シナプトタグミン

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 3P227 リポソーム系を用いたシナプトタグミンによるマスト細胞開口放出に関与するSNAREの膜融合制御(生体膜・人工膜-ダイナミクス,第48回日本生物物理学会年会)
  • Nagai Yumiko,Tadokoro Satoshi,Hirashima Naohide
  • 生物物理 50(SUPPLEMENT_2), S185, 2010-08-15
  • NAID 110008103159
  • 重症筋無力症の進歩 : シナプスの構造・機能と多様な抗体を中心として
  • 2. ラット味覚乳頭の味蕾におけるシナプトタグミン1の発現(1月例会講演抄録)
  • 河野 亮子
  • 九州齒科學會雜誌 : Kyushu-Shika-Gakkai-zasshi 60(1), 40, 2006-03-25
  • NAID 110006420873

関連リンク

図2 シナプトタグミンの構造 シナプトタグミンはN末端側に膜貫通領域を持つ1回膜貫通型の膜タンパク質で、C末端側の細胞質領域にはC2領域と呼ばれるタンパク質モチーフを2つ持っている(N末端側から、内腔領域、膜貫通領域 ...
Rab結合タンパク質(Rabエフェクター)、SMタンパク質、Complexinとシナプトタグミンは、SNAREを介した膜融合に関わるが、アトラスチンは、SNARE経路とは独立であると考えられる。 Rab結合タンパク質(Rab Rab ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事タグ

タグ」

  [★]

標識目印タグをつける




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡