シュワン

出典: meddic

Schwann


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/05/02 03:31:45」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脳実質外腫瘍 (特集 頭蓋内腫瘤性病変の画像診断)
  • 戸村 則昭,笹嶋 寿郎
  • 臨床放射線 56(5), 617-624, 2011-05
  • NAID 40018839746
  • 成熟ラット由来不死化シュワン細胞株IFRS1とDRGニューロンとの共培養系の確立
  • 三五 一憲,渡部 和彦
  • 末梢神経 = Peripheral nerve 21(2), 326-327, 2010-12-01
  • NAID 10027742538

関連リンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - シュワンの用語解説 - [生]1810.12.7. ノイス[没]1882.1.11. コロネドイツの生理学者,解剖学者。ボン,ベルリン両大学で医学を学んだのち,ベルリン大学で J.ミュラーの助手をつとめる (1834~38) 。
シュワン細胞(シュヴァン細胞)は末梢神経系のグリア細胞の一つ。ドイツの生物学者Theodor Schwannにより発見された。一部の細胞はミエリンを形成する。発生期の神経細胞の生存や軸索投射、損傷後の神経回路の再生に寄与する。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元Schwann
拡張検索シュワン鞘」「シュワン細胞」「聴神経シュワン細胞腫

Schwann」

  [★]

シュワン

WordNet   license wordnet

「German physiologist and histologist who in 1838 and 1839 identified the cell as the basic structure of plant and animal tissue (1810-1882)」
Theodor Schwann


シュワン鞘」

  [★]

Schwann sheeth
シュワン細胞ミエリン鞘
  • シュワン鞘とはシュワン細胞が軸索を取り囲むようにして作る鞘のことである。
    ミエリン鞘
髄鞘
シュワン鞘
有髄神経 中枢神経 ○(シュワン細胞)  
末梢神経 ○(希突起膠細胞)
無髄神経 ×
シュワン細胞


シュワン細胞」

  [★]

Schwann cell, Schwann's cell
Schwann細胞
顆粒細胞腫神経膠細胞シュワン鞘


    ミエリン鞘
髄鞘
シュワン鞘
有髄神経 中枢神経 ○(シュワン細胞)  
末梢神経 ○(希突起膠細胞)
無髄神経 ×


聴神経シュワン細胞腫」

  [★]

acoustic schwannoma
聴神経鞘腫




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡