スラミン

出典: meddic

suramin
スラミンナトリウム




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 高速沿岸漁船の縦復原力に現れる前進速度の影響に関する実験的研究
  • 升也 利一
  • 水産工学 45(3), 229-234, 2009-02-15
  • … 沿岸漁船の場合には、船首船底のスラミングが船体強度に支配的な影響を与えることから、まず第1に波浪中における船体の動揺を正確に把握することが必要である。 … また、スラミング以外の波浪荷重に対しても、船体の動揺はそれらを支配する基礎量になる。 …
  • NAID 110007115161
  • フレアスラミング衝撃圧計算法に関する一考察(所外発表論文等概要)
  • 高木 健,小川 剛孝
  • 海上技術安全研究所報告 8(3), 300, 2008-12-16
  • NAID 110007661572

関連リンク

スラミンナトリウム Suramin Sodium 販売元 和光純薬工業(株) 販売元コード 193-10611,199-10613 製造元 製造元コード CAS.NO 129-46-4 分子式 C51H34N6Na6O23S6 分子量 1,429.19 保存条件 室温 適用法規 危険有害性 等級 ...
スラミン Videos Playlists Channels Discussion About What to Watch Best of YouTube Popular on YouTube Music Sports Gaming Education Movies TV Shows Browse channels Sign in now to see your channels and Sign in ...

関連画像

いった ス ラミン ベルナバウ slaMMin(スラミン) 北海道 HIP 屋台「スラミン」 スラミン・オン・ザ・ウエストp1.jpg?ct=ace56be57fa1 / シリアス スラミン 540円

添付文書

薬効分類名

  • 鎮痛・消炎剤

販売名

ヤスラミン注

組成

容量

  • 10mL

有効成分(1管中)

  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 200mg
    日本薬局方 サリチル酸ナトリウム 400mg

添加物(1管中)

  • 亜硫酸水素ナトリウム 6mg
    pH調整剤

備考

  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウムは、魚類の軟骨に由来する

禁忌

  • 本剤又はサリチル酸系化合物(アスピリン等)、コンドロイチン硫酸に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)

効能または効果

  • 症候性神経痛、腰痛症
  • 通常、成人には1回10mLを1日1回3分間以上かけて緩徐に静脈内投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
    本剤は、鎮痛剤の経口投与が不可能な場合又は急速に症状を改善する必要がある場合のみ使用する。

慎重投与

  • 本人又は両親・兄弟に他の薬物に対するアレルギー、蕁麻疹、気管支喘息、アレルギー性鼻炎又は食物アレルギー等のある患者
  • 肝又は腎障害のある患者[肝又は腎障害が悪化するおそれがある。]
  • 出血傾向のある患者[血小板機能異常を起こすおそれがある。]
  • 消化性潰瘍のある患者[消化性潰瘍が悪化するおそれがある。]
  • 潰瘍性大腸炎の患者[他の非ステロイド性消炎鎮痛剤で症状が悪化したとの報告がある。]
  • クローン病の患者[他の非ステロイド性消炎鎮痛剤で症状が悪化したとの報告がある。]
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)

重大な副作用

ショック(頻度不明)

  • ショックがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、胸内苦悶、血圧低下、顔面蒼白、脈拍異常、呼吸困難等の症状があらわれた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、紅皮症(はく脱性皮膚炎)(頻度不明)

  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、紅皮症(はく脱性皮膚炎)等があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

再生不良性貧血(頻度不明)

  • 再生不良性貧血があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • コンドロイチン硫酸は膠原線維再生を促進し、膠原線維の安定化に重要な役割を果しているといわれている。
  • サリチル酸ナトリウムは中枢性の視床下部の抑制及び末梢部位における痛覚刺激によるインパルス発生の抑制や発痛物質の活性抑制などにより鎮痛効果を示すと考えられている。
    また、プロスタグランジン合成を阻害することによっても鎮痛などの作用を現すともいわれている。

有効成分に関する理化学的知見

コンドロイチン硫酸エステルナトリウム

一般名

  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム(Chondroitin Sulfate Sodium)

分子式

  • (C14H19NNa2O14S)n

分子量

  • (503.349)n

性状

  • ・白色〜微黄褐色の粉末で、においはないか、又はわずかに特異なにおい及び味がある。
    ・水に溶けやすく、エタノール、アセトン又はエーテルにほとんど溶けない。
    ・水溶液(1→100)のpHは5.5〜7.5である。
    ・吸湿性である。

サリチル酸ナトリウム

一般名

  • サリチル酸ナトリウム(Sodium Salicylate)

化学名

  • Monosodium 2-hydroxybenzoate

分子式

  • C7H5NaO3

分子量

  • 160.10

性状

  • ・白色の結晶又は結晶性の粉末である。
    ・水に極めて溶けやすく、酢酸(100)に溶けやすく、エタノール(95)にやや溶けやすい。
    ・光によって徐々に着色する。


★リンクテーブル★
拡張検索ヤスラミン」「スラミンナトリウム
関連記事ラミン

ヤスラミン」

  [★] コンドロイチン硫酸サリチル酸ナトリウム


スラミンナトリウム」

  [★]

suramin sodium
スラミン


ラミン」

  [★]

lamin
核ラミン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡