スレオニン

出典: meddic

threonine Thr T
2-アミノ-3-ヒドロキシ酪酸 2-amino-3-hydroxybutyric acidL-トレオニン L-threonine
アミノ酸


  • 極性。無電荷
  • ヒドロキシル基を有する。
  • セリンの側鎖で-CH2OHのうち、炭素に結合している-Hを-CH3に置き換えた形をしている。(-CH(CH3)-OH)
-CH(CH3)-OH
  • Kinaseの標的となり、リン酸イオンが結合する。
-CH(CH3)-O-H2PO3



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/08/01 20:31:28」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 1-III-7 好熱性アーキアThermoplasma volcanium由来L-スレオニン脱水素酵素の分子特性(一般演題要旨,日本ビタミン学会第63回大会講演要旨)
  • 米田 一成,櫻庭 春彦,荒木 朋洋,大島 敏久
  • ビタミン 85(4), 222, 2011-04-25
  • NAID 110008607933
  • 視床下部AMPキナーゼによる摂食調節機構
  • 箕越 靖彦
  • 日本薬理学雑誌 137(4), 172-176, 2011
  • … AMPキナーゼ(AMP-activated protein kinase: AMPK)は,酵母から植物,哺乳動物に至るほとんどの真核細胞に発現するセリン・スレオニンキナーゼである.AMPKは,細胞内エネルギーレベルの低下(AMP/ATP比の上昇)およびAMPKKによるリン酸化によって活性化し,代謝,イオンチャネル活性,遺伝子発現を変化させてATPレベルを回復させる.このことからAMPKは, “metabolic sensor” または “ fuel gauge” と呼ばれている.また,近年の …
  • NAID 130000654875

関連リンク

スレオニンの成分情報です。スレオニンとは?スレオニンの働きや効果・効能などスレオニンに関する情報を詳しくご紹介します。わかさの秘密はわかさ生活が提供する成分情報サイトです。
漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典 スレオニンの用語解説 - 必須アミノ酸のひとつ。動物の成長因子の探求過程で必須アミノ酸のうち最後に発見されたもの。卵、七面鳥、スキムミルク、ゼラチンなど、主に動物性たんぱく質に多く ...

関連画像

スレオニンスレオニン (L-Threonine)http://wholefoodcatalog.com/images/560x560 図16 IRSの分子修飾と機能の ファイルNo鶏肉


★リンクテーブル★
先読みL-threonine」「2-アミノ-3-ヒドロキシ酪酸」「Thr」「2-amino-3-hydroxybutyric acid
リンク元アミノ酸」「MAPキナーゼ」「T」「threonine」「透過率
拡張検索セリン・スレオニンホスファターゼ」「スレオニン脱水酵素」「スレオニンデヒドラターゼ」「セリン・スレオニンリン酸化酵素」「スレオニンtRNA
関連記事スレオ

L-threonine」

  [★]

L-スレオニンL-トレオニン

threonine


2-アミノ-3-ヒドロキシ酪酸」

  [★]

2-amino-3-hydroxybutyric acid
トレオニン

Thr」

  [★]

トレオニン


トレオニン


2-amino-3-hydroxybutyric acid」

  [★] 2-アミノ-3-ヒドロキシ酪酸

アミノ酸」

  [★]

amino acid
ケト原性アミノ酸糖原性アミノ酸

定義

  • L-アミノ酸、D-アミノ酸がある。一般的に生合成されるポリペプチドはL-アミノ酸を材料としている。D-アミノ酸は細菌が産生し、ごく短いペプチドとして特に、細胞壁に存在する。これはペプチダーゼによる分解を免れるためと言われている。D-アミノ酸を含むポリペプチドは、通常の翻訳経路で生合成されない。(FB.58)
  • ケト原性:Leu, Lys
  • 糖原性/ケト原性:Ile, Phe, Trp
  • 糖原性:Met, Thr, Val, Arg, His
ArgとHisは成長期に必要
PriVaTe TIM HALL

一覧

分類 極性 電荷 名前 1 3 糖原性 ケトン原性 必須アミノ酸 分枝アミノ酸   pK1
α-COOH
pK2
α-NH2
pKR
側鎖
側鎖
疎水性アミノ酸 グリシン G Gly           2.35 9.78   ―H
アラニン A Ala           2.35 9.87   ―CH3
バリン V Val       2.29 9.74   ―CH(CH3)2
フェニルアラニン F Phe ○3     2.2 9.31   ―○C6H5
プロリン P Pro           1.95 10.64   αCとNH2の間に
―CH2CH2CH2-
メチオニン M Met     ○2     2.13 9.28   ―CH2CH2-S-CH3
イソロイシン I Ile   2.32 9.76   ―CH(CH3)CH2CH3
ロイシン L Leu     2.33 9.74   ―CH2CH(CH3)2
荷電アミノ酸 酸性 アスパラギン酸 D Asp           1.99 9.9 3.9
β-COOH
―CH2COOH
酸性 グルタミン酸 E Glu           2.1 9.47 4.07
γ-COOH
―CH2CH2COOH
塩基性 リシン K Lys       2.16 9.06 10.54
ε-NH2
側鎖のCH2は4つ
―-CH2CH2CH2CH2NH2
塩基性 アルギニン R Arg     ○1     1.82 8.99 12.48
グアニジウム基
側鎖のCH2は3つ
―CH2CH2CH2-NH-C-(NH2)NH
極性アミノ酸 セリン S Ser           2.19 9.21   ―CH2OH
スレオニン T Thr     2.09 9.1   ―CH(CH3)OH
チロシン Y Tyh       2.2 9.21 10.46
フェノール
―CH2-φ
塩基性 ヒスチジン H His         1.8 9.33 6.04
イミダゾール基
―CH2-C3H3N2
システイン C Cys           1.92 10.7 8.37
-SH基
―CH2-SH
アスパラギン N Asn           2.14 8.72   ―CH2-CO-NH2
グルタミン Q Gln           2.17 9.13   ―CH2-CH2-CO-NH2
トリプトファン W Trp     2.46 9.41   ―Indol ring
1 人体で合成できるが、不十分。
2 Cysが足らなければ、Metから合成することになる。
  名称 基となるアミノ酸  
修飾されたアミノ酸 シスチン システイン システイン2分子が酸化されて生成する。
ヒドロキシプロリン プロリン ゼラチン、コラーゲンに含まれる。
ヒドロキシリジン リジン
チロキシン チロシン 甲状腺タンパク質に含まれる。
O-ホスホセリン   カゼインなど、多くのリンタンパク質に含まれる。
デスモシン    
蛋白質の構成要素ではない オルニチン アルギニン ミトコンドリア中でカルバモイルリン酸と反応
シトルリン オルニチンカルバモイルリン酸  
クレアチン アルギニングリシン  
γアミノ酪酸 アルギニン  

必須アミノ酸

準必須 アルギニン
必須 メチオニン
フェニルアラニン
リジン
valine
スレオニン
トリプトファン
ロイシン
イソロイシン
準必須 ヒスチジン

参考

  • Wikipedia - アミノ酸




MAPキナーゼ」

  [★]

MAP kinase, mitogen-activated protein kinase, MAPK
マイトジェン活性化プロテインキナーゼマップキナーゼ
MAPキナーゼスーパーファミリーカスケード


  • リン酸化部位:スレオニンチロシン
  • MAPKKによってスレオニンとチロシン残基がリン酸化される。


MAPKスーパーファミリー



T」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 20th letter of the Roman alphabet」
t

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「tritiumの化学記号」

threonine」

  [★] スレオニン L-threonine T Thr

WordNet   license wordnet

「a colorless crystalline amino acid found in protein; occurs in the hydrolysates of certain proteins; an essential component of human nutrition」

透過率」

  [★]

(物質の)permeability、(光の)transmittanceT
浸透性スレオニンチミン透過性トレオニン透過度

セリン・スレオニンホスファターゼ」

  [★]

serine-threonine phosphatase
タンパク質脱リン酸化酵素リン酸化タンパク質脱リン酸化酵素リン酸化タンパク質ホスファターゼセリン・トレオニンホスファターゼ

スレオニン脱水酵素」

  [★]

threonine dehydratase
スレオニンデヒドラターゼトレオニンデヒドラターゼ


スレオニンデヒドラターゼ」

  [★]

threonine dehydratase
スレオニン脱水酵素トレオニンデヒドラターゼ

セリン・スレオニンリン酸化酵素」

  [★]

serine-threonine protein kinase
セリン・スレオニンプロテインキナーゼ

スレオニンtRNA」

  [★]

(n
トレオニンtRNA

スレオ」

  [★]

threo
トレオ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡