セファピリン

出典: meddic

cephapirincefapirinCEPR
cefapirinum
セファピリンナトリウム cefapirin sodium
抗菌薬


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 食肉中に残留する抗菌性物質の微生物学的簡易検査法
  • 堀江 正一,小林 晴美,石井 里枝,井部 明広,藤田 和弘,丹野 憲二,中澤 裕之
  • 食品衛生学雑誌 49(3), 168-176, 2008-06-25
  • … .市販芽胞菌を含めた4種の検査用平板培地(Bacillus subtilis BGA(AM8培地,AM5培地),Micrococcus luteus ATCC 9341およびGeobacillus stearothermophilus)を用いることにより,代表的な抗菌性物質(ペニシルンG,アンピシリン,セファピリン,セファレキシン,エリスロマイシン,スピラマイシン,オキシテロラサイクリン,クロルテトラサイクリン,エンロフロキサシン,オキソリン酸)を感度よく(0.005〜2.5 μg/g)検出できた.本法は,動物用 …
  • NAID 10024453643
  • 注射用セファピリンナトリウムの配合変化
  • 後藤 勝博,宮下 元樹,加藤 清治,住谷 貞春,大石 元
  • 病院薬学 7(4), 237-244, 1981-10-20
  • Incompatibility of sodium cefapyrin (CEPR) with 22 kinds of commercial intravenous drip infusion solutions, 44 kinds of injections and clinically used mixed injections was studied. The stability of th …
  • NAID 110001796874
  • 注射用セファピリンナトリウムの安定性に関する基礎的研究
  • 後藤 勝博,宮下 元樹,加藤 清治,住谷 貞春,大石 元
  • 病院薬学 7(4), 231-236, 1981-10-20
  • In order to study a change in mixed injection solution, stability of aqueous solution of injectable sodium cefapyrin (Cefatrexyl, CEPR), a cefalosporin antibiotic, was investigated at 15°, room temper …
  • NAID 110001796873

関連リンク

ChemicalBook あなたのためにセファピリン(21593-23-7)の化学的性質を提供して、融点、価格、蒸気圧、沸点、毒性、比重、沸点、密度、分子式、分子量、物理的な性質、毒性 税関のコードなどの情報、同時にあなたは更にセファピリン ...
農薬和名: セファピリン 農薬英名: CEFAPIRIN 主な用途: 動物薬・抗生物質 留意点 : 抗生物質:食品は抗生物質を含有してはならない。ただし規格が決められているものは除く。 マークの説明: :平成25年度検疫所モニタリング対象 ...

関連画像

セファロスポリン セファピリン cepr セファロチンQuicking Biotech Co.,Ltd. セファロチン セファピリン乳腺炎治療


★リンクテーブル★
先読みcefapirin sodium
リンク元cefapirin」「cephapirin
拡張検索セファピリンナトリウム
関連記事リン

cefapirin sodium」

  [★]

cefapirincephapirin


cefapirin」

  [★] セファピリン

cefapirin sodiumcephapirin


cephapirin」

  [★]

セファピリン

cefapirincefapirin sodium

セファピリンナトリウム」

  [★]

cefapirin sodium
セファピリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡