スプラタスト

出典: meddic

suplatast
トシル酸スプラタスト suplatast tosilate スプラタストトシル酸塩
アイピーディトシラート


  • T細胞のIL-4,IL-5産生抑制
  • ヒスタミン受容体拮抗作用無し→予防薬

作用機序

  • Th2細胞に作用しIL-4,IL-5分泌を抑制
  • IL-4, IL-5いずれもT細胞や肥満細胞から分泌される
IL-4は、B細胞活性化、IgEスイッチ
IL-5は、好酸球成長・分化
  • Th2細胞によるこれらのインターロイキン酸性を抑制することでIgE抗体産生抑制と好酸球の活性化が抑制される。

薬理作用

  • IgE抗体産生抑制
  • 好酸球浸潤抑制
  • 化学伝達物質遊離抑制


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P025 トシル酸スプラタストのジェネリック医薬品についての検証(成人気管支喘息,ポスターセッション,第24回日本アレルギー学会春季臨床大会)
  • 渡邉 直人,中川 武正,牧野 荘平
  • アレルギー 61(3・4), 513, 2012-04-10
  • NAID 110009482894
  • 薬剤中止後トシル酸スプラタスト併用で改善したカルボシステインによる薬剤性肺障害の1例
  • 緒方 賢一,諸岡 三之
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 34(1), 54-57, 2012-01-25
  • … 後ステロイドを使用せずトシル酸スプラタスト併用で改善したカルボシステインによる薬剤性肺障害を経験した.症例.30歳の男性.インフルエンザAに罹患してオセルタミビルとカルボシステインを投与されたが,服薬5日後も発熱と咳嗽が持続したため近医に入院.その後胸部X線写真の浸潤影が悪化して,当院転院になった.カルボシステインを中止し,トシル酸スプラタストを使用して改善した.カルボシス …
  • NAID 110009327982
  • O11-2 アレルギー性重症喘息に対してトシル酸スプラタスト(IPD)の著効した一症例 : 遺伝子学的検討を加えて(O11 気管支喘息病態生理2,口演,第61回日本アレルギー学会秋季学術大会)
  • 田中 明彦,横江 琢也,山本 真弓,渡部 良雄,大田 進,山口 宗大,松井 永子,近藤 直実,足立 満
  • アレルギー 60(9・10), 1377, 2011-10-10
  • NAID 110008912367

関連リンク

アイピーディとは?スプラタストの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる( おくすり110番:病気別版)
Th2サイトカイン阻害薬トシル酸スプラタストは、わが国で開発された抗ア. レルギー 治療薬である。トシル酸スプラタストは、Th2細胞から産生される. IL-4、IL-5の産生を 抑制し、B細胞からのIgE抗体の産生を抑え、好酸球の. 活性を抑制して気道過敏性を 改善 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • アレルギー性疾患治療剤

販売名

スプラタストトシル酸塩カプセル100mg「タイヨー」

組成

  • 1カプセル中:スプラタストトシル酸塩……………100mg
    〈添加物〉
    カルメロース、結晶セルロース、酸化チタン、ステアリン酸マグネシウム、ゼラチン、ラウリル硫酸ナトリウム

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎
  • 通常、成人にはスプラタストトシル酸塩として1回100mg(本剤1カプセル)を1日3回毎食後に経口投与する。
    ただし、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 肝障害のある患者[肝障害が悪化するおそれがある]

重大な副作用

  • 肝機能障害 黄疸、ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇、γ-GTP上昇、Al-P上昇、LDH上昇等の肝機能障害(初期症状:全身けん怠感、食欲不振、発熱、嘔気等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  • ネフローゼ症候群 ネフローゼ症候群があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • スプラタストトシル酸塩は、肥満細胞での脱顆粒を抑制する。また、リンパ球T細胞(Th2細胞)の産生サイトカインであるインターロイキン-4(IL-4)やIL-5の活性阻害作用を有し、抗アレルギー作用をあらわす。3)

有効成分に関する理化学的知見

  •  


★リンクテーブル★
先読みsuplatast tosilate

suplatast tosilate」

  [★]

suplatast



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡