ストリキニーネ

出典: meddic

strychnine
strychninum
ストリキニン
硝酸ストリキニーネ strychnini nitras
ホミカエキス


  • 痙攣薬
  • アルカロイド

薬理作用

SPC.210
  • グリシン受容体の拮抗阻害薬
  • 脊髄の抑制物質であるグリシンに拮抗することで、Renshaw細胞のネガティブフィードバックを解除する→興奮↑

中毒症状

SPC.210
  • 運動ニューロンの興奮により後弓反張をきたす
  • 知覚神経刺激に過敏。軽い刺激でけいれんを誘発
  • 意識は清明であるが、痛みに敏感で不安と恐怖を伴う
  • 呼吸麻痺と乳酸アシドーシスで死亡

治療

  • 隔離
  • 気道確保
  • ジアゼパムの投与
  • 全身麻酔
  • 神経筋接合部遮断薬の投与

薬効薬理

ホミカエキス散「ホエイ」として
  • エキスを単純胃瘻管造設イヌの胃内に投与するとき胃液分泌にほとんど変化は認められないが、コンズランゴ冷浸エキスを同時に適用するとき胃液分泌増加し酸度も上昇する。更にエキス又はチンキを単純胃瘻管造設イヌの口内又は胃内に投与するとき胃液分泌、酸度に変化を与えないし、胃、小腸に恒久性瘻管造設イヌになめさせるか胃内投与するとき、バルーン法で胃運動に著しい変化は認められない。

なおstrychnineをヒト、イヌの口内又は胃内に投与すると、ゲンチアナチンキとほぼ同様の効果があるという。また脊髄において抑制性シナプス後電位を減弱させてけいれんを引き起こすが、グリシン受容体に特異的に結合することが知られている。ペントバルビタールなどで麻酔したイヌに静脈内投与すると血圧上昇と心拍数増加が現れる。

参考

  • ホミカエキス散「ホエイ」
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2333005B1104_2_02/2333005B1104_2_02?view=body


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/03/20 23:44:31」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 抑制性神経伝達物質トランスポーターの薬理学
  • 茂里 康,島本 啓子
  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 127(4), 279-287, 2006-04-01
  • GABA(gamma-aminobutyric acid)は中枢神経系に高濃度存在する抑制性の神経伝達物質として,高次神経機能に密接に関与している.シナプス間隙に放出されたGABAはイオンチャネル型GABAA受容体,GTP結合タンパク質共役型GABAB受容体を活性化し,GABAA受容体自身のCl-チャネルの開口,GABAB受容体を介したプレシナプスの膜電位依存性Ca2+チャネルの開口阻害やポストシ …
  • NAID 10019252312
  • 36(D-6) (-)-ストリキニーネの全合成(口頭発表の部)
  • 鏑木 洋介,徳山 英利,福山 透
  • 天然有機化合物討論会講演要旨集 (46), 191-196, 2004-10-01
  • Strychnine (1), a well-known poison first isolated in 1818, has generated considerable attention among synthetic chemists due mainly to its architecturally complex structural features including the un …
  • NAID 110006682417
  • リガンド作働性チャネル シナプス前神経終末部上のGABAA受容体とストリキニーネ感受性グリシン受容体活性による伝達調節--活動電位依存性および自発性の伝達物質放出を指標として (〔2002年〕6月第5土曜特集 イオンチャネルの最前線) -- (細胞膜イオンチャネル)
  • 赤池 紀扶,桂林 秀太郎
  • 医学のあゆみ 201(13), 1067-1070, 2002-06-29
  • NAID 40000122235

関連リンク

ストリキニーネ (strychnine) はインドールアルカロイドの一種。非常に毒性が強い。 IUPAC許容慣用名はストリキニジン-10-オン strychnidin-10-one。ドイツ語では ストリキニン (Strychnin)。化学式はC21H22N2O2、CAS登録番号は57-24-9。1948年 に ...
2011年2月5日 ... ストリキニーネ(Strychinine)はインドやスリランカ、東南アジアやオーストラリア北部など に成育する植物マチンの種子から得られるアルカロイドです。ミステリー好きにはお 馴染みの猛毒成分(致死量0.1~0.03g)ですが、大変にユニークな化学 ...

関連画像

 ストリキニーネSRチャンバーストリキニーネ ストリキニーネSRチャンバーストリキニーネ確か両方の目が ファクトリー ストリキニーネ ストリキニーネの画像 - 原寸

添付文書

薬効分類名

  • 苦味健胃剤

販売名

ホミカエキス散「ホエイ」

組成

成分・含量(1g中)

  • 日本薬局方 ホミカエキス100mgを含有
    〔ストリキニーネ(C21H22N2O2:334.41)0.61〜0.68%を含む〕

添加物

  • バレイショデンプン

効能または効果

  • 苦味による唾液及び胃液の分泌促進
  • 通常、成人1回0.2g、1日0.5gを経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

薬効薬理

  • エキスを単純胃瘻管造設イヌの胃内に投与するとき胃液分泌にほとんど変化は認められないが、コンズランゴ冷浸エキスを同時に適用するとき胃液分泌増加し酸度も上昇する。更にエキス又はチンキを単純胃瘻管造設イヌの口内又は胃内に投与するとき胃液分泌、酸度に変化を与えないし、胃、小腸に恒久性瘻管造設イヌになめさせるか胃内投与するとき、バルーン法で胃運動に著しい変化は認められない。
    なおstrychnineをヒト、イヌの口内又は胃内に投与すると、ゲンチアナチンキとほぼ同様の効果があるという。また脊髄において抑制性シナプス後電位を減弱させてけいれんを引き起こすが、グリシン受容体に特異的に結合することが知られている。ペントバルビタールなどで麻酔したイヌに静脈内投与すると血圧上昇と心拍数増加が現れる。


★リンクテーブル★
リンク元濫用薬物」「グリシン受容体」「strychnine」「strychnini nitras
拡張検索ストリキニーネ中毒」「ストリキニーネノキ
関連記事キニーネ」「トリ

濫用薬物」

  [★]

毒物及び劇薬取締法 毒物 シアン化合物、ヒ素黄リン水銀ニコチン
劇物 硫酸硝酸塩酸メタノール
特定毒物 パラチオン四アルキル鉛メタノール
  毒薬 アトロピンジギタリス配糖体スコポラミンストリキニーネ
劇薬 カフェインプロカイン
麻薬及び向精神薬取締法 麻薬 アヘンアルカロイドコカイン合成麻薬LSD
第1腫向精神薬 セロバルビタール、メチルフェニデート
第2腫向精神薬 アキサゾラム、ペンタゾシンペントバルビタール
第3腫向精神薬 アロバルビタールオキサゾラムクロルジアゼポキシドジアゼパムトリアゾラムフェノバルビタール、トラゼパム
覚醒剤取締法 覚醒剤 アンフェタミンメタンフェタミン
大麻取締法 大麻 大麻草及び製品
あへん法 けし属 けし、けしがら、アヘン


グリシン受容体」

  [★]

glycine receptor
グリシン
  • グリシンをリガンドとする
  • イオンチャネル型受容体
  • 3個のαサブユニットと2個のβサブユニットからなる五量体
  • リガンドの結合によりCl-を細胞内に流入させる。
Br-,I-,F-も流入させる
  • 拮抗薬:ストリキニーネ


strychnine」

  [★] ストリキニーネ

WordNet   license wordnet

「an alkaloid plant toxin extracted chiefly from nux vomica; formerly used as a stimulant」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「ストリキニーネ(有毒の結晶で中枢神経の興奮剤)」


strychnini nitras」

  [★] ストリキニーネ硝酸ストリキニーネ

ストリキニーネ中毒」

  [★]

strychnine poisoning, strychninism
ストリキニン中毒
ストリキニーネ


ストリキニーネノキ」

  [★]

Strychnos nux-vomica
マチンストリキニーネ

キニーネ」

  [★]

quinine
硫酸キニーネ quinine sulphate塩酸キニーネ quinine hydrochloride
ホミカエキス


  • 抗マラリア薬


トリ」

  [★]

birdavian
鳥類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡