スタンフォード分類

出典: meddic

Stanford classification
Stanford分類
大動脈解離解離性大動脈瘤


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

(分類) 内膜破綻(解離エントリー) がおこる好発部位は上行大動脈内,弓部,および下行大動脈の起始部(左鎖骨下動脈分岐よりすぐ遠位の部分)です.エントリー部位およびここから出来上がる解離腔 (中膜層内に広がってゆく ...
スタンフォード分類 A型大動脈解離<図4左>と診断された場合:上行大動脈から大動脈解離が始まっており、心タンポナーデを呈することが多く、ほとんどが緊急手術の対象となります 。 手術の目的は、解離の起点となった ...
① スタンフォードA型 A型は上行大動脈に解離が生じる場合であり、放置した場合、破裂や急性心筋梗塞、大動脈弁逆流や心タンポナーデ(心臓の周囲に血液がたまり、心臓の動きを圧迫する状態)の危険性があり、直ちに治療が必要と ...

関連画像

大動脈解離の分類(2)スタンフォード分類術式Stanford分類 ⇒上行大動脈に解離 疼痛は上行大動脈型 (Stanford A  の分類(スタンフォード分類


★リンクテーブル★
先読み大動脈解離」「解離性大動脈瘤
リンク元Stanford classification」「Stanfordによる分類」「Stanford分類」「Stanfordの分類
関連記事分類

大動脈解離」

  [★]

aortic dissection
解離性大動脈瘤

大動脈解離の病態

  拡張 破裂 末梢の循環不全
上行大動脈 大動脈弁不全
上行大動脈瘤
上大静脈症候群
心膜腔出血
心タンポナーデ
胸腔内出血
 
  冠状動脈     狭心症心筋梗塞
弓部大動脈 弓部大動脈瘤
嗄声嚥下障害
縦隔出血  
  弓部分枝     脳血管障害
上肢虚血
下行大動脈 下行大動脈瘤
嚥下障害
胸腔出血
縦隔出血
 
  肋間動脈腰動脈     対麻痺
腹部大動脈 腹部大動脈瘤    
  腹部分枝   腹腔出血
後腹膜出血
腸管虚血
腎動脈     腎虚血
腸骨動脈     下肢虚血
その他の病態 発熱DIC、胸水貯溜    


ガイドライン

  • 1. 大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン(2006年改訂版)
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2006_takamoto_h.pdf

文献

  • 腹部大動脈瘤の血管内手術と開腹手術、長期死亡率に差なし
  • 腹部大動脈瘤(AAA)の修復を血管内手術または開腹手術によって受けた患者の転帰を8年間にわたって調べた試験(EVER1)で、両者の全死因死亡率、動脈瘤関連死亡率に差はないことが明らかになった。また、開腹手術が適用にならないAAA患者を対象に、血管内手術を受けた患者と介入なしの患者の長期的な転帰を比較した試験(EVER2)では、両者の全死因死亡率にも差はないことが明らかになった。
  • Endovascular repair of aortic aneurysm in patients physically ineligible for open repair.
N Engl J Med. 2010 May 20;362(20):1872-80. Epub 2010 Apr 11.
United Kingdom EVAR Trial Investigators et al.
PMID 20382982
  • Endovascular versus open repair of abdominal aortic aneurysm.
N Engl J Med. 2010 May 20;362(20):1863-71. Epub 2010 Apr 11.
United Kingdom EVAR Trial Investigators et al.
PMID 20382983
  • Long-term outcome of open or endovascular repair of abdominal aortic aneurysm.
N Engl J Med. 2010 May 20;362(20):1881-9.
De Bruin JL et al.
PMID 20484396

国試

  • 105I059:Stanford A偽腔閉塞型急性大動脈解離。ガイドライン1では内科的治療が良いか外科的治療が良いかはどちらともいえないと記載がある。いずれにせよ、早急な降圧が重要である。
[show details]




解離性大動脈瘤」

  [★]

dissecting aortic aneurysm DAA, dissecting aneurysm of the aorta DA
剥離性大動脈瘤大動脈解離
急性大動脈解離, 解離性動脈瘤

分類

  • DeBakey
  • Stanford

病因

  • 1. 動脈硬化性
  • 2. 嚢胞性中膜壊死:特に若年者で、かつ Marfan(マルファン)症候群を合併していることが多い。

症状

PHD.354 HIM.1565
  • 突発性、激烈な前胸部痛(Stanford A型)・背部痛(Stanford B型)。移動性。
  • 血管の閉塞症状(頚動脈:意識障害、麻痺、上腸間膜動脈:悪心・嘔吐、上腹部痛、下血、腎動脈:乏尿、血尿、腸骨動脈:下肢痛、チアノーゼなど)
  • 循環器症状:血圧↑ ← 狭窄部より近位の血圧が増大する(IMD.474)
  • 消化器症状:悪心・嘔吐(痛みから交感神経刺激)
  • 腎臓:乏尿(腎血流減少、交感神経興奮)、血尿
  • 全身症状:疼痛と共にショックを起こす、発汗(交感神経刺激)
  • ARをきたした場合:(急性ARによる)呼吸困難、血痰、動悸
  • DeBakey I型・DeBakeyI II型(Stanford A型):大動脈弁閉鎖不全、脳卒中発作、鎖骨下動脈閉塞による上肢の疼痛(身体所見として左右上肢の血圧差)
  • DeBakey III型(Stanford B型):III型では肝・腎不全、消化器症状、(大動脈分岐部)背部痛、下肢の阻血(下肢の疼痛)

検査

血液検査

  • 貧血
  • 白血球数:増加
  • CRP:上昇
  • 心筋逸脱酵素

画像検査

胸部単純X線写真 + 胸部造影CT/胸部CT
  • 心電図
  • 胸部単純X線写真:縦隔陰影の拡大や胸腔内血液貯留。縦隔の拡大、カルシウムサインを認める。カルシウムサイン(血管内腔のカルシウム沈着部位)と外膜の関係から内腔の大きさを推定できる。
  • 胸部CT/胸部造影CT:解離の部位・広がり・大きさ
[show details] [show details]
  • 超音波検査
  • 経胸壁:上行大動脈瘤については解離の有無、内膜亀裂の位置、解離腔に血流があるかどうか、ARの有無や心嚢液貯留の有無(IMD)
  • 経食道心エコー検査:下行大動脈における解離腔の広がりや血流の状態(IMD)
  • 大動脈造影:大動脈弁閉鎖不全症や解離の範囲を評価できる。

治療

  • Stanford A:緊急手術
  • Stanford B:降圧療法

国試


Stanford classification」

  [★] スタンフォード分類


Stanfordによる分類」

  [★] スタンフォード分類


Stanford分類」

  [★] スタンフォード分類


Stanfordの分類」

  [★] スタンフォード分類

分類」

  [★]

taxonomy, classification





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡