シトクロムc

出典: meddic

cytochrome ccyt c
チトクロムcシトクロームcチトクロームc
シトクロム電子伝達系
[show details]



  • ミトコンドリア電子伝達系で酸化的リン酸化に関与。
  • ミトコンドリア内膜の外表面に存在。表在性膜タンパク。複合体IIIと複合体IVの間を移動して電子を運ぶ。 (FB.341)
  • ヘムは内膜に埋もれており、膜間部に出ている部分にはLys基が存在することが特徴
  • 複合体IIIのシトクロムc1から電子を受け取り、複合体IVに電子を受け渡す。



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/03/07 15:17:20」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 20pAB-10 シトクロームc酸化酵素のプロトン輸送機構 : 経験的原子価結合法による研究(20pAB 生物物理,領域12(ソフトマター物理,化学物理,生物物理))
  • 山下 雄史
  • 日本物理学会講演概要集 67(2-2), 339, 2012-08-24
  • NAID 110009602533
  • 1PT149 PPC, DSCのコンビネーション解析により明らかになったシトクロムcの新規多状態熱転移(日本生物物理学会第50回年会(2012年度))
  • Nakamura Shigeyoshi,Kidokoro Shun-ichi
  • 生物物理 52(SUPPLEMENT_1), S94, 2012-08-15
  • NAID 110009584988
  • 1E1522 シトクロムcに対する尿素効果の自由エネルギー解析(蛋白質-物性I,口頭発表,日本生物物理学会第50回年会(2012年度))
  • Karino Yasuhito,Matubayasi Nobuyuki
  • 生物物理 52(SUPPLEMENT_1), S28, 2012-08-15
  • NAID 110009584641
  • 1B1558 シトクロームc酸化酵素のプロトンポンプ機構に関する分子動力学シミュレーションによる研究(蛋白質-構造機能相関I,口頭発表,日本生物物理学会第50回年会(2012年度))

関連リンク

シトクロムc(cytochrome c、cyt c)は、ミトコンドリアの内膜に弱く結合しているヘム タンパク質の一種である。タンパク質のシトクロムcファミリーに属する。他のシトクロムと異なり可溶性(100 g/L)で、電子伝達系において不可欠な ...
シトクロムc(cytochrome c、cyt c)は、ミトコンドリアの内膜に弱く結合しているヘム タンパク質の一種である。タンパク質のシトクロムcファミリーに属する。他のシトクロムと異なり可溶性(100 g/L)で、電子伝達系において不可欠な ...
「シトクロムc」に関連する人気のQ&Aのランキング。みんなが知りたい「シトクロムc」にまつわる質問・疑問のおすすめをまとめています。気になる1位のQ&Aは…?

関連画像

チトクロム c チトクローム c 036: シトクロムc (Cytochrome c シトクロムcの立体構造(PDB:451C 、シトクロムcからシトクロムc 036: シトクロムc (Cytochrome c ヘム c をもつシトクロム cシトクロム c オキシダーゼ シトクロムcとは - goo Wikipedia


★リンクテーブル★
リンク元電子伝達系」「チトクロームc」「シトクロームc」「チトクロームC」「cyt c
拡張検索シトクロムc酸化酵素」「NADPH-シトクロムc還元酵素」「シトクロムc'」「シトクロムc還元酵素
関連記事C」「シトクロム」「cs」「クロム」「c

電子伝達系」

  [★]

electron transport chain, electron transport system, electron-transport system, electron-transfer system
電子


電子伝達系

分子

還元力のキャリアー

酵素複合体

  • 複合体I
CoQによるNADHの酸化を触媒
  • 複合体III
シトクロムcによるCoQの酸化を触媒
  • 複合体IV
電子受容体O2による還元型シトクロムcの酸化を触媒
  • 複合体II
CoQによるFADH2の酸化を触媒

反応

  • 正味の反応:
NAD+ + 2H+ + 2e- ⇔ NADH ΔE = -0.315V
反応は左に進む
1/2O2 + 2H+ + 2e- ⇔ H2O ΔE = 0.815V
反応は右に進む
  • NADH + 1/2O2 + H+ ⇔ H2O + H2O ΔE = 1.130V
ΔG゚'=-nFΔE゚' ゆえに ΔG゚' = -218kJ/mol。ATP合成には30.5kJ/mol必要
  • 1モルのNADHの酸化により約3ATPを合成できる

阻害薬 (FB.337)



チトクロームc」

  [★]

cytochrome c
チトクロムcシトクロムcシトクロームc

シトクロームc」

  [★]

cytochrome c
チトクロムcシトクロムcチトクロームc

チトクロームC」

  [★]

cytochrome c
シトクロムc
チトレスト

cyt c」

  [★]

cytochrome c

シトクロムc酸化酵素」

  [★]

cytochrome c oxidase, electron transport complex IV
シトクロムcオキシダーゼシトクロム酸化酵素 cytochrome oxidaseシトクロムオキシダーゼチトクロムc酸化酵素電子伝達複合体IV複合体IV complex IVシトクロムaa3 cytochrome aa3インドフェノラーゼ indophenolaseインドフェノール酸化酵素 indophenol oxidase

臨床関連

  • intelectual deterioration, weakness, ataxia, seizures, and death at a young age


NADPH-シトクロムc還元酵素」

  [★]

NADPH-cytochrome c reductase
NADPH-シトクロムP-450還元酵素

シトクロムc'」

  [★]

cytochrome c'
チトクロムc'


シトクロムc還元酵素」

  [★]

cytochrome c reductase

C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」

シトクロム」

  [★]

cytochrome,
チトクロム


  • 全ての生物に存在する
  • 細胞内で酸化還元に関与しているヘム蛋白質で、ヘム鉄を有する。
  • Fe2+⇔Fe3++e-
  • CYP b5:脂肪酸の不飽和化
  • CYP P450:モノオキシゲナーゼ


cs」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「case[s]」

クロム」

  [★]

chromiumchromeCr
クロム中毒



c」

  [★]




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡