シタラビンオクホスファート

出典: meddic

シタラビンcytarabine ocfosphate

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 高齢者血液悪性腫瘍患者に対するCytosine arabinoside (Ara-C)およびCytarabine ocfosfate (SPAC)投与時のAra-C血漿濃度の検討
  • 堤 久 [他],熊川 寿郎,平井 真希子,菊川 昌幸,有江 由依子,森 眞由美,幸道 秀樹,中村 典子,村井 義郎,水谷 良子
  • 日本老年医学会雑誌 32(3), 190-194, 1995-03-25
  • NAID 10009414263

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 抗悪性腫瘍剤

販売名

スタラシドカプセル50

組成

  • スタラシドカプセル50は、1カプセル中に次の成分を含有する。

有効成分・含有量

  •   シタラビンオクホスファート水和物 51.5mg
      (無水物として)             (50mg)

添加物

  • ヒドロキシプロピルセルロース、D-マンニトール、炭酸ナトリウム水和物、ステアリン酸マグネシウム

    (カプセル本体) ラウリル硫酸ナトリウム、赤色3号、青色1号

禁忌

  • 本剤に対し重篤な過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • ●成人急性非リンパ性白血病(強力な化学療法が対象となる症例にはその療法を優先する。)
  • シタラビン オクホスファートとして、1日100〜300mgを2〜3週間連続経口投与し、2〜3週間休薬する。これを繰り返す。なお、投与量は疾患、症状等により適宜増減する。本剤の投与時期は食後とし、1日1〜3回に分けて服用する。
  • ●骨髄異形成症候群(Myelodysplastic Syndrome)
  • シタラビン オクホスファートとして、1日100〜200mgを2〜3週間連続経口投与し、2〜3週間休薬する。これを繰り返す。なお、投与量は疾患、症状等により適宜増減する。本剤の投与時期は食後とし、1日1〜3回に分けて服用する。

慎重投与

  • 骨髄抑制のある患者

[骨髄抑制を増悪することがある。]

  • 感染症を合併している患者

[骨髄抑制により、感染症を増悪させることがある。]

  • 薬物過敏症の既往歴のある患者
  • 肝障害のある患者

[代謝機能等が低下しているので、副作用が強くあらわれることがある。]

  • 高齢者

[「高齢者への投与」の項参照]

  • 小児

[「小児等への投与」の項参照]

重大な副作用

汎血球減少(0.8%)等の骨髄抑制

  • 汎血球減少、貧血、血小板減少、白血球減少、顆粒球減少等があらわれることがあるので、頻回に血液検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には減量、休薬、中止等の適切な処置を行うこと。

間質性肺炎

(0.3%)

  • 発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常、好酸球増多等を伴う間質性肺炎があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与など適切な処置を行うこと。

薬効薬理

抗腫瘍作用3,4)

  • 本剤は、経口投与で、L1210白血病をはじめとする各種マウス腫瘍に延命効果を示す。この効果は投与スケジュールに依存せず総投与量に依存する。

また、マウスP388白血病でアドリアマイシン、ダウノマイシン、マイトマイシンC、シスプラチン又はビンクリスチンとの2剤同時併用で顕著な相乗効果を示した。

作用機序5)

  • 本剤は、ara-Cのプロドラッグであり、体内で活性代謝物のara-Cに代謝された後、腫瘍細胞内でara-CTPとなり、DNAポリメラーゼを阻害することにより抗腫瘍作用を示す。

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • シタラビン オクホスファート水和物 (Cytarabine Ocfosphate Hydrate)

化学名:

  • 4-amino-1-β-D-arabinofuranosyl-2(1H )- pyrimidinone 5'-(sodium octadecyl phosphate)monohydrate

分子式:

  • C27H49N3NaO8P・H2O

分子量:

  • 615.67
  • シタラビン オクホスファート水和物は、白色の結晶又は結晶性の粉末である。

水又はメタノールに溶けやすく、エタノール(95)に溶けにくく、ジエチルエーテルにはほとんど溶けない。 ■


★リンクテーブル★
リンク元cytarabine ocfosphate
関連記事シタラビン」「ビン」「タラ

cytarabine ocfosphate」

  [★] シタラビンシタラビンオクホスファート


シタラビン」

  [★]

cytarabine,Ara-C, ara-C
シトシンアラビノシド cytosine arabinosideアラビノシルシトシン arabinosylcytosine
シタラビンオクホスファート cytarabine ocfosphate塩酸シタラビン cytarabine hydrochloride
キロサイドスタラシドサイトサール CytosarTarabine
cytarabine HC1代謝拮抗剤

適応

副作用

添付文書

  • キロサイドN注400mg/**キロサイドN注1g
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4224401A6037_1_08/4224401A6037_1_08?view=body




ビン」

  [★]

bottle
ビンづめ


タラ」

  [★]

cod
タラ目




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡