ズダンIII

出典: meddic

和文文献

  • オクトレオチドが有効であった術後乳糜胸の一例
  • 西井 竜彦,村松 高,古市 基彦,諸岡 宏明,大森 一光,塩野 元美
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 25(6), 635-638, 2011-09-15
  • … 症例は,31歳,女性.肺葉内肺分画症の診断で左肺下葉切除を施行された.術後第2病日よりドレーンの排液が白濁し,エーテル法,ズダンIII染色,TG値より乳糜胸と診断された.禁食と末梢静脈栄養で加療し,ドレーン排液も透明化したが,第12病日の排液の再検で乳糜が証明された.これ以上の保存的加療は困難と考えられ,第14病日よりオクトレオチドの持続皮下注を開始した.投与開始後すみやかにドレーンの排液 …
  • NAID 10029458659
  • Ah受容体リガンドによるPPARα機能の抑制(毒性学)
  • Shaban Zein,El-SHAZLY Samir,ABDELHADY Shawky,FATTOUH Ibrahim,MUZNDU Kaampwe,石塚 真由美,木村 和弘,数坂 昭夫,藤田 正一
  • The journal of veterinary medical science 66(11), 1377-1386, 2004-11-25
  • … に影響を与える可能性について検討を行った.Wistarラットに,AhRのリガンドであるズダンIII,PPARαのリガンドであるクロフィブレートを,3日間,それぞれ単独,および共投与した.PPARαの標的遺伝子であるCYP4Aサブファミリーの蛋白発現レベルは,クロフィブレート単独投与に比べて減少し,CYP4A1,CYP4A2,CYP4A3のmRNA発現量もズダンIIIとクロフィブレートの共投与で減少していた.そこヒト肝由来細胞HepG2をPPARαおよ …
  • NAID 110003963618
  • 肩甲部に発生した褐色脂肪腫の1例
  • 松本 一仁,池崎 福治,柿崎 寛,吉岡 治彦,八木橋 操六
  • 日本臨床細胞学会雑誌 41(6), 427-432, 2002-11-00
  • NAID 110001221991

関連リンク

ズダンⅢ染色について述べよ 「原理」 アゾ色素(ズダンⅢ、オイル赤O、ズダン黒等)は、無極性かつ脂溶性であるため、 組織に触れると組織内脂質という溶媒に溶け込み、結果として脂肪染色ができる。 「試薬」 ① 50%エタノール
染色法 † ホルマリン固定材料の凍結切片(5~10μm)を蒸留水から50%アルコールに入れる。 1~2分 ズダンⅢ染色(Daddi液)37 30~60分 50%アルコールで軽く洗う 蒸留水水洗(切片を水になじませる) ヘマトキシリンで核染色 水洗、ヘマ ...

関連画像

ズダン黒B染色.JPGスダンⅢ染色・本症例は脂肪の 22. SudanIII画像の説明


★リンクテーブル★
関連記事I」「II

I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」


II」

  [★]




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡