システイン

出典: meddic

cysteine, Cys, C
チオセリン thioserine2-アミノ-3-メルカプトプロピオン酸 2-amino-3-mercaptopropionic acid
アミノ酸



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/01/14 02:57:31」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • タモギタケから単離したエルゴチオネインの加熱および各pHにおける抗酸化性への影響
  • 福田 絵里,青柳 幸恵,山岸 和敏,賀佐 伸省,知地 英征
  • 藤女子大学紀要. 第II部 49, 51-55, 2012-03-31
  • … 1) タモギタケから得た精製エルゴチオネインは、ORAC法においてグルタチオン、L-システイン、L-メチオニンなどのチオール基含有アミノ酸および含硫アミノ酸と比べ抗酸化活性が高かった。 …
  • NAID 110008922873
  • N-アセチルシステイン含有レジン添加型グラスアイオノマーセメントの生物学的評価
  • 南川 元,八若 保孝
  • 小児歯科学雑誌 49(4), 320, 2011-10-25
  • NAID 10029836753

関連リンク

システイン (cysteine) はアミノ酸の1つで、2-アミノ-3-スルファニルプロピオン酸のこと。 側鎖にチオール基を持つ。チオセリンとも言う。略号は C あるいは Cys。酸性条件下 では安定だが、中・アルカリ性条件では微量の重金属イオンにより容易に空気酸化され ...
目の疲れは薄毛の原因になる言われています。目を修復するのに、毛髪を作る材料と なるシステインというアミノ酸の1種が消費されるからです。システインを減らさない頭髪 に優しい生活とはどういった生活でしょうか?

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 高カロリー輸液用 総合ビタミン・糖・アミノ酸・電解質液

販売名

フルカリック1号輸液(903mL)

組成

  • 本剤は大室液,中室液及び小室液の3液からなる高カロリー輸液用 総合ビタミン・糖・アミノ酸・電解質液で,使用時には3液を混合し,1液として使用する.

(1)大室
  成分/容量

  • 容量 700mL中

  有効成分(大室)

  • ブドウ糖                   120g
    L-乳酸ナトリウム液           6.724g
     (L-乳酸ナトリウムとして)       (3.362g)
    グルコン酸カルシウム水和物     1.906g
    塩化ナトリウム              1.169g
    酢酸カリウム               1.168g
    リン酸二水素カリウム          1.100g
    塩化マグネシウム            1.017g
    塩化カリウム               0.746g
    硫酸亜鉛水和物             5.8mg
    チアミン塩化物塩酸塩          1.5mg
    ピリドキシン塩酸塩             2mg
    ニコチン酸アミド              20mg

  添加物(大室)

  • 希塩酸(pH調節剤)            3.445g
    コハク酸(pH調節剤)            適量

(2)中室
  成分/容量

  • 容量 200mL中

  有効成分(中室)

  • L-イソロイシン               1.700g
    L-ロイシン                  2.700g
    リンゴ酸リジン               2.305g
    亜硫酸リジン                0.108g
     (L-リジンとして)             (1.600g)
    L-メチオニン                 0.780g
    L-フェニルアラニン             1.540g
    L-トレオニン                 0.960g
    L-トリプトファン               0.320g
    L-バリン                   1.800g
    リンゴ酸システイン             0.310g
     (L-システインとして)           (0.200g)
    L-チロジン                  0.100g
    L-アルギニン                2.220g
    L-ヒスチジン                 0.940g
    L-アラニン                  1.720g
    L-アスパラギン酸             0.100g
    L-グルタミン酸               0.100g
    グリシン                    1.100g
    L-プロリン                  1.280g
    L-セリン                   0.840g
    アスコルビン酸                50mg
    リボフラビンリン酸エステルナトリウム  2.54mg
     (リボフラビンとして)             (2mg)
    パンテノール                7.02mg
     (パントテン酸として)            (7.5mg)

  添加物(中室)

  • コハク酸(pH調節剤)            0.125g
    クエン酸水和物(pH調節剤)        適量

(3)小室
  成分/容量

  • 容量 3mL中

  有効成分(小室)

  • シアノコバラミン                5μg
    葉酸                      0.2mg
    ビオチン                   0.05mg
    レチノールパルミチン酸エステル    1650IU
    エルゴカルシフェロール           5μg
    トコフェロール酢酸エステル        7.5mg
    フィトナジオン                 1mg

  添加物(小室)

  • ポリソルベート80(可溶剤)          40mg
    ポリソルベート20(可溶剤)          20mg
    D-ソルビトール(安定剤)          0.288g
    水酸化ナトリウム(pH調節剤)        適量
    クエン酸水和物(pH調節剤)        適量

(4)混合後
  成分/容量

  • 容量 903mL中

  糖(混合後)

  • ブドウ糖                     120g
    糖濃度                    13.29%

  電解質(混合後)

  • Na+                       50mEq
    K+                       30mEq
    Mg2+                      10mEq
    Ca2+                      8.5mEq
    Cl-                       49mEq
    Acetate-                  11.9mEq
    L-Lactate-                  30mEq
    Gluconate-                 8.5mEq
    P                        250mg
    Zn                       20μmol

  ビタミン(混合後)

  • チアミン塩化物塩酸塩            1.5mg
    リボフラビンリン酸エステルナトリウム   2.54mg
    ピリドキシン塩酸塩               2mg
    シアノコバラミン                 5μg
    ニコチン酸アミド                20mg
    パンテノール                 7.02mg
    葉酸                       0.2mg
    ビオチン                    0.05mg
    アスコルビン酸                 50mg
    レチノールパルミチン酸エステル     1650IU
    エルゴカルシフェロール            5μg
    トコフェロール酢酸エステル         7.5mg
    フィトナジオン                  1mg

  アミノ酸(混合後)

  • 総遊離アミノ酸                   20g
    総窒素                      3.12g
    必須アミノ酸/非必須アミノ酸        1.33
    分岐鎖アミノ酸/総遊離アミノ酸       31.0w/w%

  総熱量(混合後)

  • 560kcal

  非蛋白熱量(混合後)

  • 480kcal

  非蛋白熱量/窒素(混合後)

  • 154

禁忌

  • 本剤又は本剤配合成分に過敏症の既往歴のある患者
  • 血友病の患者

[出血時間を延長することがある(パンテノール含有のため).]

  • 乳酸血症の患者

[乳酸血症が悪化するおそれがある.]

  • 高ナトリウム血症の患者

[高ナトリウム血症が悪化するおそれがある.]

  • 高クロール血症の患者

[高クロール血症が悪化するおそれがある.]

  • 高カリウム血症,乏尿,アジソン病,高窒素血症の患者

[高カリウム血症が悪化又は誘発されるおそれがある.]

  • 高リン血症,副甲状腺機能低下症の患者

[高リン血症が悪化又は誘発されるおそれがある.]

  • 高マグネシウム血症,甲状腺機能低下症の患者

[高マグネシウム血症が悪化又は誘発されるおそれがある.]

  • 高カルシウム血症の患者

[高カルシウム血症が悪化するおそれがある.]

  • 肝性昏睡又は肝性昏睡のおそれのある患者

[肝性昏睡が悪化又は誘発されるおそれがある.]

  • 重篤な腎障害のある患者

[高窒素血症が誘発されるおそれがある.]

  • アミノ酸代謝異常のある患者

[アミノ酸インバランスが助長されるおそれがある.]

効能または効果

  • 経口,経腸管栄養補給が不能又は不十分で,経中心静脈栄養に頼らざるを得ない場合の水分,電解質,カロリー,アミノ酸及びビタミンの補給.

フルカリック1号輸液

  • 本剤は経中心静脈栄養療法の開始時で,耐糖能が不明の場合や耐糖能が低下している場合の開始液として,あるいは侵襲時等で耐糖能が低下しており,ブドウ糖を制限する必要がある場合の維持液として用いる.

通常,成人には1日1806mLを24時間かけて中心静脈内に持続点滴注入する.
なお,年齢,症状,体重により適宜増減する.

フルカリック2号輸液

  • 本剤は経中心静脈栄養療法の維持液として用いる.

通常,成人には1日2006mLを24時間かけて中心静脈内に持続点滴注入する.
なお,年齢,症状,体重により適宜増減する.

フルカリック3号輸液

  • 本剤は経中心静脈栄養療法の維持液として用いる.

通常,成人には1日2206mLを24時間かけて中心静脈内に持続点滴注入する.
なお,年齢,症状,体重により適宜増減する.

慎重投与

  • 腎障害のある患者

[副作用が強くあらわれることがあり,腎不全病態が悪化するおそれがある.]

  • 本人又は両親,兄弟に気管支喘息,発疹,蕁麻疹等のアレルギーを起こしやすい体質を持つ患者

[過敏症等の副作用が強くあらわれることがある.]

  • 薬物過敏症の既往歴のある患者
  • 菌血症の患者

[カテーテルが二次感染巣となることがあり,敗血症さらには敗血症性ショックを起こすおそれがある.]

  • 脱水症の患者

[脱水症が悪化するおそれがある.]

  • 重症熱傷のある患者

[高血糖が誘発され,脱水症状が悪化するおそれがある.]

  • 心不全のある患者

[心不全が悪化するおそれがある.]

  • 閉塞性尿路疾患により尿量が減少している患者

[水,電解質及び窒素代謝物が蓄積するおそれがある.]

  • 糖尿病の患者

[高血糖が悪化又は誘発されるおそれがある.]

  • 尿崩症の患者

[水,電解質異常が悪化又は誘発されるおそれがある.]

  • 高度のアシドーシスのある患者

[アシドーシスが悪化するおそれがある.]

  • 膵炎,膵硬化症,膵腫瘍等の膵障害のある患者

[高血糖が悪化又は誘発されるおそれがある.]

  • 妊婦

[「妊婦,産婦,授乳婦等への投与」の項参照]

  • 低出生体重児,新生児,乳児,幼児又は小児

[「小児等への投与」の項参照]

重大な副作用

アシドーシス

  • 重篤なアシドーシスがあらわれることがある (「警告」の項参照).

ショック,アナフィラキシー様症状

  • ショック,アナフィラキシー様症状を起こすことがあるので,観察を十分に行い,血圧低下,意識障害,呼吸困難,チアノーゼ,悪心,胸内苦悶,顔面潮紅,そう痒感,発汗等があらわれた場合には,直ちに投与を中止し,適切な処置を行うこと.

高血糖

  • 本剤は高濃度のブドウ糖含有製剤なので,過度の高血糖,高浸透圧利尿,口渇があらわれることがあるので,このような症状があらわれた場合にはインスリン投与等の適切な処置を行うこと.


★リンクテーブル★
リンク元アミノ酸」「アミノエチルスルホン酸」「C」「シスチン」「メチオニン
拡張検索5-メチルテトラヒドロ葉酸ホモシステイン-S-メチル基転移酵素」「システインに富む」「N-アセチルシステイン」「S-カルボキシメチルシステイン

アミノ酸」

  [★]

amino acid
ケト原性アミノ酸糖原性アミノ酸

定義

  • L-アミノ酸、D-アミノ酸がある。一般的に生合成されるポリペプチドはL-アミノ酸を材料としている。D-アミノ酸は細菌が産生し、ごく短いペプチドとして特に、細胞壁に存在する。これはペプチダーゼによる分解を免れるためと言われている。D-アミノ酸を含むポリペプチドは、通常の翻訳経路で生合成されない。(FB.58)
  • ケト原性:Leu, Lys
  • 糖原性/ケト原性:Ile, Phe, Trp
  • 糖原性:Met, Thr, Val, Arg, His
ArgとHisは成長期に必要
PriVaTe TIM HALL

一覧

分類 極性 電荷 名前 1 3 糖原性 ケトン原性 必須アミノ酸 分枝アミノ酸   pK1
α-COOH
pK2
α-NH2
pKR
側鎖
側鎖
疎水性アミノ酸 グリシン G Gly           2.35 9.78   ―H
アラニン A Ala           2.35 9.87   ―CH3
バリン V Val       2.29 9.74   ―CH(CH3)2
フェニルアラニン F Phe ○3     2.2 9.31   ―○C6H5
プロリン P Pro           1.95 10.64   αCとNH2の間に
―CH2CH2CH2-
メチオニン M Met     ○2     2.13 9.28   ―CH2CH2-S-CH3
イソロイシン I Ile   2.32 9.76   ―CH(CH3)CH2CH3
ロイシン L Leu     2.33 9.74   ―CH2CH(CH3)2
荷電アミノ酸 酸性 アスパラギン酸 D Asp           1.99 9.9 3.9
β-COOH
―CH2COOH
酸性 グルタミン酸 E Glu           2.1 9.47 4.07
γ-COOH
―CH2CH2COOH
塩基性 リシン K Lys       2.16 9.06 10.54
ε-NH2
側鎖のCH2は4つ
―-CH2CH2CH2CH2NH2
塩基性 アルギニン R Arg     ○1     1.82 8.99 12.48
グアニジウム基
側鎖のCH2は3つ
―CH2CH2CH2-NH-C-(NH2)NH
極性アミノ酸 セリン S Ser           2.19 9.21   ―CH2OH
スレオニン T Thr     2.09 9.1   ―CH(CH3)OH
チロシン Y Tyh       2.2 9.21 10.46
フェノール
―CH2-φ
塩基性 ヒスチジン H His         1.8 9.33 6.04
イミダゾール基
―CH2-C3H3N2
システイン C Cys           1.92 10.7 8.37
-SH基
―CH2-SH
アスパラギン N Asn           2.14 8.72   ―CH2-CO-NH2
グルタミン Q Gln           2.17 9.13   ―CH2-CH2-CO-NH2
トリプトファン W Trp     2.46 9.41   ―Indol ring
1 人体で合成できるが、不十分。
2 Cysが足らなければ、Metから合成することになる。
  名称 基となるアミノ酸  
修飾されたアミノ酸 シスチン システイン システイン2分子が酸化されて生成する。
ヒドロキシプロリン プロリン ゼラチン、コラーゲンに含まれる。
ヒドロキシリジン リジン
チロキシン チロシン 甲状腺タンパク質に含まれる。
O-ホスホセリン   カゼインなど、多くのリンタンパク質に含まれる。
デスモシン    
蛋白質の構成要素ではない オルニチン アルギニン ミトコンドリア中でカルバモイルリン酸と反応
シトルリン オルニチンカルバモイルリン酸  
クレアチン アルギニングリシン  
γアミノ酪酸 アルギニン  

必須アミノ酸

準必須 アルギニン
必須 メチオニン
フェニルアラニン
リジン
valine
スレオニン
トリプトファン
ロイシン
イソロイシン
準必須 ヒスチジン

参考

  • Wikipedia - アミノ酸




アミノエチルスルホン酸」

  [★]

aminoethylsulfonic acid
2-アミノエタンスルホン酸 2-aminoethane sulfonic acid、タウリン taurine
[[]]


Template:Infobox 有機化合物

概念

  • タウリン(Taurine)は生体内で重要な働きを示す含硫アミンの一種
  • H2N-CH2-CH2-SO3H
  • 分子量125.15
  • ネコはタウリンを合成する酵素を持っていないため、ネコにとっての重要な栄養素といえる。このためキャットフードにはタウリンの含有量を明記したものが多い。ネコではタウリンの欠乏により拡張型心筋症が生じる。ただし、ヒト、トリネズミなどは体内で合成できる。ヒトの生体内ではアミノ酸のシステインから合成される。
  • 有機合成化学ではシスタミンの酸化、システアミンの酸化のほか、ブロモエタンスルホン酸とアンモニアなどから誘導される。構造式は、NH2CH2CH2SO2OH。分子量125.15。IUPAC名は2-アミノエタンスルホン酸。無色の結晶であり、約300℃で分解する。水溶性だが有機溶媒には溶けない。CAS登録番号は107-35-7。

タウリンの代謝

タウリンはカルボキシル基を持たないので、アミノ酸ではない。また、タンパク質の構成成分になることもない。したがって、ネコにおいてはタウリンは必須アミノ酸ではなく、ビタミンの一種である。しかし、アミノ基を持つであることもあって、古くからアミノ酸として混同されている。合成経路においてはまず、タンパク質の構成成分にもなる含硫アミノ酸であるシステインからシステイン・ジオキゲナーゼによりシステイン酸が合成される。タウリンはシステインスルフィン酸デカルボキシラーゼ(スルフィノアラニン・デカルボキシラーゼ)によりこのシステイン酸から合成される。ヒトはこの合成経路の両酵素をもつため、タンパク質を摂取していれば、タウリンの形での積極的摂取は不要である。胆汁酸と縮合したタウロコール酸はコリル・コエンザイムAとタウリンから合成される。タウリンは尿中に一日約200mgが排泄される。


C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」

シスチン」

  [★]

cystine
3,3'-ジチオビス(2-アミノプロピオン酸) 3,3'-dithiobis(2-aminopropionic acid)
システイン cysteine


  • システインが酸化されて2分子結合したもの。
  • 溶解度は低い。
  • システインのpK1=1.92, pK=10.7がそのまま適応できるとすれば、等電点であるpI=6.31に向かって溶解度が低下する。このため、酸性条件でシスチン結石が形成されやすいと考えられる。
  • pKCOOH<1 pKCOOH=2.1 pKNH3+=8.02 pKNH3+=8.71 pI=5.03 (参考文献(1)より)

臨床関連

参考

  • 1. 物性
[display]http://www.ajinomoto.co.jp/kfb/amino/aminoscience/bc/amino_05.html


メチオニン」

  [★]

methionine, Met, M
アデノシルメチオニンアミノ酸


概念

  • 無極性。無電荷
-CH2-CH2-S-CH3
  • メチル基を供与できる。必須アミノ酸。


分解

臨床関連



5-メチルテトラヒドロ葉酸ホモシステイン-S-メチル基転移酵素」

  [★] ホモシステイン-S-メチルトランスフェラーゼ


システインに富む」

  [★]

cysteine-rich
システインリッチ


N-アセチルシステイン」

  [★] アセチルシステイン


S-カルボキシメチルシステイン」

  [★] カルボシステイン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡