シャーガス病

出典: meddic

Chagas disease, Chagas' disease
Chagas病
アメリカトリパノソーマ病 アメリカ・トリパノソーマ症 American trypanosomiasis、スキゾトリパノソーマ症 schizotrypanosomiasis、ブラジル・トリパノソーマ症 Brazilian trypanosomiasis、シャーガス-クルース病 Chagas-Cruz disease
トリパノソーマ属原虫

特徴

ウイルス学

病原体

疫学

  • 南アメリカ、中央アメリカ

潜伏期間

感染経路

症状

  • 原虫侵入部の腫脹と領域リンパ節の腫脹
  • (眼の結膜)ロマニャ徴候
  • 全身への移行:筋組織を好む
乳児では脳炎、心筋炎が重症化しやすい
  • 脳:脳炎
  • 心臓:不整脈、拡張型心筋症
  • 筋肉:心筋炎


合併症

経過

  • 無症状期:10-20年の無症状期
  • 発症  :抗体陽性者の半数以上が心症状(拡張型心筋症)、消化器症状(巨大食道、巨大結腸)を呈する

治療

検査

予防

-Chagas病


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/02/04 00:10:05」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 中米シャーガス病媒介虫対策の現状
  • 諸外国の保健・医療・看護事情(10)非医療職にもできた国際保健協力--グアテマラ・シャーガス病対策キャンペーンの経験から
  • 自治医科大学医動物学教室で4年間(2003-2006)に経験した寄生虫・衛生動物関連症例の検討
  • 松岡 裕之,平井 誠,吉田 栄人,新井 明治
  • 自治医科大学紀要 30, 1-9, 2007-12-01
  • 自治医科大学医動物学教室で4年間(2003-2006)に照会を受けた,寄生虫・衛生動物関連症例について検討を行なった。照会総件数は118件で,学内から57件(48.3%),学外から61件(51.7%)であった。うち実際に寄生虫が感染していた症例は33件であった。頻度の高かった疾患は,日本海裂頭条虫症8例,マラリア6例,回虫症4例,ランブル鞭毛虫症3例,鞭虫症3例などであった。輸入寄生虫症と考えられ …
  • NAID 110006624959

関連リンク

ウィキペディアは医学的助言を提供しません。免責事項もお読みください。 シャーガス病 (シャーガスびょう、英: Chagas' disease)は、原虫 Trypanosoma cruzi の感染を原因 とする人獣共通感染症。アメリカトリパノソーマ病とも呼ばれる。 目次. 1 病原体; 2 疫学 ...
シャーガス病は,クルーズトリパノソーマによる感染症で,サシガメ類昆虫の刺咬により 伝播する。症状は皮膚病変または一側性眼窩周囲浮腫で始まり,発熱,倦怠,全身性 のリンパ節腫脹,および肝脾腫大に進行し,一部の症例では慢性心筋症,巨大食道, ...

関連画像

シャーガス病シャーガス病の画像 p1_23シャーガス病の症状・治療 Documented; A Virginia boy Chagas diシャーガス病の画像 p1_22シャーガス病シャーガス病の画像 p1_27シャーガス病の画像 p1_26


★リンクテーブル★
先読みAmerican trypanosomiasis
リンク元100Cases 55」「輸入感染症」「比較的徐脈」「顧みられない熱帯病」「媒介動物
関連記事」「ガス

American trypanosomiasis」

  [★]

アメリカトリパノソーマ症Americanトリパノソーマ症

Chagas diseaseChagas' disease

100Cases 55」

  [★]

ヒントタイトルに騙されるな!
45歳 女性
主訴肺炎
現病歴過去6ヶ月の間、咳、発熱、および膿性痰をともなう3回のエピソードがあった。このうち1回のエピソードでは、右側の胸膜炎性胸痛があった。一連エピソードgeneral practitioner外来治療していた。これらのエピソードに加え、5年間嚥下困難既往がある。嚥下困難最初中等度であったが、だんだんと増悪している。食べ物が胸骨後部の下方に刺さる様だと言っている。どういう固形物であってもこのような症状がでる。体重過去2ヶ月で5kg減少した。嚥下困難は食事中に改善することがあるようだ。最近、形のはっきりとした食物嘔吐する問題を抱えている。
 3年前外来施行した上部消化管内視鏡では問題は認められなかった。器質的問題がないことが保証されたが、症状はひどくなってきた。排尿障害はない。便秘傾向があるが、最近少し悪くなってきた。
既往歴:無し
家族歴:無し
社会歴:10年前まで4年間アメリカ合衆国の北西の沿岸部にすんでいた。店員として働いている。
嗜好歴:喫煙なし。飲酒は週に5units以下。
服用薬:
身体所見 examination
 やせて見える。右の肺底部crackleを認める。心血管系消化器系、およびそのほかの臓器系に異常を認めない。
検査所見 investigations
 胸部単純X線写真(供覧)
問題
 診断名は?
 どうやって診断をつけるの?
答え
 噴門部アカラシア
嚥下障害の鑑別疾患
DIF.125
嚥下というのは喉頭咽頭食道機能で、1)機械的閉塞(ex. 腫瘍)、2)生理的閉塞(ex. 偽球麻痺)により機能障害される。
機械的閉塞 喉頭咽頭、あるいは食道自体の内的な疾患と周辺臓器の外的な疾患を考える。VINDICATEが有効。
V vascular 大動脈瘤、心拡大
I inflammatory 喉頭炎扁桃炎食道炎縦隔炎。 infection シャーガス病
N neoplasm 食道と気管の癌腫(carcinoma)、縦隔の皮様嚢腫
D degenerative and deficiency Plummer-Vinson syndrome(鉄欠乏性貧血)
I intoxication アルカリ狭窄(lye stricture)
C congenital and acquired 食道閉鎖症(esophageal atresia)、食道憩室
A autoimmune 強皮症
T trauma 食道破裂
E endocrine 甲状腺腫大(endemic goiter(風土病としての甲状腺腫)、グレーブス病)
生理的閉塞 神経から筋肉にいたるまでの障害であり、この経路を想像しながら鑑別を上げていく。
1. end organ 緊張性ジストロフィー、皮膚筋炎アカラシアびまん性食道痙攣
2. 神経筋接合部 重症筋無力症
3. 下位運動ニューロン 急性灰白髄炎ジフテリア性神経炎、脳幹における感染症もしくは腫瘍
4. 上位運動ニューロン 偽性球麻痺(脳梗塞脳塞栓脳出血多発性硬化症認知症、びまん性脳動脈硬化症)、パーキンソン病や他の錐体外路症状を呈する疾患


輸入感染症」

  [★]

afferent infection disease, imported infectious disease
旅行者感染症?、輸入伝染病 imported communicable disease


定義

  • 日本に存在しない伝染病が旅行者や輸入食品などによって国内に持ち込まれたもの

↓拡張

  • 過去に日本で存在したが激減した急性伝染病、性感染症を含む。

疫学

  • 旅行者下痢症(30-80%)、マラリア、急性呼吸感染症、消化器感染症、性感染症

輸入感染症

テーブルが載っている
症状 潜伏期間 主な疾患
下痢(±発熱) 短い(1週間以内) 細菌性赤痢コレラ旅行者下痢症
比較的長い・長い(1~2週間またはそれ以上) アメーバ赤痢ランブル鞭毛虫症ジアルジア症)、クリプトスポリジウム症回虫症鉤虫症糞線虫症条虫症住血吸虫症
発熱(±発疹) 短い(1週間以内) デング熱黄熱紅斑熱ペストサルモネラ症
比較的長い(1~2週間) ウイルス性出血熱ラッサ熱エボラ出血熱マールブルグ病など)日本脳炎急性灰白髄炎ポリオ)、ツツガ虫病腸チフスパラチフスブルセラ症マラリアトリパノソーマ症アフリカ睡眠病シャーガス病
長い(2週間以上) 各種肝炎(A,B,C,E型)、マラリア熱帯熱マラリア以外)、アメーバ性肝膿瘍カラアザール内臓リーシュマニア症
発疹(+発熱) 短い(1週間以内) デング熱紅斑熱
比較的短い(1~2週間) ウイルス性出血熱ツツガ虫病腸チフスパラチフス
皮膚炎/移動性皮膚腫瘤 皮膚リーシュマニア症オンコセルカ症鉤虫症顎口虫症旋毛虫


比較的徐脈」

  [★]

relative bradycardia
relative sinus bradycardia?、相対的徐脈相対性徐脈
熱型徐脈


定義

  • QB.H-165では体温1℃の上昇につき脈拍が8-10/分上昇するのが正常であるが、脈拍の上昇幅がこれいかのものを比較的徐脈としている。
  • 参考1では体温に対して一義的に脈拍を決めている

病因

  • 重症感染症で心拍数の調節が失われる、らしい(要調査)。

原因疾患

参考

  • 1. 比較的徐脈の定義
[display]http://pulmonary.exblog.jp/13451923
Cunha BA: Diagnostic significancer of relative bradycardia. Infect Dis Pract 21: 38-40, 1997.
  • 2. [charged]洞徐脈 - uptodate [1]


顧みられない熱帯病」

  [★]

neglected tropical diseases, NTDs


neglected tropical diseases

other 'neglected' conditions

参考

[display]http://www.who.int/neglected_diseases/diseases/en


媒介動物」

  [★]

vector
媒介物、媒介者、ベクタベクターベクトル


病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患


ガス」

  [★]

gas
気体




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3