セリン・スレオニンホスファターゼ

出典: meddic

serine-threonine phosphatase
タンパク質脱リン酸化酵素リン酸化タンパク質脱リン酸化酵素リン酸化タンパク質ホスファターゼセリン・トレオニンホスファターゼ

和文文献

  • プロテインセリン/スレオニンホスファターゼ2Cの非RI活性測定法
  • 大西 素子,三好 信寛,禹 済泰 [他],永井 和夫
  • 生物機能開発研究所紀要 5, 37-40, 2005-03-31
  • NAID 110004627646
  • セリン/スレオニンホスファターゼ阻害剤によるヒトサイトメガロウイルス主要前初期タンパク合成の促進
  • バシャ ワリド,北川 涼子,宇原 美帆 [他],萩原 久美子,桐田 暁子,今津 寛美,田中 淳之
  • 金沢大学つるま保健学会誌 28(1), 19-24, 2004-12-27
  • NAID 110001190267
  • PP5の新しいシグナル伝達経路 (特集 解明が進むプロテインホスファターゼ--その新機能から疾患への関わりまで) -- (セリン/スレオニンホスファターゼ)

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
リンク元リン酸化タンパク質ホスファターゼ」「リン酸化タンパク質脱リン酸化酵素」「タンパク質脱リン酸化酵素」「serine-threonine phosphatase」「セリン・トレオニンホスファターゼ
関連記事リン」「スレオニン」「セリン」「スレオ

リン酸化タンパク質ホスファターゼ」

  [★]

phosphoprotein phosphatase
タンパク質脱リン酸化酵素リン酸化タンパク質脱リン酸化酵素ホスホプロテイン脱リン酸化酵素ホスホプロテインホスファターゼセリン・スレオニンホスファターゼ


リン酸化タンパク質脱リン酸化酵素」

  [★]

phosphoprotein phosphatase
タンパク質脱リン酸化酵素ホスホプロテイン脱リン酸化酵素リン酸化タンパク質ホスファターゼホスホプロテインホスファターゼセリン・スレオニンホスファターゼ


タンパク質脱リン酸化酵素」

  [★]

protein phosphatase
タンパク脱リン酸化酵素プロテインホスファターゼリン酸化タンパク質脱リン酸化酵素リン酸化タンパク質ホスファターゼセリン・スレオニンホスファターゼ

serine-threonine phosphatase」

  [★]

phosphoprotein phosphataseprotein phosphatase

セリン・トレオニンホスファターゼ」

  [★]

serine-threonine phosphatase
セリン・スレオニンホスファターゼ


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





スレオニン」

  [★]

threonine Thr T
2-アミノ-3-ヒドロキシ酪酸 2-amino-3-hydroxybutyric acidL-トレオニン L-threonine
アミノ酸


  • 極性。無電荷
  • ヒドロキシル基を有する。
  • セリンの側鎖で-CH2OHのうち、炭素に結合している-Hを-CH3に置き換えた形をしている。(-CH(CH3)-OH)
-CH(CH3)-OH
  • Kinaseの標的となり、リン酸イオンが結合する。
-CH(CH3)-O-H2PO3



セリン」

  [★]

serine, Ser, S
2-アミノ-3-ヒドロキシプロピオン酸 2-amino-3-hydroxypropionic acid
アミノ酸


  • 極性。無電荷。
  • ヒドロキシル基(hydroxyl group)を有する。
  • アラニンの側鎖にヒドロキシル基が付いた形をしている。
  • 側鎖:
-CH2-OH
  • Kinaseの標的となり、リン酸イオンが結合する。
-CH2-O-H2PO3



スレオ」

  [★]

threo
トレオ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡