ジメチルフェニルピペラジニウム

出典: meddic

関連リンク

ヨウ化ジメチルフェニルピペラジニウム 概念ツリー: 複素環化合物 Heterocyclic Compound 複素単環化合物 1-Ring Heterocyclic Compound ピペラジン Piperazine ジメチルフェニルピペラジニウムヨウ化物 Dimethylphenylpiperazinium ( ); ...
他にテトラメチルアンモニウム(TMA)、ジメチルフェニルピペラジニウム(DMPP)。 2.自律神経節遮断薬 自律神経節において、AChによる興奮伝達を遮断する薬物を節遮断薬という。自律神経節は、交感神経と副交感神経に存在し ...
ジメチルフェニルピペラジニウム(DMPP),テトラメチルアンモニウム(TMA) →ダンプとタマは興奮 自律神経節遮断薬 ヘキサメトニウム →断っても平気さ テトラエチルアンモニウム(TEA) →茶 断ち ムスカリン様作用薬 カルバコール ...


★リンクテーブル★
リンク元アセチルコリン受容体」「dimethylphenylpiperazinium
拡張検索ヨウ化ジメチルフェニルピペラジニウム
関連記事フェニル

アセチルコリン受容体」

  [★]

acetylcholine receptor, AChR
コリン作動性受容体 (SPC.134)、Ach受容体アセチルコリン作動性受容体
アドレナリン受容体アセチルコリン

アセチルコリン受容体 (SP.412)

アセチルコリン受容体 作動薬 遮断薬 存在部位 作用
ニコチン性受容体 イオンチャネル型受容体 NN ジメチルフェニルピペラジニウム トリメタファン 自律神経節 節後細胞脱分極(fast EPSP発生)
ニコチン ヘキサメソニウム 副腎髄質 カテコールアミン分泌促進
ムスカリン性受容体 Gタンパク共役型受容体 M1 オキソトレモリン ピレンゼピン 自律神経節 節後細胞脱分極(slow EPSP発生)
ムスカリン アトロピン
M2 ムスカリン トリピトラミン 心臓 心拍数,伝導速度,心房収縮力低下
アトロピン
M3 ムスカリン ダリフェナシン 平滑筋 収縮
アトロピン 分泌腺 分泌促進


dimethylphenylpiperazinium」

  [★]

ジメチルフェニルピペラジニウム

dimethylphenylpiperazinium iodideDMPP
DMPP


ヨウ化ジメチルフェニルピペラジニウム」

  [★]

dimethylphenylpiperazinium iodide
ジメチルフェニルピペラジニウム

フェニル」

  [★]

phenylPh
フェニール




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡