セファクロル複合顆粒

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

4.排泄 主として腎より排泄され,健康成人12例に375mg(力価)食後 単回経口投与後12時間の尿中回収率は約56%であった2)。5.その他 (参考) 血漿蛋白結合率:限外ろ過法にて測定されたセファクロルの血 漿蛋白結合率は23.1%で ...
「L-ケフラール顆粒」の添付文書情報。一般名、規格、薬効、薬価、区分、製造メーカー、販売メーカー、用法・用量、効能・効果、副作用、使用上の注意を掲載しています。医薬品検索イーファーマは、日本最大級の医療従事者向け ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事顆粒」「セファクロル」「複合」「クロル

顆粒」

  [★]

granule



血液細胞の顆粒

一次顆粒

  • アズール好性
  • アズール→紫褐、紫赤
  • リンパ球、単球、前骨髄球、血小板、巨核球
  • リンパ球では0.3-0.6μm

特殊顆粒

  • 好酸性顆粒
  • 好塩基性顆粒
  • 好塩基性
  • メチレン青→紫
  • 好塩基球
  • 好中性顆粒
  • 好中性
  • 好中球


セファクロル」

  [★]

cefaclor, CCL
cefaclorum
セファクロール
アレンフラールエリカナールクリレールケフポリンケフラールザルツクラールシーシーエルセクロダントキクロル
抗菌薬



複合」

  [★]

complex
合成物錯体複合体複合物複雑コンプレックス


クロル」

  [★]

chlor
塩素




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡