シリング

出典: meddic

和文文献

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
拡張検索シリング試験
関連記事リン」「リング

シリング試験」

  [★]

Schilling test
Schilling試験シリングテストビタミンB12吸収試験 vitamin B12 absorption test
巨赤芽球性貧血ビタミンB12
[show details]
  • ビタミンB12吸収不全の診断目的に行う検査

方法

  • 放射性コバルトで標識したビタミンB12(57Co-V12)を投与し、尿中への放射性ビタミンB12の排泄を時間経過で測定。排泄が低下していれば、吸収障害と言える。

HIM.650

  • 1. 一晩絶食
  • 2. 放射線ラベルしたシアノコバラミンを経口投与
  • 3. 2時間後にコバラミン or ヒドロキシコバラミンを1mg筋肉内注射 ("flushing dose") → 過剰量投与することで、健常人では不要なビタミンB12がじゃかじゃか排泄されるはずであるが、吸収障害があれば、放射線ラベルしたシアノコバラミンは体内に大切に保持される
  • 4. 24hr urine specimenをとり、尿の放射能活性を測定する;低値であれば吸収障害があったということになる。
  • 5. 48時間後に内因子とともに2.の手順を行う。内因子が吸収障害に関わっているかを鑑別できる。
手間暇かかるので、57Coシアノコバラミン(胃酸結合型57Co・B12)と58Coシアノコバラミン(遊離型58Co・B12)を用いた方法が存在するが、日本ではこの試薬の入手はできないらしい(LAB.366)


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





リング」

  [★]

ring
弁輪




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡