システイン抱合

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 新規代謝経路システイン抱合系に関する研究
  • 立石 満
  • 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition 16(2), 104-114, 2001-04-28
  • NAID 10007372142

関連リンク

薬物代謝(抱合反応) 抱合反応:第二相反応 抱合反応とはシトクロムP450などの第一相反応によって生成した官能基に、硫酸やアミノ酸などの水溶性物質が結合する反応である。これによって水溶性が上昇する。 抱合反応には次のような ...
アセチル抱合 酵素は肝可溶性画分に存在する! 主に 芳香族アミン がアセチル化を受ける。 代表的な薬物はイソニアジド。イソニアジドのN-アセチル化は遺伝的多型が存在する。 基本的にアセチル化能は 日本人>欧米人 で、日本人で ...

関連画像

薬物代謝(抱合反応)グルタチオンについて 日本 ウロン酸 - Uronic acid - JapaneseClass システイン抱合体はアセチル化 筋肉のタンパク質分解によって が基質と反応する。反応


★リンクテーブル★
関連記事システイン」「抱合

システイン」

  [★]

cysteine, Cys, C
チオセリン thioserine2-アミノ-3-メルカプトプロピオン酸 2-amino-3-mercaptopropionic acid
アミノ酸



抱合」

  [★]

conjugation





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡