ジフルプレドナート

出典: meddic

difluprednate
サイベーススチブロンソロミーナルタールフルナートプラパスタマイザー


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 犬の前部ぶどう膜炎における0.05%ジフルプレドナート乳濁点眼液と0.1%ベタメタゾン配合点眼薬の有効性に関する調査
  • 印牧 信行,市川 陽一朗,木下 徹,住吉 俊夫,浦野 岩雄,田中 一則,藤野 和彦
  • 動物臨床医学 = Journal of Animal Clinical Research Foundation 21(3), 103-108, 2012-10-20
  • NAID 10031129795
  • 犬のブドウ膜炎に対する0.05%ジフルプレドナート点眼薬の治療効果
  • 高島 一昭,山形 静夫,山根 義久
  • 動物臨床医学 = Journal of Animal Clinical Research Foundation 21(1), 12-17, 2012-03-31
  • NAID 10030539790
  • 犬の外眼部炎症性疾患に対する0.05%ジフルプレドナート点眼薬の治療効果
  • 高島 一昭,山形 静夫,山根 義久
  • 動物臨床医学 = Journal of Animal Clinical Research Foundation 20(3), 83-88, 2011-09-30
  • NAID 10029806714

関連リンク

マイザーとは?ジフルプレドナートの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。
一般名 ジフルプレドナート 成分・含量 1g中 ジフルプレドナート 0.5mg(0.05%) 性状 白色 軟膏 効能又は効果 湿疹、皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬、脂漏性皮膚炎、放射線皮膚炎、日光皮膚炎を含む)、痒疹群(蕁麻疹様苔癬 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 外用合成副腎皮質ホルモン剤

販売名

  • サイベース軟膏0.05%

組成

成分・含量(1g中)

  • ジフルプレドナート 0.5mg(0.05%)

添加物

  • ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油60、プロピレングリコール、白色ワセリン

禁忌

  • 細菌、真菌、ウイルス皮膚感染症〔感染症を悪化させるおそれがある。〕
  • 本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者
  • 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎〔穿孔部位の治癒の遅延及び感染のおそれがある。〕
  • 潰瘍(ベーチェット病は除く)、第2度深在性以上の熱傷・凍傷〔皮膚の再生が抑制され、治癒が遅延するおそれがある。〕

効能または効果

  • 湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬、脂漏性皮膚炎、放射線皮膚炎、日光皮膚炎を含む)、痒疹群(蕁麻疹様苔癬、ストロフルス、固定蕁麻疹、結節性痒疹を含む)、虫さされ、乾癬、掌蹠膿疱症、扁平紅色苔癬、ジベルばら色粃糠疹、薬疹・中毒疹、慢性円板状エリテマトーデス、紅斑症(多形滲出性紅斑、ダリエ遠心性環状紅斑、遠心性丘疹性紅斑)、特発性色素性紫斑(マヨッキー紫斑、シャンバーク病、紫斑性色素性苔癬様皮膚炎)、紅皮症、肉芽腫症(サルコイドーシス、環状肉芽腫)、円形脱毛症、アミロイド苔癬(斑状アミロイドーシスを含む)、肥厚性瘢痕・ケロイド
  • 通常1日1〜数回適量を患部に塗布する。なお、症状により適宜増減する。

重大な副作用

  • 眼瞼皮膚への使用に際しては、眼圧亢進、緑内障を起こすおそれがあるので注意すること。
    大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により、後のう白内障、緑内障等があらわれるおそれがある。

薬効薬理

生物学的同等性試験2)

  • ラットを用いたクロトン油耳浮腫抑制試験、ヒスタミン血管透過性亢進抑制試験、カラゲニン背部皮膚浮腫抑制試験及び肉芽増殖抑制試験(ペーパーディスク法)において、サイベース軟膏0.05%と標準製剤(軟膏剤、0.05%)の効力比較を行った。その結果、サイベース軟膏0.05%は著明な抗炎症作用を示し、標準製剤との比較においても両剤間に有意差は認められず、両剤の生物学的同等性が確認された。
    また、同様に、サイベースローション0.05%は著明な抗炎症作用を示し、標準製剤(クリーム剤、0.05%)との比較においても両剤間に有意差は認められず、両剤の生物学的同等性が確認された。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ジフルプレドナート (Difluprednate)

化学名

  • 6α,9-Difluoro-11β,17,21-trihydroxy-1,4-pregnadiene-3,20-dione 21-acetate 17-butyrate

分子式

  • C27H34F2O7

分子量

  • 508.55

性状

  • 本品は白色〜微黄白色の結晶又は結晶性の粉末である。
    本品はアセトニトリルに溶けやすく、エタノール(95)又は1,4-ジオキサンにやや溶けやすく、水にほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
リンク元difluprednate」「サイベース」「スチブロン」「ナルタール」「フルナート
関連記事ドナー

difluprednate」

  [★]

ジフルプレドナート

epitopic


サイベース」

  [★] ジフルプレドナート


スチブロン」

  [★] ジフルプレドナート


ナルタール」

  [★] ジフルプレドナート


フルナート」

  [★] ジフルプレドナート


ドナー」

  [★]

donor
供与体供与者提供者臓器提供者組織提供者





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡