シトクロムc1

出典: meddic

[[]]
[[]]



関連リンク

呼吸鎖電子伝達系の複合体 Ⅲ (ユビキノール-シトクロム c 還元酵素、シトクロムbc1複合体 )のシトクロム c 1 サブユニット(分子量 27,900 、ウシミトコンドリア)で、親水性のへム c 1 ( heme c 1 )ドメインとC末端側の1個の膜貫通へ ...
シトクロム(英: cytochrome [※ 1] [※ 2],cyt)は、酸化還元機能を持つヘム鉄を含有する、ヘムタンパク質の一種である。1886年にMacMunnによって存在が指摘され、1925年にKeilinによって酸化還元機能を持ち好気呼吸に重要な役割を持つ ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元シトクロムc」「チトクロムc1
関連記事シトクロム」「C1」「クロム」「c

シトクロムc」

  [★]

cytochrome ccyt c
チトクロムcシトクロームcチトクロームc
シトクロム電子伝達系
[show details]


  • ミトコンドリア電子伝達系で酸化的リン酸化に関与。
  • ミトコンドリア内膜の外表面に存在。表在性膜タンパク。複合体IIIと複合体IVの間を移動して電子を運ぶ。 (FB.341)
  • ヘムは内膜に埋もれており、膜間部に出ている部分にはLys基が存在することが特徴
  • 複合体IIIのシトクロムc1から電子を受け取り、複合体IVに電子を受け渡す。


チトクロムc1」

  [★]

cytochrome c1
シトクロムc1

シトクロム」

  [★]

cytochrome,
チトクロム


  • 全ての生物に存在する
  • 細胞内で酸化還元に関与しているヘム蛋白質で、ヘム鉄を有する。
  • Fe2+⇔Fe3++e-
  • CYP b5:脂肪酸の不飽和化
  • CYP P450:モノオキシゲナーゼ


C1」

  [★]



クロム」

  [★]

chromiumchromeCr
クロム中毒



c」

  [★]




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡