ストレス学説

出典: meddic

stress theory
ストレス汎適応症候群


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 第8回 社会臨床研究会報告 ヴードゥー死するネコについて--ストレス学説再考
  • 美馬 達哉
  • 社会情報 20(2), 69-79, 2011-03-00
  • 研究会報告第8回 社会臨床研究会報告
  • NAID 120002988443
  • 胃潰瘍発生機転におけるストレス学説の再評価
  • 中村 正彦
  • 潰瘍 = Ulcer research 36(1), 30-35, 2009-05-20
  • NAID 10025371499
  • ストレス学説の生理状態を解除する生理機能の応用(特別講演 1,第23回生命情報科学シンポジウム)
  • 石上 博
  • Journal of International Society of Life Information Science 25(1), 168, 2007-03-01
  • NAID 110006242247

関連リンク

ハンス・セリエはこの非特異的生体反応を系統的な一連の反応として捕らえストレス 学説(ストレス理論)を提唱した。この学説ではこのようなストレス状態は主として内分泌 系、特に脳下垂体、副腎皮質系が主役を演ずるものとしある種の心臓血管系、腎臓、 関節 ...
ハンス・セリエのストレス学説の基本は、ストレッサーに曝された生体の見せる有害性に 適応しようとする生化学的反応である適応症候群の理論にある。適応症候群は、脳の 視床下部や副腎皮質などのホルモン分泌や自律神経系の神経伝達活動により起こる ...

関連画像

セリエのストレス学説  ハンス・セリエのストレス学説体育学研究室その1 重力に逆らう運動セリエのストレス学説


★リンクテーブル★
関連記事ストレス」「学説」「レス

ストレス」

  [★]

stress
応力強調緊張力点

内分泌系への影響

  • 血中濃度上昇:成長ホルモン、副腎皮質刺激ホルモン、プロラクチン
  • 血中濃度低下:卵胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモン、エストロゲン



学説」

  [★]

doctrinedoctrinal

レス」

  [★]

loess
黄土



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡