スルホン酸

出典: meddic

sulfonic acidsulfonate
スルホン化スルホン酸塩

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/29 21:20:08」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Components of the carrier solvents and separation performance in the tube radial distribution chromatography using a fused-silica capillary tube
  • Jinno Naoya,Hayashi Yoichiro,Hashimoto Masahiko,Tsukagoshi Kazuhiko
  • 同志社大学理工学研究報告 52(3), 177-180, 2011-10
  • … モデル検体として1-ナフトールと2,6-ナフタレンジスルホン酸の混合試料を用い、チューブ内に注入した。 … このとき1-ナフトールが最初に検出され、続いて2,6-ナフタレンジスルホン酸が検出された。 …
  • NAID 110008692611
  • 合成洗剤アルキルベンゼンスルホン酸の酵母に対する毒性解析と変異株の単離
  • 神道 麻美,伊藤 昇,菅井 貴裕,田中 進,保坂 公平
  • The Kitakanto medical journal 61(3), 467-467, 2011-08-01
  • NAID 120003338779
  • チオスルホン酸エステルとジスルフィドの無溶媒合成と反応機構
  • 谷藤 尚貴,山本 耕平
  • 日本高専学会誌 : journal of the Japan Association for College of Technology 16(3), 105-108, 2011-07-31
  • … 溶媒無使用条件において進行するチオスルホン酸及びジスルフィドの合成反応において,報告例の少ない2分子間のクロスカップリングを開発し,溶媒和の無い条件での反応について各種機器分析を用いて直接観測することにより追跡することで,それぞれの反応の溶媒和の無い条件における反応特性を明らかにした.チオスルホン酸エステルの合成は,3段階の反応がすべて固体状態でも進行することによ …
  • NAID 110008686641

関連リンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - スルホン酸の用語解説 - スルホン基 -SO3H をもつ化合物の総称。一般式 RSO3H で表わされ,R がアルキル基の場合は脂肪族スルホン酸,R がアリール基の場合は芳香族スルホン酸という。水に ...
【ベストアンサー】ラウレスは たんぱく質を分解する働きがあります。 ヤシ油を配合することで 酸化を強くしない働きがあります。 スルホン酸のほうは 界面活性剤なので 汚れを浮き出す効果 ...

関連画像

リグニンスルホン酸塩の土壌改 ベンゼンスルホン酸ナトリウムベンゼンスルホン酸ベンゼンスルホン酸』の画像 ベンゼンスルホン酸ナトリウムスルホン酸を使ったシャンプー

添付文書

薬効分類名

  • 消炎性抗潰瘍剤

販売名

メサドリンS配合顆粒

組成

成分・含量(1g中)

  • アズレンスルホン酸ナトリウム水和物 3.0mg
    日局 L−グルタミン 990.0mg

効能または効果

下記疾患における自覚症状及び他覚所見の改善

  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎
  • 通常成人1日1.5〜2.0gを3〜4回に分割経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

薬効薬理

抗潰瘍作用

  • アスピリン又はインドメタシンによる潰瘍生成を有意に抑制した(ラット)。3)

胃粘膜保護作用

  • アスピリン経口投与時、胃粘膜内ヘキソサミンの減少を有意に抑制した(ラット)。3)

抗炎症作用

  • アスピリン胃炎において、胃内液量及び粘膜色素量を有意に減少させ、抗炎症効果を認めた(ラット)。3)

有効成分に関する理化学的知見

アズレンスルホン酸ナトリウム水和物

一般名

  • アズレンスルホン酸ナトリウム水和物(Sodium Gualenate Hydrate)

化学名

  • "Sodium 1,4-dimethyl-7-isopropylazulene-3-sulfonate"

分子式

  • C15H17NaO3S・1/2H2O又はH2O

分子量

  • 309.36又は318.36

性状

  • 暗青色の結晶又は結晶性の粉末で、におい及び味はない。メタノールにやや溶けやすく、水又は酢酸(100)にやや溶けにくく、エタノール(95)に溶けにくく、無水酢酸、ジエチルエーテル又はヘキサンにほとんど溶けない。
    水溶液(1→200)のpHは6.0〜9.0である。
    光により変化する。
  • L−グルタミン

一般名

  • L−グルタミン (L-Glutamine)

化学名

  • "(2S)-2,5-Diamino-5-oxopentanoic acid"

分子式

  • C5H10N2O3

分子量

  • 146.14

性状

  • 白色の結晶又は結晶性の粉末で、わずかに特異な味がある。ギ酸に溶けやすく、水にやや溶けやすく、エタノール(99.5)にほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
リンク元オキソ酸」「sulfonate」「スルホン化」「sulfonic acid
拡張検索2,4,6-トリニトロベンゼン-1-スルホン酸」「メタンスルホン酸」「スルホン酸塩」「トリニトロベンゼンスルホン酸
関連記事」「スルホ

オキソ酸」

  [★]

oxo acidoxoacid

。]] オキソ酸(オキソさん、Oxoacid)とは、ある原子ヒドロキシル基 (-OH) とオキソ基 (=O) が結合しており、且つそのヒドロキシル基が酸性プロトンを与える化合物のことを指す<ref>IUPAC Gold Book - oxoacids</ref>。ただし、無機化学命名法IUPAC1990年勧告のオキソ酸の定義では、先述した化合物の他にアクア酸(aqua acid)<ref>中心金属イオンに配位した水分子に酸性プロトンが存在する酸。例:ヘキサアクア鉄(III)イオン</ref>、ヒドロキソ酸(hydroxoacid)<ref>隣接するオキソ基が存在しないヒドロキシル基に酸性プロトンが存在する酸。例:オルトケイ酸 (H4SiO4)</ref>もオキソ酸に含まれることになる。無機化合物のオキソ酸の例としては硫酸硝酸リン酸などが挙げられる。有機化合物で最も重要なオキソ酸はカルボン酸である。酸性の強弱は化合物の種類によりさまざまなものがある。一般に、オキソ酸は多原子イオンと水素イオンを与える。

オキソ酸が脱水縮合することで、ポリオキソ酸が生成する。例えば、リン酸では二リン酸、三リン酸である。酸無水物も同様に、オキソ酸の脱水縮合生成物にあたる。遷移金属元素のオキソ酸は金属オキソ酸(ポリ酸)と呼ぶ。

ポーリングの規則

単核オキソ酸の酸性度の強さを推定する2つの経験則としてポーリングの規則(Pauling's rules)が知られている。

1, 中心元素 E のオキソ酸の化学式が EOm(OH)n で表されるときに、酸解離定数 Ka は次の関係式で表される。
<math>\mbox{p}K_a = -\log K_a \approx 8 - 5m </math>
2, n>1の酸の逐次酸解離のpKa値はプロトン解離が1回起こる毎に5ずつ増加する。

ただし、この規則に従わないオキソ酸も存在する。例えば炭酸の推定値は3であるが実測値は6.4である。これは水溶液中に溶けている二酸化炭素が僅かしか炭酸にならないためである。このことを考慮に入れるとpKa値は規則通り約3.6となる。また、亜硫酸も規則に従わない。これは溶液中に亜硫酸分子は検出されず、さらにSO2が複雑な平衡を持っているからである。

<math>\rm CO_2 + H_2O \ \overrightarrow\longleftarrow \ H_2CO_3</math>
<math>\rm SO_2 + H_2O \ \overrightarrow\longleftarrow \ H^+ + HSO_3^-</math>

オキソ酸の一覧

脚注

Template:脚注ヘルプ <references/>

関連項目


sulfonate」

  [★]

スルホン酸スルホン酸塩、ルホン化する

sulfonationsulfonic acid

WordNet   license wordnet

「a salt of sulphonic acid」


スルホン化」

  [★]

sulfonationsulfonate
スルホン酸スルホン酸塩


sulfonic acid」

  [★]

スルホン酸

sulfonate


2,4,6-トリニトロベンゼン-1-スルホン酸」

  [★]

2,4,6-trinitrobenzene-1-sulfonicacid TNBS
ジニトロベンゼンスルホン酸
  • 免疫応答の解析に用いられる代表的なハプテン
  • 蛋白質の遊離アミノ酸と反応して蛋白質を修飾し、遅延型過敏症や抗体産生を引き起こす。


メタンスルホン酸」

  [★]

methanesulfonic acidmethanesulfonate
メシル酸塩メタンスルホン酸塩


スルホン酸塩」

  [★]

sulfonate
スルホン化スルホン酸


トリニトロベンゼンスルホン酸」

  [★]

[[]]
TNBS
[[]]
TNBS


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

スルホ」

  [★]

sulfo
スルフォ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡