ジギトニン

出典: meddic

digitonin

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/05 21:00:07」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 4.ビタミンD受容体の核移行には,リガンド依存性・非依存性の2つの機構が存在する(脂溶性ビタミン総合研究委員会 第307回会議研究発表要旨)
  • 大薗恵一,道上 敏美,宮内 芳輝
  • ビタミン 78(10), 527-528, 2004-10-25
  • … このことを確かめるために, ジギトニンで処理したsemi-intact cel1を使うin vitro nuclear transport assayを用いて, VDRの核移行を検討した. …
  • NAID 110002880341
  • ポプラ懸濁培養細胞における二次代謝物生成機構
  • 佐藤 万里,井上 広喜,鴨田 重裕 [他]
  • 東京大学農学部演習林報告 (101), 123-134, 1999-06
  • … 活性酸素生成試薬としてジギトニン,ドキソルビシン,活性酸素種として過酸化水素,活性酸素消去剤としてアスコルビン酸,グルタチオン,カタラーゼを用いた。 … ジギトニン,過酸化水素を添加するとそれぞれ,ペクチナーゼ処理の約63%,15%にあたる二次代謝物の生成が見られた。 …
  • NAID 120001092895

関連リンク

ジギトニン Digitonin 販売元 和光純薬工業(株) 販売元コード 040-02123,042-02122,044-02121,048-02124 製造元 製造元コード CAS.NO 11024-24-1 分子式 C56H92O29 分子量 1229.31 保存条件 室温 適用法規 危険有害性 等級 容量 ...
ジギトニン (digitonin) sugarとは、ジギタリスの一種、Digitalis purpurea に含まれる配糖体の一種。アグリコン部位はジギトゲニンで、5個の糖ユニットと結びついている。 脂溶性部位のステロイド構造と親水性 部位の糖部位をあわせ持つこと ...

関連画像

ジギトニン模式図。細胞膜中のスフィン ジギトニン - japanese.Download]ジギトニン - japanese.剤であるジギトニンの処理



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡