シロシビン中毒

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例短報 急性シロシビン中毒によるセロトニン症候群を呈したキノコ中毒の3症例
  • The Japanese journal of clinical toxicology = 中毒研究 : 日本中毒学会機関誌 29(1), 33-35, 2016
  • NAID 40020757377
  • 幻覚性キノコ ヒカゲシビレタケ (psilocybe argentepes) 中毒について-プシロシビン中毒時の自覚体験を中心に-

関連リンク

概要 シロシビンは、生合成的にトリプトファンに由来するアルカロイド(インドールアルカロイド)で、脱炭酸されたトリプトファンはトリプタミンとなり、それがインドールアルカロイドの前駆体となる。シロシビンの毒素は ...
に代表されるイボテン酸の中毒症状は、最終的に意識が消失していく傾向にあるのに対し、シロシビン中毒 では過覚醒が発現することが多い。 される。また、摂取した後も3ヵ月以内くらいは、深酒や睡眠不足などの疲労によって幻覚 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事中毒」「」「シロシビン」「ビン

中毒」

  [★]

poisoning, intoxication

中毒治療薬一覧

中毒の早期発見のための検査

SUB.403

重金属

有機溶剤

中毒一覧




毒」

  [★]

toxinpoisonpoison
毒素毒物毒を入れるトキシン


シロシビン」

  [★]

psilocybin
インドシビン indocybin


ビン」

  [★]

bottle
ビンづめ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡