ショック腎

出典: meddic

shock kidney, kidney in shock
急性尿細管壊死


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 常位胎盤早期剥離, 帝王切開後に羊水塞栓によると思われるショック・腎不全・DIC・低蛋白血症を来し, 持続血液濾過透析CHDFにて救命した2症例
  • 荻原 通,三橋 正継,森 英毅,小松 素明,今福 俊夫,佐々木 誠一,内村 英輝,神田 武志,藤本 喜展,中川 博之
  • 日本内科学会雑誌 99(10), 2532-2535, 2010-10-10
  • NAID 10027508806
  • ショック腎の早期発見と治療方針 (ショック--研究の進歩と臨床<特集>) -- (ショック治療学の進歩)

関連リンク

ショックの治療・合併症 1.ショックの病態・治療 2. 薬物ショックと麻酔薬事故 3. ショックと臓器 a. ショック腎 b. ショック肺(ARDS) c.ストレス潰瘍. ショックの定義・病態 . ショックは、大出血・心筋梗塞・敗血症などさまざまな原因で起こる。動脈圧低下を主 症状に ...

関連画像

雑種犬「風(ふう)」のひとり 治療 dic ショック 腎不全 に 対 結婚記念日だった昨日の午前中 腎臓 腎臓(断面図)12.腎臓・泌尿器 (12)急性尿細管 そこまでは、よかったんです。


★リンクテーブル★
先読み急性尿細管壊死
関連記事ショック」「

急性尿細管壊死」

  [★]

acute tubular necrosis ATN
急性腎尿細管壊死 acute kidney tubular necrosis
真性無尿
[show details]


see also BPT.565

概念

  • 臨床病理的な病態概念であり、臨床的には腎機能低下、病理的には尿細管上皮細胞の障害により形態学的に特徴づけられる。(BPT.564)
  • 急性尿細管壊死は急性腎不全の最も一般的な原因である。(BPT.564)
  • ちなみに急性腎不全をきたす他の疾患には以下のような者がある。
1. 高度の糸球体病変(RPGNなど)
2. びまん性の腎血管疾患(顕微鏡的多発血管炎、血栓性微小血管症)
3. 急性腎盂腎炎に関連した急性乳頭壊死
4. 急性薬物誘発性間質性腎炎
5. びまん性皮質壊死

病因

大きく虚血(ischemic ATN)と毒物(nephrotoxic ATN)に分けられる。

症候

  • 急性腎不全の症状:乏尿、尿毒症、


ショック」

  [★]

shock
虚脱状態
産科ショック

メジャー

心筋梗塞、致死的不整脈、心不全
心タンポナーデ収縮性心膜炎肺血栓塞栓症緊張性気胸
出血性ショック、体液喪失(熱傷)・脱水

マイナー

ショックの5P

ショックの判断

簡便

  • 収縮期血圧 90 mmHg以下

循環モニターのためのデバイス・検査項目

  • 血圧・脈拍
  • 心電図
  • 心エコー
  • 呼吸・血ガス
  • 血液検査・尿検査
  • バルーンカテーテル:残尿を排泄し、30分ごとに尿量、血圧、脈拍を測定する
  • 中心静脈圧
  • スワン・ガンツカテーテル
  • PiCCO
  • 胃トノメトリー

治療

心原性ショック 原疾患の治療
低容量性ショック 輸液、輸血、止血、昇圧剤は原則使用しない
敗血症性ショック 抗菌薬、昇圧薬、エンドトキシン吸着カラム、輸血、血糖コントロール、低容量ステロイド
神経原性ショック 輸液、昇圧薬
アナフィラキシーショック エピネフリン、輸液、抗ヒスタミン剤、ステロイド、昇圧薬、H2ブロッカー
閉塞性ショック 緊張性気胸 胸腔穿刺、胸腔ドレナージ
心タンポナーデ 心嚢穿刺、心膜開窓
肺塞栓 塞栓除去術、血栓溶解術



腎」

  [★]

kidneyrenal
腎性腎臓

漢方医学

機能

  • 1. 成長、発達、生殖能を維持する
  • 2. 骨、歯牙の形成と維持に関与
  • 3. 水分代謝を調節する
  • 4. 呼吸脳を維持する
  • 5. 思考力、判断力、集中力を維持する

失調

  • 症状:性欲減退、骨の退行性変化、歯芽の脱落、毛髪の脱落、夜間頻尿、浮腫、口渇、息切れ、精神運動の低下、視力・聴力の低下、不眠、四肢の冷え・ほてり、しびれ、小腹不仁
  • 治療方剤
  地黄 山茱萸 山薬 沢瀉 茯苓 牡丹皮 桂皮 附子 牛膝 車前子 特徴的な効能
八味地黄丸     四肢の冷え
六味丸         四肢のほてり
牛車腎気丸 四肢の冷え、下肢のむくみ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡