドグマ

出典: meddic

[[]]
centraldogma
[[]]



centraldogma

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/13 13:37:45」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • セントラルドグマを体感する高等学校生物実験の開発と実践 : コムギ胚芽無細胞タンパク質合成系を用いて転写, 翻訳を可視化する
  • 片山 豪,林 秀則,高井 和幸,遠藤 弥重太
  • 生物教育 52(4), 165-178, 2012-05-31
  • NAID 10030741936
  • 抗加齢精神医学の理論基盤をどこに求めるのが適切か? (特集 加齢とうつ病)
  • 丹生谷 正史,野村 総一郎
  • アンチ・エイジング医学 6(6), 838-843, 2010-12
  • NAID 40017655572

関連リンク

セントラルドグマ 【セントラルドグマ】 セントラルドグマ(Central dogma)とは、1958年にフランシス・クリック(DNAの二重螺旋構造を発見した科学者)によって提唱された分子生物学の基本原則のことです。 これによると、生物の遺伝 ...
”という共通の原理によって生命活動を営んでいる。この原理をセントラルドグマ (中心原理) という。 における共通の認識である。 生物においては、情報は “DNA ⇒RNA ⇒ protein” という一方向のみに流れる( RNA ウイルスでは、例 ...
The latest Tweets from セントラルドグマ (@Centraldogma_). 「分子生物学によれば、細胞とはタンパク質の合成工場である。 そして、タンパク質合成そのものが生命であるという。 これを「セントラルドグマ(生命の中心説)」とよぶ。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元central dogma
関連記事ドグマ

central dogma」

  [★]

セントラルドグマ


ドグマ」

  [★]

dogma
教義




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡