シトクロムcペルオキシダーゼ

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/07/14 05:03:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

・シトクロムcペルオキシダーゼ 電子供与体としてシトクロムc選択的 活性部位が立体的に遮蔽 可溶性で精製しやすいためシトクロムc酸化酵素のモデル ・グルタチオンペルオキシダーゼ セレノシステインを含む酵素 グルタチオンを電子 供与 ...
... 部位が立体的に遮蔽された場所にあり、他の分子は十分に近づけないからである。なお、シトクロムcペルオキシダーゼ は可溶性で精製しやすいので、シトクロムc酸化酵素のモデルとして研究されている。 注目アイテム ↑セクションの ...
... 部位が立体的に遮蔽された場所にあり、他の分子は十分に近づけないからである。なお、シトクロムcペルオキシダーゼ は可溶性で精製しやすいので、シトクロムc酸化酵素のモデルとして研究されている。 [編集] 生体内での役割 の (O 2 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事シトクロムc」「C」「シトクロム」「ペルオキシダーゼ」「cs

シトクロムc」

  [★]

cytochrome ccyt c
チトクロムcシトクロームcチトクロームc
シトクロム電子伝達系
[show details]


  • ミトコンドリア電子伝達系で酸化的リン酸化に関与。
  • ミトコンドリア内膜の外表面に存在。表在性膜タンパク。複合体IIIと複合体IVの間を移動して電子を運ぶ。 (FB.341)
  • ヘムは内膜に埋もれており、膜間部に出ている部分にはLys基が存在することが特徴
  • 複合体IIIのシトクロムc1から電子を受け取り、複合体IVに電子を受け渡す。



C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」


シトクロム」

  [★]

cytochrome,
チトクロム


  • 全ての生物に存在する
  • 細胞内で酸化還元に関与しているヘム蛋白質で、ヘム鉄を有する。
  • Fe2+⇔Fe3++e-
  • CYP b5:脂肪酸の不飽和化
  • CYP P450:モノオキシゲナーゼ


ペルオキシダーゼ」

  [★]

peroxidase Poase PO


  • 過酸化水素を分解する酸化還元酵素。



cs」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「case[s]」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡