スカトール

出典: meddic

skatole
3-メチルインドールβ-メチルインドール β-methylindole
トリプトファン


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/21 03:28:03」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 室内の温湿度がにおいに対する嗅覚閾値,臭気強度,快・不快度に与える影響
  • 長谷 博子,光田 恵
  • 人間と生活環境 19(1), 35-43, 2012-05
  • 本研究では,室内の温湿度がにおいに対する嗅覚閾値,臭気強度と快・不快度に及ぼす影響を官能評価により検討することを目的とした.パネルは,若年者の男性7名を対象とした.におい物質は,スカトール,イソ吉草酸,β-フェニルエチルアルコールを用いた.測定項目は,嗅覚閾値,臭気強度と快・不快度とした.嗅覚閾値は,におい物質間や温湿度条件間において,有意な差は認められなかった.スカトールは,嗅覚閾値の平均が最も …
  • NAID 110009444625
  • 家畜糞堆肥調製時の臭気対策および堆肥の新規機能性に関する研究
  • 小山 太
  • 福岡県農業総合試験場特別報告 = Special bulletin of the Fukuoka Agricultural Research Center (38), 1-68, 2012-03
  • 家畜糞堆肥は,農地の地力維持・増進のために欠かせない土壌改良資材である。一般に通気装置などが付設された堆肥化施設で調製されているが,糞尿を原料とするために施設からは多種類の臭気物質が大量に発生し,地域内のにおい環境が脅かされている。そこで,本研究では家畜糞の堆肥化に伴う臭気発生実態を明らかにするとともに特定臭気物質に対する脱臭法を検討した。また,調製した堆肥の利用拡大のためには土壌改良効果以外の新 …
  • NAID 120005330831
  • 豚脂肪中のにおい物質スカトールの調査と官能評価の検討
  • 西岡 輝美,石塚 譲,因野 要一 [他]
  • 畜産技術 (680), 20-24, 2012-01
  • NAID 40019154763

関連リンク

インドールは、おならの臭いの原因物質の1つです。 その他、腸内から放出されたガスを臭くする物質は、アンモニア・インドール・スカトール・硫化水素・アミン等があります。 臭いは、俗に言う大便臭とされる臭いで悪臭の成分 ...
スカトール (skatole) は、有機化合物の一種で、毒性のある白色結晶。ギリシア語で糞を意味する skato から命名された。

関連画像

スカトール スカトール skatole因みにインドールとスカトール 横浜市衛生研究所:苦情事例集 スカトール防臭実験ジャスミン&スカトール物質はインドールとスカトール

添付文書

薬効分類名

  • 嗅覚測定用基準臭

販売名

T&T オルファクトメーター

組成

以下40種の嗅覚測定用基準臭(各5ml)よりなる。

効能または効果

  • 嗅覚感度の判定に用いる。

,*検査法

  • T&Tオルファクトメーター(嗅覚測定用基準臭)は表のように5種のにおいからなり、それぞれにおいは5を最も濃い濃度とし順次10倍単位に5,4,3,2,1,0,-1,-2の8段階の濃度を設定したものである。しかし、Bは溶解度の点でB5濃度の調整が不可能であるため、これを欠き、代わりに無臭の対照液がセットされている。製品は各嗅覚測定用基準臭共5mlのびん詰とし、各臭毎に8種の濃度のものを箱詰め包装にしてある。
  • 幅0.7cm,長さ14cmの無臭のにおい紙を用い、検者はその一端をもち、他端を1cmほど、嗅覚測定用基準臭の中に浸してから被検者に手渡して、においをかがせる。においをかぐ要領は鼻より約1cmに基準臭を付けたにおい紙を近づける。においをかぐ場所は、出来るだけ臭気のない室内が好ましい。
  • においをかぐ順序は、Aから始めてB,C,D,Eの順にする。
  • 各嗅覚測定用基準臭は最低濃度-2から始めて、次第に強いにおいへとかがせるが、どこで初めてにおいを感じるかを被検者に言わせて、オルファクトグラムに記載してある番号の線上に○を記入する。(検知閾値)
  • 次に更に強いにおいをかがせて、それがどのにおいか又はどんな感じのにおいか分かるまで、一段一段強くしていく。被検者が下記〈においの表現法〉の正しい答(又はそれに近い表現)をした時に、オルファクトグラムに記載してある番号の線上に×を記入する。(認知閾値)



    (6)検知閾値がなかなか決まらない時にはにおい紙を3本用意して、その内1本は嗅覚測定用基準臭に、他の2本は対照液に浸して、これら3本の中でどれににおいがあるか言い当てさせる。正解を得た中で最も濃度の低いものを検知閾値とする。
  • 判定基準
  • 上記の検査によって、被検者の検知閾値及び認知閾値が記入されたオルファクトグラムから検知閾値及び認知閾値の平均値を求め、下記の基準により嗅覚の正常又は減退の程度を判定する。この場合、検知閾値の平均値より認知閾値の平均値の方が実際の生活の情況をよりよく表すので、判定には認知閾値の平均値を採用する。
    なお、最高濃度において検知または認知不能の場合は、それぞれ最高濃度に1を加えたものを閾値として計算する。



    (a,b,c,d,eは嗅覚測定用基準臭A,B,C,D,Eの検知または認知閾値の濃度を表す)

    嗅覚度と5段階評価


★リンクテーブル★
先読みトリプトファン
リンク元β-methylindole

トリプトファン」

  [★]

tryptophan Trp W
α-アミノ-β-(3-インドリル)プロピオン酸 α-amino-β-(3-indolyl)-propionicacid、2-アミノ-3-(3-インドリル)プロピオン酸 2-amino-3-(3-indolyl)-propionicacid
アミノ酸芳香族アミノ酸
  • 無極性。無電荷
  • 側鎖:
             /\
-CH2-------| ○|
     ||    |  | 
       \ / \/
         NH



β-methylindole」

  [★] スカトールβ-メチルインドール




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡