シス作用要素

出典: meddic

cis-acting element

関連リンク

コノ第三ノ構成要素ハUPエレメントト呼バレル。UPエレメントハRNAポリメラーゼノα サブユニットノC末端ドメインニヨッテ認識サレル。 一方,転写ノ終了ヲ調節スル配列ヲ ターミネーター(terminater)トイウ。コレラノ信号ハシスニ作用 ...
この過程を調節するシス作用性DNA要素の構成は、この種の調節が行われるしくみのモデルと考えられる。第三染色体上のchorion遺伝子クラスターの増幅には2個 ...
... 遺伝子を含み、該遺伝子は前記哺乳動物おいて該遺伝子の発現を制御するシス作用性の制御要素に作動可能に結合されており、これにより前記哺乳動物における末梢血中コレステロール濃度および胆汁酸の産生に影響を与えるように ...

関連画像

図2.シス要素(ESE、ESS、ISE したがって、それぞれの生体 鋳型鎖 ,非コード鎖, アンチ


★リンクテーブル★
リンク元トランス作用因子
関連記事作用」「要素

トランス作用因子」

  [★]

transacting factor trans-acting factor, transactivation
転写調節転写因子シス作用要素


作用」

  [★]

actioneffectact
影響行為、効果、行動効力作動措置働く効能条例


要素」

  [★]

elementfactorelementary
因子エレメント基本元素初等成分要因ファクター




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡