シュミット・ランターマン切痕

出典: meddic

[[]]
[[]]


関連リンク

用語名 シュミット・ランターマン切痕 読み仮名 シュミット・ランターマンセッコン 分野名 基礎 用語解説 【概要】 ・髄鞘のところどころに見られる、線維の方向に対して斜めの方向に走る切れ目のこと。・ランヴィエの絞輪と似て ...
神経細胞の構造 シュミット・ランターマン切痕 † 髄鞘の所々にみられ,神経線維の方向に対して斜めの方向に走る切れ目。この部にはシュワン細胞の細胞質が存在する

関連画像

有髄神経線維に見られる特殊 図3.長軸方向に切った髄鞘の シュミット ラン ターマン 切 Rauber Kopsch Band1. Abb-128図129 ] 軸索の構造 (Betheによる 4)活性化ミクログリアに発現


★リンクテーブル★
関連記事切痕

切痕」

  [★]

notch, incisure
incisura





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡