ストミンA

出典: meddic

ニコチン酸アミドパパベリン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

ゾンネボード製薬株式会社のストミンA配合錠(感覚器官用薬)、一般名ニコチン酸アミド (Nicotinamide) パパベリン塩酸塩(Papaverine hydrochloride) の効果と副作用、写真 、保管方法等を掲載。
ストミンAとは?ニコチン酸アミド,パパベリンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価 も調べられる(おくすり110番:薬事典版)

関連画像

ストミンA配合錠有効成分に関する理化学的知見ストミンA配合 包装写真 ストミンAという薬が混じってベザトールSR錠:製剤写真シプロキサン錠200mg

添付文書

薬効分類名

  • 耳鳴緩和剤

販売名

  • ストミンA配合錠

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者


効能または効果

  • 内耳及び中枢障害による耳鳴
  • 通常成人1回2錠、1日3回食後に経口投与する。*なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 緑内障の患者〔症状が悪化するおそれがある〕*房室ブロックのある患者〔発作性の頻脈が起こるおそれがある〕

薬効薬理

====内耳環境血量増加作用

2)〜4)

==

  • ペントバルビタール麻酔したモルモットにパパベリン塩酸塩40mg/kg及びニコチン酸12mg/kgの腹腔内投与により蝸牛放射状細動脈枝の血流速度の速やかな上昇が認められた。
    また、パパベリン塩酸塩1mg/kgの静脈内投与により蝸牛血流量の著明な増大を示した。

====内耳電解質に及ぼす影響

5)

==

  • 騒音暴露したモルモットにニコチン酸アミド1日25mgを5日間投与後血管条カリウム値を測定した結果、内耳血管条カリウムの騒音刺激による変動に対して著明な予防効果を示した。

有効成分に関する理化学的知見

ニコチン酸アミド

一般名

  • ニコチン酸アミド(Nicotinamide)

化学名

  • Pyridine−3−carboxamide

分子式

  • C

6 H 6 N 2 O

分子量

  • 122.12

性状

  • 本品は白色の結晶又は結晶性の粉末で、においはなく、味は苦い。本品は水又はエタノール(95)に溶けやすく、ジエチルエーテルに溶けにくい。

融点

  • 128〜131℃

====パパベリン塩酸塩

==

一般名

  • パパベリン塩酸塩

(Papaverine Hydrochloride)

化学名

  • 6,7−Dimethoxy−1−(3,4−dimethoxybenzyl)isoquinoline monohydrochloride

分子式

  • C

20 H 21 NO 4 ・HCl

分子量

  • 375.85

性状

  • 本品は白色の結晶又は結晶性の粉末である。本品は水又は酢酸(100)にやや溶けにくく、エタノール(95)に溶けにくく、無水酢酸又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。*


★リンクテーブル★
先読みニコチン酸アミド」「パパベリン
拡張検索ストミンA配合
関連記事A」「As」「Ad

ニコチン酸アミド」

  [★]

nicotinic acid amide, NAA
nicotinamidum
ニコチンアミド nicotinamideナイアシンアミド niacinamide3-ピリジンカルボン酸アミド 3-pyridinecarboxylic acid amide
M.V.I.M.V.I.-12アミノレバンEN配合エルネオパ1号エレンタールP乳幼児用配合エレンタール配合エンシュア・リキッド オーツカMVシーパラストミンA配合ダイメジン・マルチツインラインNF配合ツインライン配合ネオM.V.I.-9ネオパレン1号ネオラミン・マルチVバンコマイシン塩酸塩パンビタンビタジェクトフェニルアラニン除去ミルク配合フルカリック1号ヘパンED配合マルタミンラコールNF配合ラコール配合ロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合ワッサーV配合
ナイアシン



パパベリン」

  [★]

papaverine
塩酸パパベリン papaverine hydrochlorideパパベリン塩酸塩
アストフィリン配合ストミンA配合, Cerespan, Pavabid
アヘンアルカロイド




ストミンA配合」

  [★] パパベリンニコチン酸アミド

耳鼻科用剤


A」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「answer / ampere」

WordNet   license wordnet

「the 1st letter of the Roman alphabet」
a

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the A antigen」
type A, group A


As」

  [★] ヒ素

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「arsenicの化学記号」


Ad」

  [★]

adenoviraladenovirus




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡