ストレプトグラミン系抗菌薬

出典: meddic

streptogramins
ストレプトグラミン系抗菌薬


参考

  • 1. wiki en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Quinupristin/dalfopristin
  • 2. wiki en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Pristinamycin



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 抗VRE抗菌薬:ストレプトグラミン系抗菌薬--キヌプリスチン/ダルフォプリスチン (第5土曜特集 抗菌薬 UPDATE) -- (第4章 新しい抗菌薬)
  • 炭山 嘉伸,田中 英則
  • 医学のあゆみ 209(9), 685-687, 2004-05-29
  • NAID 40006216397

関連リンク

リンコサミド系(クリンダマイシン),オキサゾリジノン系(リネゾリド),ストレプトグラミン系(ダルフォプリスチン,またはストレプトグラミンa,およびキヌプリスチン,またはストレプトグラミンb)は抗菌活性機序および ...
2. 日本における発売年 2003(平成15)年 3. 特長 世界で初めてのストレプトグラミン系注射用抗生物質製剤である。 バンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム(VREF)に対し強い抗菌力(in vitro)を示す。 VREF感染症に対する有 ...

関連画像

抗生剤の基礎知識 - new 臨床 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta | Chem Quinupristin-dalfopristin


★リンクテーブル★
リンク元50Sリボソーム」「キヌプリスチン」「ダルホプリスチン」「プリスチナマイシン」「ストレプトグラミンB
関連記事抗菌薬」「」「抗菌」「レプ」「ストレプトグラミン

50Sリボソーム」

  [★]

50S ribosomal subunit, 50S ribosome, 50S subunit
30Sサブユニツト


抗菌薬の影響

キヌプリスチン」

  [★]

quinupristin
シナシッド
ストレプトグラミン系抗菌薬ダルホプリスチン



ダルホプリスチン」

  [★]

dalfopristin
シナシッド
ストレプトグラミン系抗菌薬キヌプリスチンquinupristin-dalfopristin



プリスチナマイシン」

  [★]

pristinamycin
ストレプトグラミン系抗菌薬


ストレプトグラミンB」

  [★]

streptogramin B
ストレプトグラミン系抗菌薬


抗菌薬」

  [★]

antibacterial drug, antibacterial
抗生剤薬理学抗菌薬一覧抗細菌薬
first aid step 1 2006 p.165

定義

  • 細菌/微生物に静菌作用、殺菌作用を示す物質。結果として、人において病原性を除去する目的で使用される。
  • このうち、微生物によって産生される物質を抗生物質と呼ぶ


作用機序による分類

first aid step 1 2006 p.165
  Mechanism of action Drugs
1 Block cell wall synthesis by inhibition of peptidoglycan cross-linking penicillin, ampicillin, ticarcillin, piperacillin, imipenem, aztreonam, cephalosporins
2 Block peptidoglycan synthesis bacitracin, vancomycin, cycloserine
3 Disrupt bacterial/fungal cell membranes polymyxins
4 Disrupt fungal cell membranes amphotericin B, nystatin, fluconazole/azoles
5 Block nucleotide synthesis sulfonamides, trimethoprim
6 Block DNA topoisomerases quinolones
7 Block mRNA synthesis rifampin
8 Block protein synthesis at 50S ribosomal subunit chloramphenicol, erythromycin/macrolides, lincomycin, clindamycin, streptogramins (quinupristin, dalfopristin), linezolid
9 Block protein synthesis at 30S ribosomal subunit aminoglycosides, tetracyclines, spectinomycin
 ATuSi → あつし


薬物動態

  • 濃度依存性:アミノグリコシド系抗菌薬、ニューロキノロン系抗菌薬
  • 時間依存性:βラクタム系抗菌薬

治療期間

小児

尾内一信 ; 第 39 回日本小児感染症学会教育講演 2 小児感染症の抗菌薬療法 -耐性菌時代の適正使用-
感染臓器・臨床診断 原因菌 投与期間(抗菌薬)
髄膜炎 インフルエンザ菌 7-10日
肺炎球菌 10-14日
髄膜炎菌 7-10日
GBS,腸内細菌,リステリア 21日
中耳炎 <2 歳 10日
2 歳≦ 5-7日
咽頭炎 A 群連鎖球菌 10日(ペニシリン系薬)
5日(セフェム系薬)
肺炎 肺炎球菌,インフルエンザ菌 解熱後3-4日
黄色ブドウ球菌 3-4週間
マイコプラズマ,クラミジア 10-21日
腎臓、膀胱炎、腎盂腎炎 大腸菌,プロテウス,腸球菌 3日
14日
骨髄炎 黄色ブドウ球菌 21日
連鎖球菌,インフルエンザ菌 14日

主要な感染症の抗菌薬投与期間

感染レジマニュ p.27
骨髄炎 4-6週
耳鼻咽喉 中耳炎 5-7日
副鼻腔炎 5-14日
A群溶連菌咽頭炎 10日
肺炎 肺炎球菌 7-10日 or 解熱後3日間
インフルエンザ菌 10-14日
マイコプラズマ 14日(7-10日)
レジオネラ 21日
肺化膿症 28-42日
心臓 感染性心内膜炎 α連鎖球菌 2-4週
黄色ブドウ球菌 4-6週
消化管 腸炎 赤痢菌 3日
チフス 14日(5-7日)
パラチフス
腹膜炎 特発性 5日
二次性 10-14日
胆肝膵 肝膿瘍 細菌性 4-8週
アメーバ性 10日
尿路 膀胱炎 3日
急性腎盂腎炎 14日(7-10日)
急性腎盂腎炎・再発 6週
慢性前立腺炎 1-3ヶ月
髄腔 髄膜炎 インフルエンザ菌 7-10日
髄膜炎菌
肺炎球菌 10-14日
リステリア 21日
敗血症 敗血症 コアグラーゼ陰性ブドウ球菌 5-7日
黄色ブドウ球菌 28日(14日)
グラム陰性桿菌 14日(7-14日)
カンジダ 血液培養陰性化後, 14日

妊婦に避けるべき抗菌薬

  • Antibiotics to avoid in pregnancy
  • Sulfonamides––kernicterus.
  • Aminoglycosides––ototoxicity.
  • Fluoroquinolones––cartilage damage.
  • Erythromycin––acute cholestatic hepatitis in mom
(and clarithromycin––embryotoxic).
  • Metronidazole––mutagenesis.
  • Tetracyclines––discolored teeth, inhibition of bone growth.
  • Ribavirin (antiviral)––teratogenic.
  • Griseofulvin (antifungal)––teratogenic.
  • Chloramphenicol––“gray baby.”
  • SAFE Moms Take Really Good Care.

使っても良い

YN.H-24
  • βラクタム系
  • エリスロマイシン、アジスロマイシン

参考

  • 抗菌薬インターネットブック
まとまっていてよい
[display]http://www.antibiotic-books.jp

抗菌薬一覧

薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品



抗菌」

  [★]

antibacterialantimicrobialantibiotic
抗菌剤抗菌性抗菌的抗菌薬抗生剤抗生物質

レプ」

  [★]

roentgen equivalent physical
ラド rad


ストレプトグラミン」

  [★] ストレプトグラミン系抗菌薬




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡