シトクロムc酸化酵素法

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

シトクロム c 酸化酵素、亜酸化窒素還元酵素にみられる CuA 部位の. Cu2S2 コアの 電子構造の起源の理論的解明. (阪大蛋白研 1・阪大院基礎工 2)○鷹野 優 1・重田育 照 1,2・奥山折緒 1・. 小泉健一 1・中村春木 1. 【序】CuA部位はシトクロムc 酸化酵素や ...


★リンクテーブル★
関連記事シトクロムc」「酵素」「C」「シトクロム」「

シトクロムc」

  [★]

cytochrome ccyt c
チトクロムcシトクロームcチトクロームc
シトクロム電子伝達系
[show details]


  • ミトコンドリア電子伝達系で酸化的リン酸化に関与。
  • ミトコンドリア内膜の外表面に存在。表在性膜タンパク。複合体IIIと複合体IVの間を移動して電子を運ぶ。 (FB.341)
  • ヘムは内膜に埋もれており、膜間部に出ている部分にはLys基が存在することが特徴
  • 複合体IIIのシトクロムc1から電子を受け取り、複合体IVに電子を受け渡す。



酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」


シトクロム」

  [★]

cytochrome,
チトクロム


  • 全ての生物に存在する
  • 細胞内で酸化還元に関与しているヘム蛋白質で、ヘム鉄を有する。
  • Fe2+⇔Fe3++e-
  • CYP b5:脂肪酸の不飽和化
  • CYP P450:モノオキシゲナーゼ


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡