セファロスポリン

出典: meddic

セファロスポリン系抗菌薬

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/08/10 00:39:17」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 第三世代セファロスポリン耐性大腸菌が分離された犬の6例 (日本獣医師会学会学術誌) -- (小動物臨床関連部門)
  • 嶋田 恵理子,宮本 忠,鳩谷 晋吾
  • 日本獣医師会雑誌 65(6), 452-456, 2012-06
  • NAID 40019355557
  • 第49回福岡感染症懇話会
  • 福岡医学雑誌 102(12), 341-348, 2011-12-25
  • … 関しては,われわれも常々,世界の動向にも注意していく必要があると感じた年であった.これらの高度薬剤耐性菌には及ばないが,基質特異性拡張型βラクタマーゼ(ESBL)産生菌は,ペニシリン系,セファロスポリン系に耐性を示す菌である.最近,ESBL 産生菌は,増加の一途をたどり,医療機関のみならず市中の感染においてもしばしば遭遇するようになってきた.そこで,一般演題のテーマとして,「各科領域に …
  • NAID 120003678724

関連リンク

第三世代セフェム 日本国では欧米で言うところの第三世代セファロスポリンと第四世代セファロスポリンとを併せて第三世代セフェムと呼ぶことが多い。 第三世代セファロスポリン 第三世代セファロスポリンは、腸内グラム陰性桿菌 ...
セファロスポリン(Cephalosporin)は、β-ラクタム系抗生物質の一つの種類で、セファマイシン類やオキサセフェム類と共にセフェム系抗生物質と総称される。ベータラクタム環(四員環ラクタム)にヘテロ六員環がつながった形をして ...

関連画像

 、セファロスポリンセファロスポリン フロモックス(塩酸セフカペン セファロスポリン - BIGLOBE セファロスポリンとは - goo  セファロスポリン耐性菌の比率


★リンクテーブル★
国試過去問096I036」「091A071
リンク元第4世代セファロスポリン
拡張検索セファロスポリン系抗菌薬」「第三世代セファロスポリン系抗菌薬」「セファロスポリン系薬」「セファロスポリン系薬剤
関連記事リン

096I036」

  [★]

  • 日齢10の新生児。発熱、嘔吐および哺乳力低下を主訴に来院した。昨夕、発熱がありグズグズ泣くことが多く哺乳力が低下した。抱き上げても泣き止まなかった。夜半から嘔吐が4、5回出現し元気がなくなってきた。体温39.1℃。大泉門0.5×0.5cmであり緊張が強い。四肢冷感があり、運動に乏しい。Moro反射は弱いが、両側指趾の把握反射は陽性である。脳脊髄液検査:細胞数1,380/mm3(基準30以下)で95%以上は多核球、糖10mg/dl(基準20~60)。
  • この患児の薬物治療で適切でないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096I035]←[国試_096]→[096I037

091A071」

  [★]

  • 抗生物質と副作用との組み合わせで正しい物
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

第4世代セファロスポリン」

  [★]

fourth generation cephalosporin
セファロスポリン

セファロスポリン系抗菌薬」

  [★]

cephalosporin antibiotics, cephalosporin, cephalosporins
セフェム系抗菌薬?、セフェム系抗生物質cephem antibiotic? cephem antibiotics
抗菌薬βラクタム系抗菌薬 第三世代抗生物質

特徴

  • 抗菌スペクトルが広い
グラム陽性菌グラム陰性菌

構造

副作用

  • 過敏症(ペニシリン系抗菌薬と同様であるが、頻度はペニシリン系に比べ低い)
  • (1)ジスルフィラム様作用、(2)ビタミンK依存性の凝固因子の産生低下(cefotetancefoperazoneに特徴的。共通点はN-methylthiotetrazole(NMTT) side chainを持つこと)。(PPC.612)

セフェム系抗菌薬

第三世代セフェム

セフォタキシム cefotaxime
セフトリアキソン ceftriaxone
セフジニル cefdinir
セフジトレンピボキシル cefditoren pivoxil
セフチブテン ceftibuten
セフポドキシムプロキセチル cefpodoxime proxetil
セフチゾキシム ceftizoxime
セフォペラゾン cefoperazone
セフタジジム ceftazidime




第三世代セファロスポリン系抗菌薬」

  [★]

  • 好気性グラム陽性菌に中等度の抗菌活性を有する。グラム陰性菌もカバー。
  • 欠点としては緑膿菌活性がないこと。


セファロスポリン系薬」

  [★] セファロスポリン系抗菌薬

セファロスポリン系薬剤」

  [★] セファロスポリン系抗菌薬

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡