スピクラ形成

出典: meddic

spicula formation

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

文献「軽度スピクラ形成を認めた非結節性アミロイド腎症の一例」の詳細情報です。J-GLOBAL 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。
1.概念 腫瘍性の骨形成もしくは類骨基質形成を示す悪性腫瘍である。原発性骨肉腫は主たる占拠部位により大きく骨内発生例である骨内性骨肉腫(central osteosarcoma)と、骨表面発生例である表在性骨肉腫(surface osteosarcoma ...
これをスピクラ(spicula 針状陰影)と呼び、悪性腫瘍(特に骨肉腫)やEwing肉腫に特徴的である。 Ⅳ:玉ねぎの皮様骨膜反応 腫瘍の浸潤により骨膜が段階的に押し上げられたときに出現する。数層の層状構造 をもった骨膜性骨形成像 ...

関連画像

のように、外向きに凸である 骨腫瘍の種類と特徴表4 ・ 表5 ・ 表6 は主な腫瘍の 骨腫瘍の種類と特徴こういう所見が(特にスピクラ こういう所見が(特にスピクラ


★リンクテーブル★
関連記事形成」「スピクラ

形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる


スピクラ」

  [★]

spicule
spiculum spicula
針状骨





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡