シュニッツラー転移

出典: meddic

Schnitzler metastasis
Schnitzler転移


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - シュニッツラーの転移の用語解説 - 胃癌は進行すると,漿膜から直接腹腔内へ癌細胞が散らばったり,リンパや血液の流れにのって他の部位へ転移することがある。とくに,左鎖骨上窩リンパ節への転移を ...
第103回 胃癌についての組合せで正しいのはどれか。 1. 腎臓転移 Wilms〈ウィルムス〉腫瘍 2. 肝臓転移 Schnitzler〈シュニッツラー〉転移 3. 卵巣転移 Krukenberg〈クルッケンベルグ〉腫瘍 4. 胃周囲リンパ節転移 Virehow ...
また子宮と直腸の間のくぼみのダグラス窩に胃がんが転移したものは「シュニッツラー転移」と呼ばれます。 「クルーケンベルグ腫瘍」、「シュニッツラー転移」は人命のついた女性独特の遠隔転移ですが、予後 不良となり手術の ...

関連画像

Home> 胃グループ > 早期胃がん 胃全摘術: 胃がんが全体に 胃がんの3大転移少しはみんなのためになった


★リンクテーブル★
リンク元癌性腹膜炎」「Schnitzler転移」「Schnitzler metastasis
関連記事転移

癌性腹膜炎」

  [★]

peritonitis carcinomatosa
腹膜癌症 腹膜癌腫症 peritoneal carcinomatosis
腹膜播種シュニッツラー転移

概念

  • 癌の腹腔内への播種により多数の結節を腹膜に生じ、漿液性/血性腹水を貯留した病態

治療

  • 対症療法

予後

  • 予後不良


Schnitzler転移」

  [★] シュニッツラー転移


Schnitzler metastasis」

  [★] シュニッツラー転移

転移」

  [★]

腫瘍の転移

metastasis
metastatic potentialskip metastasismetastatic disease


原発 転移
リンパ節が最多。肝臓、胸膜、対側肺、副腎、心膜、骨(肋骨、椎骨)、大脳(圧迫症状出現)
遠隔転移:肺内>骨>脳>肝>副腎
小細胞癌が最も転移しやすい。
分化型:血行性に肝臓、未分化型:腹膜播種
大腸 肝臓、肺
卵巣 腹腔内播種、リンパ性転移(後腹膜)。血行性は希
腎臓 肺>骨>肝。副腎もありうる。能は多くない。
骨肉腫 肺>骨
発見時に10-20%の症例で肺転移。
  • 転移性脳腫瘍は原発巣が肺であることが最も多い、らしい。
  • 転移性の硬膜外腫瘍は原発巣が肺癌>乳癌>リンパ腫



精神医学

transference
感情転移

分子遺伝学の転移(トランスポゾン)

transposition





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡