ジアフェニルスルホン

出典: meddic

diaphenylsulfone DDS
ジアミノジフェニルスルホン diaminodiphenylsulfoneダプソン dapsone4,4'-diaminodiphenylsulfone
レクチゾールプロトゲン

作用

適応

添付文書

  • レクチゾール錠25mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2699003F1024_2_02/2699003F1024_2_02?view=body




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/03 10:19:06」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 肺癌,甲状腺腫,子宮筋腫を合併しジアフェニルスルホンが奏効した後天性反応性穿孔性膠原線維症
  • 岸本 和裕,岸本 晃司,高橋 和広 [他]
  • 皮膚科の臨床 50(5), 653-656, 2008-05
  • NAID 40016049192
  • 症例報告 全身性エリテマトーデスの蝶形紅斑にレクチゾールが著効した1例
  • 服部 令子,林 宏樹,室 慶直 [他]
  • 臨床皮膚科 61(9), 700-702, 2007-08
  • NAID 40015597412
  • 症例報告 二重の環状紅斑を呈したSjogren症候群の1例
  • 宮田 聡子,増澤 幹男,勝岡 憲生
  • 臨床皮膚科 61(7), 514-517, 2007-06
  • NAID 40015518591

関連リンク

レクチゾールとは?ジアフェニルスルホンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も 調べられる(おくすり110番:薬事典版)
ジアフェニルスルホン製剤の効果、副作用、使用上の注意とは? goo辞書提供の薬 検索。約7000の薬剤の情報が名前と識別コードから検索できます。
ジアフェニルスルホンとして,通常,成人1日50~100mgを2~3回に分けて経口投与 する. 2. ハンセン病. <適応菌種>: 本剤に感性のらい菌. <適応症>: ハンセン病. ジア フェニルスルホンとして,通常,成人1日75~100mgを経口投与する.原則として,他剤 と ...

関連画像

ハンセン病(医療関係者向け)ジアフェニルスルホンとは - goo ジアフェニルスルホン - Wikiped ハンセン病の歴史が伝える医療

添付文書

販売名

25mgプロトゲン錠

組成

有効成分(1錠中)

  • ジアフェニルスルホン 25mg

添加物

  • 乳糖水和物,トウモロコシデンプン,タルク,ステアリン酸マグネシウム

禁忌

  • 本剤及び類似化合物に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

<適応菌種>

  • 本剤に感性のらい菌

<適応症>

  • ハンセン病
  • ジアフェニルスルホンとして,通常,成人1日75〜100mgを経口投与する.原則として,他剤と併用して使用すること.なお,年齢,症状により適宜増減する.

慎重投与

  • 肝障害のある患者〔副作用として肝障害が報告されており,悪化させることがある.〕
  • 腎障害のある患者〔溶血を起こすおそれがある.〕
  • 血液障害のある患者〔血液障害を悪化させるおそれがある.〕
  • グルコース-6-リン酸脱水素酵素欠損症のある患者〔溶血を起こすおそれがある.〕
  • 小児(「小児等への投与」の項参照)
  • 糖尿病性ケトーシスの患者〔溶血を起こすおそれがある.〕

重大な副作用

  • (まれに:0.1%未満,ときに:0.1〜5%未満,副詞なし:5%以上又は頻度不明)

D.D.S.症候群

  • ときにD.D.S.症候群(発熱,皮疹,リンパ節腫脹,単核細胞症,肝炎等の症候群)があらわれることがあるので,観察を十分に行い,このような症状があらわれた場合には投与を中止すること.

血液障害

  • ときに無顆粒球症,溶血性貧血,白血球減少症,血小板減少,また,まれに再生不良性貧血,汎血球減少症,メトヘモグロビン血症,巨赤芽球性貧血があらわれることがあるので,定期的に血液検査を行い,異常が認められた場合には投与を中止すること.

SLE様症状

  • まれにSLE様症状があらわれることがあるので,観察を十分に行い,このような症状があらわれた場合には投与を中止すること.

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群),中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)

  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群),中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)が発現したとの報告があるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

好酸球性肺炎

  • 好酸球性肺炎があらわれることがあるので,発熱,咳嗽,呼吸困難等の呼吸器症状があらわれた場合には投与を中止し,速やかに胸部X線検査,血液検査等を実施し,適切な処置を行うこと.

腎臓

  • まれにネフローゼ症候群,腎乳頭壊死があらわれることがある.


薬効薬理

動物での作用

  • マウスを用いた実験で,M. lepraeの増殖に対して阻止作用が認められている.
    また,ジアフェニルスルホンのM. lepraeに対する作用は静菌的である3,4)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ジアフェニルスルホン,Diaphenylsulfone(JAN),Dapsone(INN)

化学名

  • 4,4'-Diaminodiphenyl sulfone(DDS)

分子式

  • C12H12N2O2S

分子量

  • 248.30

性状

  • 白色〜微黄色の結晶又は結晶性の粉末である.アセトニトリルに溶けやすく,メタノールにやや溶けやすく,エタノール(99.5)にやや溶けにくく,水にほとんど溶けない.光によって徐々に暗色となる.

融点

  • 175〜179℃

分配係数

  • 8.1(pH7,オクタノール/水系)


★リンクテーブル★
先読みdiaminodiphenylsulfone
リンク元疱疹状皮膚炎」「DDS」「dapsone」「ジアミノジフェニルスルホン」「レクチゾール
関連記事フェニル」「スルホ

diaminodiphenylsulfone」

  [★] ジアミノジフェニルスルホン

疱疹状皮膚炎」

  [★]

herpetiformis
dermatitis herpetiformis, DH
ヘルペス状皮膚炎ジューリング疱疹状皮膚炎 Duhring疱疹状皮膚炎デューリング病 Duhring disease
表皮下水疱症


要点

  • 掻痒のきわめて強い慢性再発性の紅斑や小水疱を特徴とする疾患。
  • 小水疱は環状に配置
  • HLA-B8HLA-DR3HLA-DQ2 に関与するため欧米人には多いが、日本人には非常にまれ。
  • 真皮乳頭部に顆粒状にIgAが沈着。
  • 多くの症例でセリアック病(グルテン腸症、グルテン過敏性腸炎)を合併。
  • DDS(ジアフェニルスルホン)内服が有効。

病因

病理

  • 表皮下水疱
  • 真皮上層:浮腫。好酸球浸潤による微小膿瘍(真皮乳頭部好中球微小膿瘍)。

検査

  • 蛍光抗体直接法:真皮乳頭部に顆粒状にIgA の沈着
  • 末梢血:好酸球増多。抗皮膚自己抗体は検出されない
  • HLA-B8と関連

診断

  • 多彩な皮疹、強い掻痒などの臨床症状、表皮下水疱、IgA顆粒状沈着、DDSによる症状の改善
  • 日本人には本疾患はまれ。

治療

  • DDSなどのサルファ剤
  • 無グルテン食、抗ヒスタミン薬

鑑別診断

参考

  • 画像 - Dermatitis Herpetiformis Picture
[display]http://hardinmd.lib.uiowa.edu/dermnet/dermatitisherpetiformis30.html
  • 画像 - MedlinePlus
[display]http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/imagepages/2791.htm



DDS」

  [★]


dapsone」

  [★] ジアフェニルスルホン

WordNet   license wordnet

「antibacterial drug used to treat leprosy and some kinds of skin diseases」

ジアミノジフェニルスルホン」

  [★]

diaminodiphenylsulfone
ジアフェニルスルホン

レクチゾール」

  [★] ジアフェニルスルホン


フェニル」

  [★]

phenylPh
フェニール


スルホ」

  [★]

sulfo
スルフォ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡