セリンエステラーゼ

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

セリン(Serine)とは セリン(Serine)は、非必須アミノ酸の一つ。 2-アミノ-3-ヒドロキシプロピオン酸のこと。 側鎖に、ヒドロキシメチル基を持つ。 略号は、Ser または S。 等電点は、5.68。 セリシン(絹糸に含まれる蛋白質の一種)の ...
エステラーゼと共に40年(最終回) 1.エステラーゼの分類法 エステラーゼの古典的な分類は1953年にAldridge が提唱し現在でも用いられてい る。彼はエステラーゼを有機リン剤(OP)との反応性の違いから、A エステラーゼ, Bエ
セリンプロテアーゼのトリプシン、キモトリプシン、エステラーゼとはどういう構造をしているのですか? この3つの反応かセリンプロテアーゼが載っている所も貼っていただけたらうれしく思います。

関連画像

左ボタンを押してドラッグする  エステラーゼの酵素部分以下 通常 の 反応 と サリン が セリン


★リンクテーブル★
関連記事リン」「エス」「セリン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






エス」

  [★]

id
Es
イド
リビドー


  • フリードリヒ・ニーチェが使用し、ゲオルグ・グロデック(Georg・Groddeck)の『エスとの対話』("Gesellschaft")などで使われた用語で、彼と交流があったジークムント・フロイトが採用した精神分析学用語ともなった。(なお、1953年にジェイムズ・ストレイチーによるフロイト翻訳全集の英訳の際、エスはイド(ラテン語)と訳されアメリカ系の精神分析学で流布された。)自我参照。(wikipedia jaより)

参考



セリン」

  [★]

serine, Ser, S
2-アミノ-3-ヒドロキシプロピオン酸 2-amino-3-hydroxypropionic acid
アミノ酸


  • 極性。無電荷。
  • ヒドロキシル基(hydroxyl group)を有する。
  • アラニンの側鎖にヒドロキシル基が付いた形をしている。
  • 側鎖:
-CH2-OH
  • Kinaseの標的となり、リン酸イオンが結合する。
-CH2-O-H2PO3





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡