シス配列

出典: meddic

cis configuration

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • シロイヌナズナにおける葯特異的遺伝子のプロモーター解析
  • 川辺 隆大,長部 謙二,藤本 龍
  • 新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University 65(1), 31-37, 2012-09
  • … また、塩基配列の解析では葯/花粉特異的遺伝子の発現に必要とされるシス配列が多く含まれていたことから、これらのシス配列が葯特異的に発現誘導していることが示唆された。 …
  • NAID 120005332256
  • シロイヌナズナにおける葯特異的遺伝子のプロモーター解析
  • 川辺 隆大,長部 謙二,藤本 龍,川辺 隆大,長部 謙二,藤本 龍
  • 新潟大学農学部研究報告 65(1), 31-37, 2012-09
  • … また、塩基配列の解析では葯/ 花粉特異的遺伝子の発現に必要とされるシス配列が多く含まれていたことから、これらのシス配列が葯特異的に発現誘導していることが示唆された。 …
  • NAID 120005285467
  • 70 硫酸イオントランスポーターSULTR1;2の硫黄栄養応答シス配列(関東支部講演会,2007年度各支部会)
  • 丸山 明子,中村 有美子,高宗 万希子,斉藤 和季,高橋 秀樹
  • 日本土壌肥料学会講演要旨集 (54), 290, 2008-09-09
  • NAID 110007457226

関連リンク

栄養・生化学辞典 - シス調節配列の用語解説 - シス配列,シス作用配列ともいう.遺伝子の近傍にあって,その部分に調節 ...
栄養・生化学辞典 - シス配列の用語解説 - →シス調節配列

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事配列」「

配列」

  [★]

sequencearrangementarrayconstellationarrangesequential
協定経時的系列結果シークエンスシーケンス順序準備筋道整列取り計らう配置配列決定連続連続的逐次結果としての時系列並べるアレイ順次整理


PHP関数

array_unique()

	for ( $i = 0 ; $i < 5 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 1;
	}
	for ( $i = 5 ; $i < 15 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 2;
	}
	for ( $i = 15 ; $i < 20 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 3;
	}

	$a['w'][5]=100;
	$a['w'][15]=100;

var_dump($a);
	$b = array_unique($a['w']); #配列 重複キー 消去

var_dump($b);

-----
array(2) { 
	["w"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [5]=> int(100) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [15]=> int(100) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 
	["m"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(1) [1]=> int(1) [2]=> int(1) [3]=> int(1) [4]=> int(1) [5]=> int(2) [6]=> int(2) [7]=> int(2) [8]=> int(2) [9]=> int(2) [10]=> int(2) [11]=> int(2) [12]=> int(2) [13]=> int(2) [14]=> int(2) [15]=> int(3) [16]=> int(3) [17]=> int(3) [18]=> int(3) [19]=> int(3) } } 

array(18) {
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 

配列の要素の除去

array_pop

  • 配列のインデックスから、末尾にあるインデックス1つを取り除く。指定した変数の配列が空だった場合には、null が帰される。

配列の結合

  • 1. +演算子。同じキーを上書きする。
  • 2. array_push(array, array)とすると、出力が array([0]->array, [1]->array)になる。
  • 3. array_match(out_array, add_array)これでokだが、add_array = array();だとエラーが起こるので、適当なトラップが必要。 ← array_mergeの間違えでしょ?

配列要素の結合

$str = implode('/',$array);

配列の要素表示

  • var_dump()
  • print_r();


列」

  [★]

rowtiertrain
作条訓練、層、



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡