ジクロフェナクナトリウム

出典: meddic

ジクロフェナク

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/09/11 23:03:53」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 関節痛を合併した掌蹠膿疱症に柴胡桂枝湯が有効であった症例
  • 堀田 広満,及川 哲郎,伊藤 剛,花輪 壽彦
  • Kampo Medicine 62(6), 722-726, 2011
  • ジクロフェナクナトリウム挿肛後も疼痛は緩和せず当研究所を受診した。 …
  • NAID 130002124044
  • 白内障と後発白内障の組織化学的解明
  • 向井 公一郎
  • 日本白内障学会誌 22, 5-16, 2010-06-15
  • NAID 10026622040
  • 臨床報告 プラノプロフェン使用中に発症し,ジクロフェナクナトリウムにより治癒した眼内レンズ縫着術後の嚢胞様変化の1例
  • 伊藤 理恵,加地 秀,伊藤 逸毅 [他]
  • 臨床眼科 64(5), 793-796, 2010-05-00
  • NAID 40017157527

関連リンク

ジクロフェナクNaとは。効果、副作用、使用上の注意。 熱を下げる効果、痛みを鎮める効果、炎症を抑える効果がともに強力な薬です。代表的な ジクロフェナクナトリウム製剤 は、 インドメタシン と並んで炎症を抑える効果、リウマチの ...
通常、成人はジクロフェナクナトリウムとして1日量75~100mg(3~4錠)とし原則として3回に分け経口服用する。また頓用する場合には25~50mg(1~2錠)とする。なお、空腹時の服用は避けさせることが望ましい <効能C> 【37.5mg ...

関連画像

ジクロフェナク ナトリウム )ジクロフェナクナトリウム ジクロフェナクナトリウム坐剤 ジクロフェナクナトリウム(ジ ジクロフェナクナトリウムテー ジクロフェナクナトリウム│お

添付文書

薬効分類名

  • 経皮鎮痛消炎剤

販売名

ナボールテープ15mg

組成

有効成分

  • 1枚7cm×10cm(膏体1.5g/70cm)中にジクロフェナクナトリウム15mgを含有する。

添加物

  • エステルガムHG、N?メチル?2?ピロリドン、l?メントール、ジブチルヒドロキシトルエン、スチレン・イソプレン・スチレンブロック共重合体、ポリイソブチレン、流動パラフィン、その他3成分

禁忌

(次の患者には使用しないこと)

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等により誘発される喘息発作)又はその既往歴のある患者
    [重症喘息発作を誘発するおそれがある。]


効能または効果

  • 下記疾患並びに症状の鎮痛・消炎
    変形性関節症、肩関節周囲炎、腱・腱鞘炎、腱周囲炎、上腕骨上顆炎(テニス肘等)、筋肉痛(筋・筋膜性腰痛症等)、外傷後の腫脹・疼痛
  • 1日1回患部に貼付する。

慎重投与

(次の患者には慎重に使用すること)

  • 気管支喘息のある患者
    [気管支喘息患者の中にはアスピリン喘息患者も含まれており、それらの患者では重症喘息発作を誘発するおそれがある。]


重大な副作用

接触皮膚炎

         (頻度不明)
  • 本剤使用部位に発赤、紅斑、発疹、そう痒感、疼痛の皮膚症状があらわれ、腫脹、浮腫、水疱・びらん等に悪化し、さらに全身に拡大し重篤化することがあるので、異常が認められた場合には直ちに使用を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

抗炎症作用

急性炎症

  • 1%ジクロフェナクナトリウム軟膏は、カラゲニン足蹠浮腫(ラット)、紫外線紅斑(モルモット)で、1%インドメタシン軟膏と同程度の抗炎症作用を示した。また、カラゲニン誘発炎症足中(ラット)のプロスタグランジンEの産生を有意に抑制した。19)20)


なお、本剤はカラゲニン足蹠浮腫試験(ラット)で、1%ジクロフェナクナトリウム軟膏と同等の抗炎症作用を示した。21)

亜急性・慢性炎症

  • 1%ジクロフェナクナトリウム軟膏は、マスタード足蹠浮腫(ラット)、ペーパーディスク試験(ラット)、アジュバント関節炎(ラット)で、1%インドメタシン軟膏と同程度の抗炎症作用を示した。19)22)


なお、本剤はマスタード足蹠浮腫試験(ラット)、アジュバント関節炎試験(ラット)で、1%ジクロフェナクナトリウム軟膏と同等の抗炎症作用を示した。23)

鎮痛作用

  • 1%ジクロフェナクナトリウム軟膏は、酢酸ライジング疼痛試験(マウス)、イースト疼痛試験(ラット)で、1%インドメタシン軟膏と同程度の疼痛抑制作用を示した。19)


なお、本剤はビール酵母誘発疼痛試験(ラット)で、1%ジクロフェナクナトリウム軟膏と同等の疼痛抑制作用を示した。24)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ジクロフェナクナトリウム(Diclofenac Sodium)

化学名

  • monosodium 2-(2,6-dichlorophenylamino)phenylacetate

分子式

  • C14H10Cl2NNaO2(分子量:318.13)

性状

  • 白色?微黄白色の結晶又は結晶性の粉末である。メタノール又はエタノール(95)に溶けやすく、水又は酢酸(100)にやや溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。吸湿性である。

融点

  • 280℃(分解)


★リンクテーブル★
国試過去問105I012
リンク元鎮痛,鎮痒,収歛,消炎剤」「L-メントール」「l-メントール」「ジクロフェナク
関連記事ナトリウム」「トリウム」「トリ

105I012」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105I011]←[国試_105]→[105I013

鎮痛,鎮痒,収歛,消炎剤」

  [★]

商品

</rad>


L-メントール」

  [★]

l-menthol
FK配合GSプラスターCKM散l-メントールM・M配合MS冷シップNIM配合S・M配合TM配合YM散アズレン含嗽液アーズミンうがい液アセトアミノフェンアミオダロン塩酸塩アミノマイラン配合アムロジピンODアンブロンイソジンガーグルエカベトNaエヌ・エス配合、オラロン含嗽用、ガモファーキャベジンUコーワ配合クロフェドリンS配合ゲファルナートコベニール配合ジクロフェナクナトリウムスチックゼノールAストマルコンスピロノラクトンスルカイン配合チオスターディクアノン懸濁用配合ノイダブルパッペンKパップビアサンピーマーゲン配合フッ化ナトリウム洗口液ベルサンポピヨードガーグルマズレニンガーグルマナミンTM散ミンクリアメロキシカムヤンヤン冷パップラクール冷シップラミテクトリーダイMM配合リックル配合リバレバン配合レオバクトン配合炭カル
メントール


l-メントール」

  [★]

l-menthol
FK配合GSプラスターCKM散M・M配合MS冷シップNIM配合S・M配合TM配合YM散アズレンアセトアミノフェンアミオダロン塩酸塩アミノマイラン配合アムロジピンODアンブロンイソジンガーグルエカベトNaエヌ・エス配合オラロンガモファーキャベジンUコーワ配合クロフェドリンS配合ゲファルナートコベニール配合ジクロフェナクナトリウムスチックゼノールAストマルコンスピロノラクトンスルカイン配合チオスターディクアノン懸濁用配合ノイダブルパッペンKパップビアサンピーマーゲン配合フッ化ナトリウム洗口液ベルサンポピヨードガーグルマズレニンガーグルマナミンTMミンクリアメロキシカムヤンヤン冷パップラクール冷シップラミテクトリーダイMM配合リックル配合リバレバン配合レオバクトン配合炭カル
メントール


ジクロフェナク」

  [★]

diclofenac
ジクロフェナクナトリウム diclofenac sodium
ボルタレン Voltarenアデフロニックアナバンイリナトロンサフラックサビスミンサンナックスジクロードジクロスタージクロフェナックスタフルミンソファリンソレルモンダイスパスチカタレンナボールフェナシドンブレシンプロフェナチンベギータボナフェックボラボミンボルマゲンボンフェナックメリカットヨウフェナックレクトス
Cataflam, Voltaren
非ステロイド性抗炎症薬NSAID眼科用剤


概念

  • フェニル酢酸系
  • 酸性非ステロイド性解熱消炎鎮痛薬
  • 薬剤:ジクロフェナクナトリウム
  • 強い抗炎症作用

適応

  • 有痛性・炎症性・有熱性の疾患
  • リウマチ性疾患



ナトリウム」

  [★]

sodium, natrium, Na
Na+



血液(血清)中のナトリウム (臨床検査法提要第32版)

  • 136-145 mEq/l

尿中のナトリウム

  • <20 mEq/l (正常と判断できる範囲)
  • >40 mEq/l (腎性腎不全を示唆)

Na排泄率

  • ≦1% (臨床検査法提要第32版)

尿Na,Kと血清Naによる血清Naの予測

経口摂取と輸液による自由水の摂取がなければ
尿([Na+]+[K+]) < 血清[Na+] → 血清[Na+]上昇
尿([Na+]+[K+]) = 血清[Na+] → 血清[Na+]普遍
尿([Na+]+[K+]) > 血清[Na+] → 血清[Na+]低下

食品中の食塩量

  • ほとんどの製品ラベルに記載されている、ナトリウム[g]はそのまま食塩量[g]と考えることができないので、指導する債には注意を促す。
  • 分子量から考えるとNa(23), Cl(35.5)なので、ナトリウムx[g]は食塩 x /23 * (23 + 35.5)、つまり2.54 * x [g]となる。
例えば、小生が常食している某社のインスタントラーメンにはナトリウム2[g]との記載があるが、これは5.08gの食塩が含まれているということになる。もちろんスープは全部飲む。1日3袋食べたことがあるのだが、、、

臨床関連


トリウム」

  [★]

thoriumTh
トロトラスト、232Th

概念

参考1
  • 原子番号:90
  • 元素記号:Th
  • アクチノイド元素の一つ
  • 銀白色の金属。
  • 安定同位体は存在しない。
  • 北欧神話の軍神または雷神トールにちなんで名づけられた。

同位体

参考1
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
228Th trace 1.9116 y α 5.52 224Ra
229Th syn 7340 y α 5.168 225Ra
230Th trace 75380 y α 4.77 226Ra
231Th trace 25.5 h β 0.39 231Pa
232Th 100 % 1.405 × 1010 y α 4.083 228Ra
234Th trace 24.1 d β 0.27 234Pa

参考

  • 1. wikipedia ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0


トリ」

  [★]

birdavian
鳥類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡